全日本9.10後楽園大会 第3回王道トーナメント開幕戦、潮崎vs.秋山、大森vs.石川、ゼウスvs.火野

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

第3回王道トーナメント〜2015 オープン選手権〜【開幕戦】
日時:2015年9月10日(木)
開始:19:00
会場:東京・後楽園ホール
観衆:741人

▼第1試合 チャレンジマッチ 30分1本勝負
宮原健斗/○鈴木鼓太郎/中島洋平
10分03秒 エルボーバット→片エビ固め
ウルティモ・ドラゴン/野村直矢/●青柳優馬

▼第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
●渕正信/ボディガー
13分35秒 葉隠れ→片エビ固め
○KENSO/南野タケシ

▼第3試合 6人タッグマッチ 45分1本勝負
曙/吉江豊/○金丸義信
11分18秒 光留の腕ひしぎ逆十字固めを押し潰して→エビ固め
諏訪魔/青木篤志/●佐藤光留

▼第4試合 第3回王道トーナメント1回戦 時間無制限1本勝負
●ゼウス
11分26秒 ラリアット→体固め
○火野裕士(K-DOJO)
※火野が2回戦に進出

▼第5試合 第3回王道トーナメント1回戦 時間無制限1本勝負
●大森隆男
13分31秒 スプラッシュ・マウンテン→エビ固め
○石川修司(ユニオン)
※石川が2回戦進出

▼第6試合 第3回王道トーナメント1回戦 時間無制限1本勝負
●潮崎豪
8分20秒 ランニングニー→片エビ固め
○秋山準
※秋山が2回戦進出

秋山が王道トーナメント前年度覇者の潮崎から気迫の勝利をあげて1回戦突破!
石川は大森を撃破!全日本に入団したゼウスはチョップ合戦の末、火野に惜敗

王道トーナメント入場式

2015-910全日本プロレス後楽園_王道トーナメント入場式『パフィシックリム』の曲に乗せてオープニングVTRで第1回大会の優勝者が曙、昨年の第2回大会優勝者が潮崎だと紹介されたあと、王道トーナメントの選手入場式へ。吉江は髪の毛を鮮やかなピンクに染めて登場。この日対戦するゼウスと火野はリング上で睨み合い。そして前年度優勝者の潮崎が最後はトロフィーを持って登場し、出場全16選手がリング上に集合。
潮崎が小佐野景浩氏にトロフィーを返還したあと、小佐野氏が開会宣言。セレモニーが終わると、前日会見で因縁が勃発した曙と諏訪魔が乱闘をはじめる。慌てて周りが両者を分けると、曙は苛ついた様子でタスキをかなぐり捨て、諏訪魔も憮然とした表情で引き上げていった。

第1試合

2015-910全日本プロレス後楽園_第1試合GAORA TV王者となった中島は黒いパンタロン姿で登場すると、リングインと同時にそのパンタロンを取り去って、赤と黄色の新コスチュームを披露。その中島が先発を買って出ると、野村と青柳が先発を巡って小競り合い。後輩の青柳が野村を突き飛ばして先発を強引に奪い取るが、まずは中島がショルダータックル。
しかし青柳もアームホイップからドロップキック。中島は自軍のコーナーに押し込んでいって鼓太郎にタッチ。青柳もウルティモにタッチ。鼓太郎がリープフロッグでかわせば、ウルティモもショルダースルーを着地してヘッドシザースで投げるが、鼓太郎も着地。

アームドラッグで投げたウルティモは手四つの力比べへ。自軍のコーナーに押し込んだ鼓太郎は宮原にタッチ。すると野村がウルティモにタッチを要求。ウルティモがこれに応じると、ロックアップから宮原がロープに押し込むが、クリーンブレイク。そこにフォアアームを叩き込んでいった野村だが、宮原はロープに振ってフロントキック。
もう一度ロープに振られた野村だが、控えの中島にエルボー。そのまま場外に出ていった野村は中島に殴りかかる。青柳も走ってきて加勢するが、宮原が青柳を鉄柵に投げつける。リングに戻った野村と中島だが、野村の背後から宮原がダブルチョップ。

