渡瀬瑞基が魂のエルボー弾で石井慧介を破りSOG王座死守! BASARA・木髙イサミが挑戦表明も保留

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 ガンバレ☆プロレスが5月5日、東京・後楽園ホールで「LOVE PHANTOM 2023」を開催した。スピリット・オブ・ガンバレ(SOG)世界無差別級王者・渡瀬瑞基が石井慧介との死闘を制し、4度目の防衛に成功。試合後、BASARAの木髙イサミが挑戦表明するも、保留とされた。

 開始早々、石井が張って、蹴れば、渡瀬はエルボー連打、鉄柱攻撃。負けじと石井も場外の柵にぶつけるなど激しい序盤戦に。渡瀬が場外マットの敷いていない床の上でブレーンバスターを見舞えば、石井は奈落式腕極め式ドライバーを繰り出すエグい攻防に。石井はタイガースープレックス、腕極め式ドライバーとたたみかけるもカウントは2。石井のニールキックをキャッチした渡瀬は、そのままバックドロップのような態勢で投げ、さらに正調のバックドロップを決めた。さらに渡瀬は雪崩式垂直落下式ブレーンバスターを敢行も、石井はニールキックで応戦。渡瀬がエルボー連弾で追い込むと、石井が放ったニールキックは空振りに。チャンスと見た渡瀬はエルボーを叩き込むも、石井はフォールを許さず。ならばと渡瀬はサポーターを外して、魂のエルボーバットを見舞って激闘に終止符を打った。

 ここで、イサミが現れ、「俺の挑戦を受けてみないか? 熱くなるものがあって、アンタたち気持ちいいね」とアピール。ところが、三島通義相談役が「イサミさんが挑戦者にふさわしいレスラーであることは分かってるんですが、今日の試合で、若手の中村(宗達)から3つ取られて、この状況でハイ、分りましたとは言えません。いったん保留とさせてください」とストップ。この日の第1試合(イサミ&藤田ミノル&下村大樹VS大家健&冨永真一郎&中村)でイサミは、昨年末にデビューしたばかりの中村にエビ固めで強引に押さえ込まれて不覚を喫していたのだ。

 このやりとりを聞いた渡瀬は「他団体の世界中を歩き回ってるBASARAのトップが俺たちのベルトを狙ってきてる。こんなうれしいことはない。イサミさんとやるなら、デッカい舞台、7・9大田区(総合体育館)でヤル気満々ですけど。ユニバース、選手、何より中村が納得いかねぇよな。俺がよくても、ガンプロの中村が許さねぇ。イサミさん、このガンプロのベルトに挑戦したいなら、今日対抗戦で負けた中村にシングルで勝ってから、俺の前に堂々と立ってくれませんか?」と回答。さらに、中村に「オマエが勝ったら大田区のタイトルマッチはオマエとやる」と仰天発言。イサミは「オマエら2人、2タテしてやる」と言い放って退場した。これにより、イサミVS中村の次期挑戦者決定戦が行われることが決定的になった。

 バックステージで渡瀬は「石井さんを超えたなんて、これっぽっちも思わない。これから何十回も当たるだろうし。たまたま立ち上がったのが俺だったというだけ。何回も負けてるし、石井超えなんて言えない。でも、石井さんに勝てたのは気持ちよかった」と満足げな表情。イサミの挑戦アピールには「記憶にございません? BASARA、なめんなよ。うちの宗(中村)をなめんなよ。宗と大田区でタイトルマッチ、絶対やってやるよ。オマエもガンプロを背負え。俺だってガンプロに来たばっかりで背負ってんだ。入ったばっかりかもしれないけど背負え。大田区でやるぞ!」と中村にゲキを飛ばした。

 ベルト獲りがならなかった石井は「溜めに溜めて獲るという計算が思い通りいかないんですけど。スランプみたいになったことも1度もないし、負けたけど全然いけるって自信になったんで。これからもガンバレ☆プロレスですごい試合が見れるって、思ってもらえるよう頑張っていきます」と前を向いた。

 イサミは「勝てばいいんでしょ? ベルトまで、あと2つ。第1試合終わってから、控室でずっと見てて、ガンプロが面白いからベルトを獲りに行く」と話した。いきなり降って沸いたビッグチャンスに中村は「イサミさんに勝ったら、大田区という最高の舞台が待ってるんで。絶対に勝たないといけない。さっきの試合で完全に超したわけじゃないんで。シングルマッチでしっかり勝って、僕もガンプロの一員として、ベルトに絡んでいきたい」と意気込んだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る