ZERO1 8.2後楽園で行われる火祭り優勝決定トーナメントへの進出者が耕平、田中、ライディーン、関本の4選手に決定

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

プロレスリングZERO1の7.30名古屋市露橋スポーツセンター大会で行われた『真夏の祭典・火祭り2015』Bブロック公式戦で、鈴木秀樹とジェームス・ライディーンが9分12秒、両者リングアウトに終わり、関本大介が11分58秒、ジャーマンスープレックスホールドで大谷晋二郎を撃破。この結果、Bブロック1位が関本、2位がライディーンに決定。

続いてAブロック公式戦では佐藤耕平が10分29秒、ジャーマンスープレックスホールドで田中将斗を下したため、1位は耕平、2位が田中に決定。
この結果により、8月2日(日)の後楽園ホール大会で行われる『火祭り2015優勝決定トーナメント』の組み合わせが以下のように決定。また、トーナメント進出が決まった4選手のコメントも以下の通り。

関本「決勝トーナメントまで残る事ができました。まず、はじめに応援して頂いたファンの皆様に感謝を申し上げると共に火祭り2015優勝を宣言します。決勝トーナメント一回戦は田中将斗選手…どてっ腹を撃ち抜かれぬよう己を信じて闘います。熱い応援よろしくお願いします。そして、向こう側はライディーン選手と耕平選手。両選手とも巨漢。自分にとって大好物の闘い。先ずは一回戦。これを突破しなければ上に上がれない。とにかく一回戦にエネルギーを集中させて闘います。この夏の一番熱い男になります。そして火祭り刀を持って全国を巡業したいと思います。」

田中「最初ずっと連勝で、昨日の引き分け、そして今日は負けと、後半失速した感じで、体調や、テンションが下がり気味と思われてるかもしれんけど、決勝トーナメントの最初の相手が、関本と聞き、今はテンションマックス状態。
今日で8連戦を消化し、さっき知ったんやけど、9連戦で後楽園前に一日休みと思ってたら、試合が入り11連戦となった。
過去にこんな連戦は記憶にないけど、これは絶好のチャンス。
試合で自分の体調がわかるんやからな。
必ず関本倒して、決勝、そして優勝する。」

耕平「とりあえず1位通過。準決勝はライディーンか。世界王者として勝つのは当たり前。
ゼロワンを代表してあいつが過去におかした過ちに対してもきっちりケツを拭かせる。
決勝のリングで田中なのか大介なのか、どちらにせよキツイ試合が待っている。
でも最後に立って火祭り刀を抜くのはこの俺だ。佐藤耕平、優勝させてもらいます。」

ライディーン「鈴木。いやミスター・スズキと言わなきゃな。
自分のプラン通りにいかなくて熱くなりすぎてしまった。俺が勝てなかったんだから間違いなく強い。
Mr.スズキとの試合をきちんと反省して8月2日の準決勝のプランをたてたい。
セミファイナル(準決勝)までは、何とかこれたやっぱり日本は甘くないしゼロワンの選手は強いよ。
でも俺は準決勝に残った。とにかくあと2つ勝つ。
耕平にはベルトも獲られてるし勝たなきゃいけない。
これは人をバカにした指じゃない、1番の意味だ。
東京帰って練習だ!」(30日新潟大会試合後)

すしざんまいPresents ZERO1 真夏の祭典 火祭り2015 決勝戦
日時:2015年8月2日(日)
開場:17:15 開始:18:00
会場:東京・後楽園ホール

▼火祭り2015優勝決定トーナメント 30分1本勝負
[Aブロック1位]佐藤耕平
vs.
[Bブロック2位]ジェームス・ライディーン

▼火祭り2015優勝決定トーナメント 30分1本勝負
[Aブロック2位]田中将斗
vs.
[Bブロック1位]関本大介

▼火祭り2015優勝決定戦 時間無制限1本勝負
耕平×ライディーンの勝者
vs.
田中×関本の勝者

関連記事

サイト内検索

日別

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る