それでも野村はエルボーで中島を吹っ飛ばすと、コーナーに追い詰めてエルボーを連打。中島もドロップキックを返すが、野村が青柳にタッチすると、青柳はボディスラムからブレーンバスターの体勢。しかし中島は腰を落として防御。タッチした野村はロープに飛ぶが、中島はカウンターのドロップキック。
タッチを受けた宮原が入ってくるが、野村はフォアアームで向かって行く。宮原はカウンターのフロントキックを叩き込むと、ワンハンドバックブリーカーから逆エビ固め。鼓太郎と中島がカットに入れないように飛び込むと、宮原は大きく背中を反らせるが、野村は自力でロープに脱出。

そこに中島がミドルキックを連打すると、串刺しドロップキックから逆エビ固め。しかし脚力で跳ね返した野村に青柳が身を乗り出してタッチ。ドロップキックの連打からサマーソルトキック、アームドラッグ、ダイビング・クロスボディーと連続で決めた青柳はフィッシャーマンの体勢。これを踏ん張った中島はカウンターのミドルキックからトラースキックを叩き込んで鼓太郎にタッチ。
エルボーで吹っ飛ばした鼓太郎はブレーンバスターを狙うが、青柳は首固めで切り返すと、続けて逆さ押さえ込み。カウント2で返した鼓太郎は串刺し攻撃を狙うが、かわした青柳は回転足折り固め。カウント3寸前で辛くも返した鼓太郎はカニ挟みからファンネル(=619)を叩き込むと、ランニングエルボーを叩き込んで3カウント。

試合後も野村は中島に詰め寄っていくが、中島はGAORA TVのベルトを掲げてみせる。敗れたとはいえ、一方的にやられるだけのチャレンジマッチに終わらせなかった野村と青柳、全日本のあすなろ戦士に観客からは惜しみない拍手が飛んだ。

<試合後コメント>
野村直矢&青柳優馬
野村「まずGAORA(TVチャンピオン)! まずGAORAを獲りたい。俺が必ず次に挑戦します。中島洋平選手からあのベルト、俺が獲って成長したところを見せます。次は絶対に負けません。ありがとうございました!」
青柳「……直接、直接中島選手に負けたわけじゃないですけど、完全に俺の負けです。でも、あのベルトがほしいです。ベルトがほしい。GAORAのベルトがほしいです。あのベルトを巻かない限り、このままただの新人止まりになっちゃいます。それだけは絶対嫌です。早くあのベルトに挑戦したい。あのベルトを輝かせたいです。以上です。」

第2試合

2015-910全日本プロレス後楽園_第2試合KENSOはゴキゲンな様子で珍しく試合前にエル・アギラ・インペリアルのポーズの披露。渕とKENSOの先発で試合開始。ヘッドロックに捉えた渕をロープに振ったKENSOは、渕のショルダータックルを受け止めてみせる。渕もKENSOのショルダータックルを受け止めるが、KENSOは張り手をお見舞い。
渕が立ち上がる度に張り手を叩き込んでいったKENSOに続き、南野が逆水平チョップで襲いかかる。しかし渕は弓を引くナックルパートで反撃。南野はサミングを見舞ってからKENSOにタッチ。隙あらばボディガーにタッチしようとする渕だが、KENSOはそれを許さずまたも渕に張り手。

さらに控えのボディガーにも張り手を見舞ったKENSOは南野にタッチ。チョップを連打した南野は串刺し攻撃を狙う。これを蹴りで迎撃した渕はドロップキックを叩き込んでからようやくボディガーにタッチ。串刺しラリアットからショートレンジラリアットを連打したボディガーはリフトアップスラム。
エルボードロップからロープに飛んだボディガーだが、KENSOがエプロンから腰紐でチョーク攻撃。さらに場外に放り投げると、すかさず南野が渕とボディガーを抑え付ける。そこにKENSOがプランチャを投下すると、渕はどうにかかわしたが、ボディガーには直撃。

