グレート・ムタの生贄にされたオーカーンが「過去が出しゃばって輝くんじゃねえよ!思い出が最強だったら今を必死こいて生きている奴らがバカみてえだろうが!」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 20日、新日本プロレス×STARDOM合同興行『Historic X-over(ヒストリック クロスオーバー)』が開催。第7試合では『グレート・ムタ新日本プロレスラストマッチ』が行われた。

 武藤敬司が来年2・21東京ドーム大会で引退する事を発表したが、その武藤によると「グレート・ムタもおそらく、もう魔界の門が開かなくなる。もう一回かニ回開いたらもう閉じて出てこれなくなるような気がします」とムタの今後をほのめかしていた。
 その後ムタは9月3日のNOAH大阪大会でグレート-O-カーン&NOSAWA論外とタッグを組み、拳王率いる金剛と対戦。試合はオーカーンがエリミネーターでタダスケを処したが、ムタがオーカーンの背後から近づくと顔面に毒霧を噴射。バックステージでは「シーユースーン、メイビー、ユナイテッドステーツ。アンド、ヨコハマ?ネクストワン、メイビー、ニュージャパン」と言葉を残していたが、10月26日の新日本後楽園ホール大会に乱入しオーカーンに再度毒霧。矢野と握手し、有明でのタッグ結成を発表した。


 この日はオカダ・カズチカ&矢野通とタッグを組み、UNITED EMPIREのジェフ・コブ&グレート-O-カーン&アーロン・ヘナーレと対戦。因縁浅からぬオーカーンがムタの毒霧をタックルで交わしスリーパーから弁髪でのチョーク攻撃。 
 逃れたムタは次々ドラゴンスクリューで投げ捨て、串刺し式閃光妖術からドラゴンスクリュー。改めて閃光妖術を放つが、ガードしたオーカーンが膝へのアイアンクローで捕らえる。ムタはたまらずロープを掴みブレイク。
 変わって出てきたオカダにユナイテッドエンパイアが集中砲火を浴びせ、カットに来たムタをコブが羽交い締めにしてオーカーンが毒霧を発射するが、ムタが避けてコブの顔面に誤爆。すかさずムタが赤い毒霧をオーカーンに発射して迎撃すると、最後はムタがヘナーレに閃光妖術からオカダがレインメーカーを叩き込み3カウントを奪った。

 試合後、ムタは改めてオーカーンに閃光妖術を発射。オカダと向かいあうと天に毒霧を発射し「バイバイ、ヤノ。バイバイ、オカダ。バイバイ、オーカーン。グッバイ、ニュージャパン!」と新日本プロレスのリングを後にした。


 そこへ四つん這いでボロボロになりながら現れたオーカーンは「なんで、いつも大事なところで勝てない!何が足りないんだよぉぉぉ!何が足りねえんだぁぁぁ!成田はTV王座に、海野はUSヘビーに王手をかけた。なんで余だけがこんな痛い目を見なきゃいけないんだ!」と絶叫。
 さらに「思い出と闘っても勝てない…。思い出が最強だったら、今を必死こいて生きている奴らがバカみてえだろうが!クソーッ!未来が最強なんだよ!今が最強なんだよ!そして輝かしい未来を手に入れんなら、過去が出しゃばって輝くんじゃねえよ!赤い血見てえんだな、オイ! 血が出てんじゃねえか、本当に。それぐらい痛えよ。顔じゃねえよ。心臓が痛え!クソッ!必ず余が新日本を支配して、理想郷へ導いてやる。血、血、ああああ……」と苦しみ悶えながら消えていった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る