W-1 6.18後楽園でプロレスラー版のワイルドオーディションの審査員を務める征矢「いろんなワイルドを試合中にぶつけてもらいたい」

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

WRESTLE-1の6.18後楽園ホール大会でプロレスラー版のワイルドオーディションの審査員を務める“new Wild order”征矢学。対戦相手については熟慮している部分もあるが、話を聞く限りパートナーの二人は圧倒的に不利な状況。果たして“new Wild order”の未来は?

征矢「取り敢えず仮という事ではありますが、若きワイルドの素質を持っている男が一般の中でいましたので。まぁ今回は色々と書類を見て面接をしているうちに各々がやっぱりワイルドな部分があったんですよ。正直全員不合格という事は無しにしたいなと。取り敢えず今回は6歳の若いワイルドな魂を兼ね備えている藤井君をワイルドに仮で加入して頂こうと思っています」

ーー6.18後楽園ホール大会での試合についてはどのように考えているのでしょうか?
征矢「僕初めて葛西純と試合するんですけど、もう一人5代目ブラック・タイガーの中身が私の知っている人であれば初対面ではないです。逆に私の想定外の人が入っているのであれば初対面です。まぁ新しい刺激と言いますか、ワイルドオーディションの審査員という立場でありながらこの試合は非常に楽しみですね」

ーー試合をするそれぞれの選手に何か期待していることはありますか?
征矢「俺から言えることは、まず対戦相手が葛西純、5代目ブラック・タイガー、そして村瀬であると。まず如何に試合中に…まぁ葛西純であれば身体についている傷の跡が何個あるか徹底調査したいと。ブラック・タイガーはマスクを剥いでやろうかな、と。ありのままのブラック・タイガーを見せろ、というところですね。…村瀬か。アイツは自分の中でワイルドストイックとか言っているけど、ワイルドなのかストイックなのかはっきりさせろと。ストイックっていうのは何に対してストイックなのかイマイチよくわからない。謎だね」

ーータッグを組むAKIRA選手、熊ゴロー選手には何か思う事はありますか?
征矢「誰ですかそれは? そんな奴いた? 審査をする身なので、とにかくまずは対戦相手になるじゃないですか。だから私の中で味方の審査というのは、最初から可能性が薄くなってくるかもしれないです。よく考えてください。例えば運動会で紅組、白組でわかれて闘う。その状況下でワイルドな奴を見極めなければならない。そうなったらどうしても対戦相手と向き合いませんか?仲間と向き合う事なんてまずないでしょ? 紅組と白組が闘っているんだから。自分がやられている時、良い所でアシストしてくれるとかなら『あ、こいつなかなか分かっているじゃねぇか』って。ワイルドな直感で助けに来てくれたんだって思う可能性はありますけどね。でもやっぱり最初にどうしても見てしまうのは対戦相手ですよ。だからあの三人の中から審査は始まると思います。」

ーーつまりパートナーの両選手については今のところ何も考えていない?
征矢「考えていないというか一番ワイルド的に不利な状況ですよね、審査対象として」

ーー最後に審査員としてプロレスラー版ワイルドオーディションに臨む気持ちを教えてください。
征矢「やっぱりワイルドというのは人それぞれあると思うんですよ。だから『俺がワイルドだ! 俺がワイルドだ! 俺がワイルドだ!』っていう様にいろんなワイルドを試合中にぶつけてもらいたいんですよ。それが今回のワイルドオーディションの目指す方向でもあるので。いい形で“new Wild order”を拡大して、プロレス界だけでなく、音楽、お笑い、など全世界に広げていきたい。ワイルドオーディションで集まったみんなが協力体制を敷いてくれるならこちらもオープンな気持ちで。扉を開けていますので、一緒にシェイクハンドして頂ければ幸いでございます。サンキュー!」

対戦相手について聞いたところ、自分の審査ポイント(?)を語り始めたワイルド12段・征矢学。そのワイルド節は一見常人には理解しがたいものだが、ぶれない信念をもっていることは確か。この闘いの中でワイルドの琴線に触れるのは一体誰なのだろうか?

【記事提供/WRESTLE-1】

関連記事

サイト内検索

日別

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る