ボディガーをリングに戻したKENSOはラリアット。さらに逆水平チョップを叩き込むと、ボディガーも逆水平チョップで応戦。南野も入ってきて逆水平チョップを打っていくが、ニヤリと笑って受け止めたボディガーは逆水平チョップ一発で南野を蹴散らすと、再びKENSOと逆水平チョップ合戦。
そこからDKはダブルのブレーンバスターを狙うが、ボディガーは逆に2人まとめて投げていく。そして満を持して渕にタッチすると、渕はKENSOをボディスラムで叩き付ける。観客から「もう一丁」コールが起こると、渕は気合いを入れてもう一発KENSOをボディスラムで叩き付ける。

そこに南野が入ってくると、渕はサミングから「ジジイって言いやがって!」と言いながら滞空時間の長いボディスラム。疲労困憊の渕だが、KENSOにサミングを見舞うとボディスラムからのバックドロップ。カウント2で返したKENSOにもう一度バックドロップを狙った渕だが、南野がカット。
ボディガーが入ってきて南野を場外に連れ出すと、渕はバックドロップを狙うが、KENSOは急所蹴りからダブルニードロップ。カウント2でボディガーがカットしたが、KENSOはもう一度ダブルニーを投下。今度は自力でキックアウトした渕は首固め。しかしカウント2で返したKENSOは葉隠れを発射して3カウント。

試合後、KENSOは南野に握手を求めるが、何と南野は握手に応じず一人足早に退場。誰よりもKENSOの理解者だったDKのメンバーだったが、KENSOはやや空しさを漂わせながらエル・アギラ・インペリアルのポーズを披露した……

第3試合

2015-910全日本プロレス後楽園_第3試合全日本プロレスを盛り上げるために派閥闘争を打ち出した諏訪魔に対し、派閥に興味を示さない現三冠王者の曙が6人タッグマッチで激突。王道トーナメントの入場式から乱闘になるなど、はやくもヒートアップしているが、果たしてどうなるのか?
曙は珍しくリングインすると同時に諏訪魔に襲いかかっていき試合開始。場外に雪崩れ込んでいる間に、リング上では吉江が青木をコーナーに追い詰めてヒッププッシュ。さらに超低空サマーソルトドロップを落とす。続いて金丸が青木へのカウンターエルボーから控えの諏訪魔に襲いかかり、ドロップキックで場外に蹴落とす。

そこに曙が襲いかかるが、諏訪魔はイスで曙を殴打。その間に青木が金丸にドロップキックを叩き込んでから場外に投げ落とすと、待っていた諏訪魔がイスで殴打。そのまま諏訪魔は相手コーナーまで走っていって曙に襲いかかるが、曙は鉄柵の外に投げ出す。リング上では青木と光留が金丸にダブルのカウンターチョップ。
そのまま光留がスリーパーに捉えてからミドルキックを叩き込んでから諏訪魔にタッチ。金丸は諏訪魔にエルボーで向かっていくが、諏訪魔はフロントキックで吹っ飛ばすと、豪快なボディスラムからジャンピング・エルボードロップ。さらに控えの曙にも一撃お見舞いしてかあ金丸の首を捻りあげる。

続いて青木が胴絞めスリーパーで金丸を捕獲。ロープに逃れた金丸だが、青木は串刺しジャンピングエルボーからミサイルキック。諏訪魔と光留が相手コーナーに走ってカットを防ぎにいくが、金丸はフラップジャックからのラリアットを青木に叩き込むと、曙にタッチ。青木も諏訪魔にタッチ。諏訪魔のショルダータックルをショルダーブロックで迎撃した曙は、倒れた諏訪魔に「トゥ!」と諏訪魔ばりにジャンピング・エルボードロップ!
早くもヨコヅナインパクト(=ジャンピングパイルドライバー)の体勢に入るが、リバースで切り返した諏訪魔は拳を握ると、ショートレンジラリアットの連打から走り込んでのラリアットで曙をなぎ倒す。しかしラストライドは吉江がカットして地獄突きからのスティンクフェイス。

