DDTが新宿髙島屋で史上初の“百貨店プロレス”を開催し、大盛況で幕!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが5月13日、東京・新宿髙島屋1階JR口特設会場で“老舗百貨店”新宿髙島屋とのコラボイベント「Dramatic Dream Takashimaya Vol.1」を開催した。百貨店でプロレスが行われるのは史上初となった。

 DDTを運営するCyberFightの本社が新宿にある縁もあって実現した今回のイベントは入場無料の3部制で実施され、試合(3試合)のほか、同店をふだん愛用しているという高木三四郎と赤井沙希のトークショー、ファン参加型のリング体験、グッズ販売、サイン会&撮影会などが行われた。

 オープニングではサウナカミーナのMAO、上野勇希、小嶋斗偉とともに増井大輔店長が登場し、「経緯としましては、うちの女性社員のなかに一人、プロレスファンがいて、ぜひやってみたいと提案してくれました。それを今回みんなの力で形にしてみようということで。DDTさんの笑い、元気、感動とかを与えていただきながら、新宿の街をもっと元気にしていく場を提供していきたいという一心で実現しました。そういった形で盛り上がっていただければありがたいなと思います」とあいさつ。

 第1試合(高木&高鹿佑也&須見和馬VS樋口和貞&赤井&石田有輝)では、高木が社長自ら試合中に店内に行こうとするハプニングが発生も、若手選手が制止して回避された。第2試合(ちぃたん☆&彰人VSポコたん&平田一喜)は、ゆるキャラ対決で会場を沸かせた。第3試合(遠藤哲哉&クリス・ブルックス&正田壮史VS MAO&上野&小嶋)はバチバチの激しい戦いとなり、クリスがプレイングマンティスボムで小嶋を仕留めた。

 入場無料のイベントプロレスとはいえ、選手たちはふだん通りの全力ファイトを展開。イベントにはDDTファンのみならず、同店の常連客も来場して大いに盛り上がり、大成功で幕を閉じた。

 今企画を担当した同店企画宣伝部の徳村梓課長は「こんなにたくさんのお客さまに来ていただけて、すごくビックリして。皆さん、笑顔で楽しんでいただけたので、すごくありがたくてうれしいことだったと思います。(VOL.1とされたが?)思いを込めたタイトルではあるので、こんなにたくさんのお客さまに楽しんでいただけるイベントになりましたので、次につながったらいいなと感じられました。来ていただいてるお客さまが北海道展で食べているのをツイートしていただいたり、選手の皆さんもいろいろ食べていただいて。うちの店の売り場でも楽しんでいただけてうれしく思っております」と述べた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る