IP王者・辰巳リカがバートビクセンを下し2度目の防衛に成功し、5・5後楽園で鈴芽を迎撃!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが4月15日、東京・後楽園ホールで「STAND ALONE '23」を開催。インターナショナル・プリンセス(IP)王者の辰巳リカが初来日の米国戦士バートビクセンを下し2度目の防衛に成功。辰巳は5月5日、後楽園で後輩の鈴芽を迎え撃つことが決まった。

 3月31日(日本時間4月1日)の米ロサンゼルス大会では、ビリー・スタークスの挑戦を退けた辰巳は、2週間後にV2戦を行う強行軍となった。

 辰巳はバートビクセンのパワーに手を焼いたものの、足に集中砲火で足4の字固めで絞め上げた。辰巳のミサイルヒップを回避したバートビクセンはトラースキック、トップロープからの蹴りで反撃。辰巳はスリーパーからドラゴンスリーパーで逆襲も、バートビクセンは足を利した変形ネックロックからシュバイン狙い。それをかわした辰巳はドラゴンスリーパーから、胴絞めドラゴンスリーパーに移行しタップを奪った。

 試合後、辰巳にあこがれて東京女子に入団した鈴芽がリングインし、「私にとって、プロレスラーになるなんて、できるわけない、あり得ないことだったんです。でも、人生を変えたのはリカさん、あなたです。私がベルトを巻くなんてあり得ないかもしれない。あなただから私はまた変われる。もう1度あり得ないことだってできちゃうって思ったので、挑戦させてください」とアピール。これを快諾した辰巳は決戦の場を5・5後楽園に指定した。

 バックステージで辰巳は「初防衛戦は初めて絡む未知の選手とやる怖さがあったんですけど、今回少し学んだというか慣れてきた感じがあって。でも強かった。(鈴芽の挑戦は?)このベルトと面白い、ハチャメチャなことをしていきたいので、そのためには数えきれないほどの防衛戦をやるしかない。去年のプリンセスカップで一本取られてるので、大事なものをかけたうえで、借りをキッチリ返したい」と王座防衛を期した。

 鈴芽は「今まで、あのベルトの挑戦権をかけて何度も試合をして、その度に届かなくて。その度に悔しくて。だけど今回は用意されたチャンスじゃなく、自分の意思でリカさんへの挑戦を決めました。人生で一番あり得ない、プロレスラーになるってことを実現してるので。リカさんを倒して、ベルトを巻くっていうあり得ないことを果たしにいきたい」と意気込んだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る