さらに曙がジャンピング・ボディプレスを投下すると、金丸がタッチをアピール。タッチを受けた金丸は串刺し攻撃からブレーンバスターで諏訪魔を投げるが、諏訪魔は金丸の腕を突かんdえ引き込むとショートレンジラリアット。タッチを受けた光留は「ガタガタ言ってんじゃねぇぞ!」と叫びながらミドルキックからソバット。しかし金丸もヒザへの低空ドロップキックからダイビング・クロスボディー。
金丸のハリウッドスタープレスを剣山で迎撃した光留は腕十字。だが、曙が張り手でカット。そこに諏訪魔が飛び込んでくるが、曙は突っ張りで押し返すと場外に連れ出す。青木と光留は金丸に連続でランニング・フロントキックを叩き込むと、光留がランニングロー。
しかし吉江も入ってきて青木にテーズプレス。その間に金丸が光留にスクールボーイからカウンターエルボー。

光留もハイキックからジャーマンで投げ捨てると腕十字へ。だが、クラッチした金丸はそのまま上体を起こして上から押さえ込んで3カウント。試合後もリングに戻ってきた諏訪魔は、なおも曙にエルボーで向かっていく。吉江が割って入って両者を分かると、マイクを持った諏訪魔が「オイ横綱! 横浜、王道トーナメントお互い勝てば2回戦でシングルだよな。俺は(1回戦で)勝って待ってるよ。え? 意地でも上がってこいお前は! ぶっ潰してやる!」と挑発。
それを聞いた曙も「オーイ、諏訪魔ァ! 必ず大阪1回戦で勝ってお前をぶっ潰してやる! 俺が現三冠チャンピオンだぞ!」と叫ぶと諏訪魔に襲いかかっていき、またも揉み合いに。吉江や金丸らがどうにか両者を分けると、諏訪魔は憮然とした表情で引き上げていった。

<試合後コメント>
Evolution
青木「トーナメントはあいつら2人(=諏訪魔、曙)でやってるわけじゃないからな。忘れんなよ」
諏訪魔「曙太郎。こんな保守的な全日本プロレスの象徴的な三冠のベルトを持ってるんだろう? それを俺は獲りにいくよ。横浜でブッ潰して決勝は俺が優勝。そのあと三冠のベルトを獲って全日本を面白くする。つまんねぇんだよ、今! 閉塞感が蔓延してる。気に食わないな。あの野郎! なんだ答えも言えないで。派閥闘争なんて最初から青木と佐藤しかついてこないってわかってるんだよ。一番気に入らない答えがどっちつかず。無難な回答。そこが弱いんだっつーんだよ。だからファンだって支持してないんだよ。何かアクション起こしたもん勝ちだよ。それが全日本のためになるわけだし。とにかくこう派閥闘争というのを口にしたことで地殻変動が起きる。それだけを狙っている。今のままじゃしょうがないんだよ。地殻変動を起こして面白くするべきじゃないの? 俺が社長になった方がいいんじゃないの? ……三冠を獲って社長を潰しに行くと!」

次期シリーズ参戦決定選手発表

試合後、10月12日の後楽園HPオール大会から開幕する『2015 ジャイアントシリーズ』内で行われるJr. TAG BATTLE OF GLORYの第1弾出場チームとして、南野タケシ&卍丸の「舎人一家」と、木高イサミ&宮本裕向の「ヤンキー二丁拳銃」の2組が発表された。

第4試合

2015-910全日本プロレス後楽園_第4試合①王道トーナメント1回戦から注目カードが実現! 9月から全日本プロレスに入団したゼウスと、K-DOJOから参戦する前STRONGEST-Kシングル王者の火野が激突。
ゴングが鳴るとゆっくりと睨み合ってからロックアップした両者。腰を落としてジリジリと押し込む両者だが、ゼウスがロープに押し込んだところを体勢を入れ替えた火野は、パンパンパンとゼウスのカラダを叩いてからクリーンブレイク。

ニヤリと笑ったゼウスはショルダータックルでぶつかっていくが、受け止めた火野からショルダータックル。ゼウスもこれを受け止めると、額をくっつけて睨み合った両者。すると、火野が先制の逆水平チョップ。受け止めたゼウスが逆水平チョップを返すと、お互いに腰を入れた逆水平チョップを打ち合う。
ニヤリと笑ったゼウスを見て、両手を広げて胸を突き出した火野。ゼウスのチョップを受け止めた火野のチョップを受け止めたゼウスは余裕のスクワット。火野も自ら胸を叩いて余裕を見せると、走り込んできたゼウスにジャンピングショルダー。

そこから今度は火野がゼウスをコーナーに追い詰めて逆水平チョップを連打。体勢を入れ替えたゼウスも逆水平チョップを連打。5分が経過し、火野はボディスラムから中指を突き立てるとセントーンを投下。さらにゼウスをロープに振るが、ゼウスはジャンピングラリアットで切り返すと串刺しラリアット。
ゼウスはコーナースプラッシュからベアハッグで持ち上げると、そのままフロントスープレックスで後方に投げていく。ダブルチョップとストンピングの火野の背中に落としたゼウスは再び逆水平チョップ。火野が逆水平チョップを返すと、ゼウスも胸を真っ赤にして逆水平チョップを返す。火野の胸板も真っ赤になるが、火野は不敵な笑みを浮かべながら両手を後に回して胸を突き出す。

2015-910全日本プロレス後楽園_第4試合②ゼウスも後ろに手を回して睨み合いに。そこからゼウスが猛然と襲いかかっていきラリアットを狙うが、火野もラリアットの相打ちに持ち込む。ダブルダウンから両者立ち上がると、ラリアットの相打ち3連続。だが、打ち勝ったのはゼウス。10分が経過し、ゼウスがブレーンバスターを狙ったところを逆に投げた火野はショートレンジラリアットからパワーボムの体勢。
しかしリバースで返したゼウスはチョークスラムで叩き付ける。カウント2で返した火野だが、ゼウスはジャックハマーを狙う。しかし背後に逃れた火野はジャーマンで投げ捨てる。すぐに立ち上がったゼウスはラリアット。しかし火野がショートレンジラリアッでなぎ倒す。

またもラリアットの相打ちが2回連続で続いたが、今度は火野が打ち勝つ。倒れたゼウスを押さえ込んだ火野が3カウントを奪って勝利。トーナメント2回戦に駒を進めた火野に対し、悔しそうにマイクを持ったゼウスは「火野オラ! オモロやないかい! 俺の入団一発目のトーナメント1回戦ぶち壊しやがって! 負けは負けや! ええか? 今日はお前の勝ちや。けどな次は必ず俺が勝つ。以上」と潔く負けを認めた。
それを聞いた火野は「ゼウス、ゼウス。お前こんな試合したあとにえらい元気やな。ホンマに。すごいわ、すごいわ。まあお前の言った通り今日は俺の勝ちや。お前が強いのは分かる。ハッキリ言うてカラダも顔も怪物やなお前は。でもな、今日勝ったのはそう…俺や。まぁお前とはこれからもやりたいんよ。ゼウスゥ! 最後にええか? ひとつ今日ハッキリ分かったことがある。お前とやる試合は…最高やな」と言うと、思わず引き返そうとしていたゼウスも笑顔になり、観客に一礼してから引き上げていった。

<試合後コメント>
火野裕士
ーー火野選手の実力を知るファンからすると、ついにこの時が来たかという目で見ているのではないかと思いますが?
「今回のトーナメント参戦はあんまりよく考えないで決めたけれど、この前の記者会見でやっぱり全日本プロレスは見るからに……名前と顔は一致しないですけどね。見るからにスゲー選手がいるなぁと。デカい選手がいる、ちっちゃい選手がいる。デカいと言っても特別デカいですからね、全日本プロレスは。すごい選手がいっぱいいる、これを見て気持ちが高まった。ちょっと本気で頑張ってみようかなって。名前を売るチャンスとか、そんなのもあるかも知れないですけど、自分は強いヤツと楽しい試合、オモロイ試合をやるのがね、いつでもプロレスをやるモットーやから。そんな楽しい試合をできそうな団体ですね。すごいヤツらがいっぱいいるかも知れないけど、その中でも自分、火野裕士が一番目立ってやろうかなって思ってます」

ーー今日はファンの期待通りのチョップ合戦でした。
「相手がね、怪物ゼウスということでいい感じにチョップ合戦に応じてくれましたよ。あいつも意地がある選手やからね。見てもらえればわかるように、チョップ合戦にも自分が勝ち、試合でも自分が勝ったけどね」

ーーちなみに火野選手がチョップ合戦で「負けた」っていう感覚を味わったことはあるのですか?
(即答で)「ない! ないですね、一度も」

ーーファンは潮崎選手や諏訪魔選手とのチョップ合戦も期待していると思います。
「そうなれば、そうなるにはまず勝ち上がっていかなくてはいけない。ファンが期待するようなチョップ合戦ができるように勝ち上がっていきたいと思います」

第5試合

2015-910全日本プロレス後楽園_第5試合①最近全日本プロレスに参戦するようになったユニオンプロレスの石川が狙うのは曙の持つ三冠ベルト。そのためにはこの王道トーナメントで優勝するのが一番の近道だが、1回戦の相手は難敵・大森。
まずは大森がヘッドロックに捉えるが、ロープに振った石川は大森のショルダータックルを受け止める。大森も石川のショルダータックルを受け止めると、チョップの打ち合いから、突進してきた石川に大森がビッグブーツ。しかし石川はロープに飛んでショルダータックルで大森を吹っ飛ばす。

エプロンに出た大森にエルボーを打っていった石川はレフトハンド・ラリアットを叩き込む。場外に転落した大森を追いかけていった石川は鉄柵攻撃を狙うが、逆に大森が石川を鉄柵に叩き付けてからビッグブーツ。鉄柵の外に出た石川にチョップを叩き込む大森だが、石川もチョップで応戦。すると、今度は石川が大森を鉄柵に叩き付ける。だが、大森も突進してきた石川にビッグブーツを叩き込み、そこからアックスボンバーを狙う。
かわした石川はバックを取ると場外で投げ捨てジャーマン。朦朧としながらもリングに戻った大森の首筋にエルボーを落としてからニーリフトでカチ上げた石川は、チョップで反撃しようとした大森をスリーパーで捕獲。

何とかロープに逃れた大森はチョップを叩き込んでいくが、石川もチョップで応戦。大森はエルボースマッシュからアックスボンバーを狙うが、正面から受け止めた石川は武者返し(=スタンディング式肩固めからの大外刈り)で叩き付けるとテレフォン・アームロックを極めながらの袈裟固め。どうにか耐えた大森だが、石川は河津落としでコーナーに大森の後頭部を叩き付けると、今度は正面からDDT。大森も串刺し攻撃を狙うが、蹴りで迎撃した石川はコーナー二段目からミサイルキックを発射。
一気にスプラッシュ・マウンテン(=BTボム)を狙うが、大森が踏ん張るとバックを取った石川。しかしエルボーで逃れた大森は逆にバックを取ると後頭部ラリアット。そこから石川をコーナーの上に座らせると、頭を鉄柱に叩き付けてから雪崩式バックドロップ。

2015-910全日本プロレス後楽園_第5試合②大森はパイルドライバーで叩き付けるがカウント2。10分が経過し、大森はアックス・ギロチン・ドライバーを狙うが、逆に持ち上げてパワーボムで叩き付けた石川は立ち上がってきた大森に走り込んでのラリアット。しかし2発目のラリアットをかわした大森はフルネルソンスープレックスで投げ捨てると、アックスボンバーを狙うが石川は相打ちに持ち込む。
さらに走り込んできた大森をフルネルソンで捕まえるとニーリフトを叩き込んでから投げ捨て、そこからランニング・ニーリフト。カウント2で返した大森はスプラッシュ・マウンテンを狙った石川をリバースで投げると、背後からスライディング・アックスボンバー。

ダブルダウン状態から両者走ってタックルの相打ちに。そこから石川が張り手を叩き込むと、大森も張り手で応戦するが、石川が連打で叩き込むと大森は朦朧となる。そこからジャイントドライバー(=ドリラー)で叩き付けた石川は、さらにダメ押しのスプラッシュ・マウンテンを決めて3カウント。強敵を撃破した石川が2回戦進出を決めた。

<試合後コメント>
石川修司
ーー元三冠王者を降しての一回戦突破となりました。
「前から油断はしていないけど、この前の世界タッグを見てすごい強い大森隆男を、この前ちゃんとこの目で見たのが良かったなと。大森隆男というレスラーのイメージを、もっと高い位置で感じることができたので、それが今日の結果につながったのかなと。まぁね、(参戦の)資格がないとか言ってた人も今日わかったんじゃないですか。王道トーナメントは一番デカくて強いヤツを決める戦いでしょう? あと3つ? あと3つ勝てばそれを証明できるわけで。
大森さんはさっき言った通り強いよ。強い選手と闘って、その中で自分が一番強いというのを証明するために来てるんで。何度でも、あと3つ勝って、輝きたいなと思っています」

ーーフェンスがあるということに戸惑いを感じているのかなと思う場面もあったのですが?
「そうですね(苦笑)。もう10年以上(フェンスが)ない生活を送ってきたんで。なかなかね、慣れていないですね(笑)。でもこうして慣れていけば、そのフェンスを活用した攻めとかできると思うし、今日も場外出ましたけれど、それもフェンスがあった上での戦いだと思うんで。ここで経験値を上げて王道トーナメントのトップに近づきたいなと思っています」

ーー石川選手が勝ち上がる事がトーナメントを面白くすると思います。
「やっぱりね、新しいヤツが出てこないとつまんないでしょう? 自分ももう40で若くはないんですけど、キャリア10年ちょっとなんでまだまだ、まだまだ伸びしろあると思うんで。駆け上がりますよ、このチャンスに」

第6試合

2015-910全日本プロレス後楽園_第6試合①前年度覇者の潮崎は1回戦から全日本プロレスの社長である秋山。先シリーズ、タッグで何度となく激突し、取ったり取られたりの戦績の両者がシングルマッチで再び激突する。
先に入場したのは秋山。そして現世界タッグ王者の潮崎が後から入場して秋山と相対する。ロックアップからロープに押し込んだ潮崎が慎重にブレイクすると、今度は秋山がロープに押し込むが、余裕のクリーンブレイク。そこからエルボーを叩き込んだ秋山は、潮崎の逆水平チョップをするとヘッドバット。さらに潮崎のジャンピングショルダーをジャンピングニーで迎撃。
コーナーに登った秋山だが、潮崎は下からのドロップキックで秋山を場外に蹴落とすとプランチャ。しかし秋山はニーリフトで迎撃。アゴにヒザをもらってしまった潮崎をエプロンに寝かせた秋山はエプロンからニードロップを後頭部に投下。

潮崎をリングに戻した秋山はジャンボスープレックスでコーナーに投げつけると、ジャーマンで投げ捨ててからランニングニー。さらに胴絞めフロントネックロックで絞め上げるとカバーするがカウントは2。ロープを掴んで立ち上がろうとする潮崎の顔面をニーリフトでカチ上げた秋山だが、潮崎も返す刀でショートレンジラリアット。
さらに串刺し逆水平チョップから逆水平チョップを連打した潮崎。秋山も咆哮しながら耐えるが、潮崎はローリング袈裟斬りからラリアット。カウント2で返した秋山はブレーンバスターを狙った潮崎を逆に垂直落下式ブレーンバスターで叩き付ける。

2015-910全日本プロレス後楽園_第6試合②さらに、素早く起き上がった秋山は、立ち上がろうとする潮崎の背後からランニングニーを叩き込むと、エクスプロイダー2連発。髪の毛を掴んでニーリフトでカチ上げた秋山はリストクラッチ式エクスプロイダーで投げるがカウントは2。スターネスダストを狙った秋山だが、潮崎はゴーフラッシャーで切り返すと豪腕ラリアットを狙う。
だが、ジャンピングニーで迎撃した秋山は、間髪入れずランニングニーを叩き込み、そのままガッチリと押さえ込んで3カウント。秋山は実に気合いの入った表情で勝ち名乗りを受けると思わずニヤリ。そして大の字に倒れたまま潮崎を尻目に威風堂々と引き上げていく。Xceedのメンバーが取り囲む中、天を仰いだ潮崎は悔しさを滲ませながらリングを降りると、朦朧としながら退場。今年の王道トーナメントは、前年度覇者が1回戦で姿を消すという波乱の開幕となった。

<試合後コメント>
秋山準
ーー意外にも王道トーナメントの一回戦突破は今回が初めてなのですが。
「(王道トーナメントの第)1回、2回は『若いヤツ、行け行け』と自分の中で思っていて。自分ももちろん行かなくていいという事はないんだけど、そういう気持ちが強くて。その気持ちのまま王道トーナメントに突入して、結果が良くなくて。今年はもう一回俺がやらなければと思って。正直世界タッグもそうだけどここに合わせてきているんで。自信はあります」

ーー先日の試合で「潮崎が再び俺に灯をともした」とおっしゃっていましたが、その灯が今日は大きく燃え盛ったと?
「そうですね。『いやいやまだまだお前らには負けないよ』って思わせてくれたのもあるし。真剣にそう思っているから。諏訪魔がなんだかんだ言ったって『ガタガタ暴れているだけで、何もできてねぇじゃねぇか』って思ってるし。これは社長じゃなくて、選手の言葉として。なにガタガタ言ってもいいけど、最終的にはリングで魅せないといけないと思ってるし。潮崎には『まだまだお前、これで終わりか?』と。『隠居させてくれるのはいつになるんだ?』と。改めて言いたいよ。『いつ隠居させてくれるんだ?』って」

ーー試合後のファンの熱狂ぶりを見る限りでは、まだまだ隠居は……
「いや、あんなだらしがなかったら隠居なんかできないよ。まだまだイケるな(ニヤリ)」

ーー秋山選手が「もう一回俺が」って思った一番の理由はなんですか?
「いや、秋山準という戦力がひとつなくなるという時を自分自身で考えて、それは(会社へのマイナスが)大きいなと。やっぱり戦力として全日本に必要だなって。まだまだ俺が行かないといけないなって。社長になって一歩引いてっていう気持ちはありましたけれど、自分自身の社長としての気持ちではいち選手。商品の秋山準としてこれは必要だろうと。だったら行けよと。社長からの命令ですよ(笑)。今まではかなり社長には歯向かってきた男なんで、この社長には言うこと聞いていこうと(笑)」

ーー今回は10分以内の決着でしたが。
「前の試合(ゼウスvs.火野)なんて痛み比べだかこんな事やってたけど、何してるんだって。勝負だぞ。トーナメントは一発負けたら終わりだぞって。痛み比べじゃないんだから最初からラッシュかけろって。勝つんだから、トーナメントで。勝たないと意味がない。痛み比べしてるんじゃない。その時々によって戦い方も違えば戦法も違う。タイトルマッチだって違うし、いろいろ違うんだから。どれもこれも一緒じゃないから。もちろんこの前のタッグとも違うし、今日もまた違うし。
俺はいろんなこと考えてた。あいつが決勝戦のつもりでやろうと言ったら俺は丸め込みも考えていたし。勝たないといけないんだから。逆にあいつが決勝戦のつもりでって言った時は『ラッキーだな』って。俺が餌をまいているのが効いているなって。俺もここが決勝戦のつもりで行くっていう空気を出していたからね。俺はそんなつもりはさらさらないから。決勝戦と一回戦は闘い方は全然違うし、もしこれが決勝戦で潮崎とやっていたのならこういう試合じゃないと思うし。勝たなきゃ意味がないからね。まぁ2回、一回戦負けの俺が言うことじゃないけど(苦笑)」

ーー潮崎選手と闘ってみて変化は感じましたか?
「いい顔にはなっているよね。まだまだ場数と経験との違いかな。もうそれだけだと思う。あいつの場合は。まぁ少しの間でも悔しい思いはしただろうし、ガンガン言われた事もなかっただろうし。俺からも言われ、青木からも言われ(笑)。だけどそこから這い上がったといっても1シリーズ。まだまだだよ。いろんなことを思って今日も止めたし、またいろんな考えて悩めばいいし。悩めばまた出てくるよ、何かが」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×