5・6後楽園で中島翔子がプリプリ王者・渡辺未詩に挑戦! 上原わかな&HIMAWARIはタッグ王座にチャレンジ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが4月13日、東京・北沢タウンホールで『TJPW LIVE TOUR 2024 SPRING』を開催した。5月6日の東京・後楽園ホール大会で、中島翔子が渡辺未詩の保持するプリンセス・オブ・プリンセス王座に挑むことが決定。上原わかな、HIMAWARIの同期コンビが同大会で「でいじーもんきー(でじもん)」の鈴芽&遠藤有栖が持つプリンセスタッグ王座に挑戦することも決まった。

 この日のセミファイナルでは、3月31日の東京・両国国技館で新王座に就いた渡辺と「でじもん」の2人が王者トリオで出陣し、中島、上原、HIMAWARI組と激突。デビュー2年目の同期である上原とHIMAWARIは先輩相手に臆することなく積極果敢に攻めていく。「でじもん」も負けじと応戦。中島が渡辺に高角度の619を決めれば、渡辺はアバランシュ・ホールドで反撃。中島が渡辺にトペ・コンヒーロを敢行すれば、渡辺は再びアバランシュ・ホールド。ティアドロップを狙うも、かわした中島はウラカンラナもカウントは2。さらに中島はノーザンからロコモーション式に移行しようとしたところ、渡辺に踏ん張られると、クルリと首固めで丸め込んで電撃の3カウントを奪取した。

 中島は「未詩、単刀直入に、このベルトに挑戦させてください。先輩のお願いだから、文句ないよね?」とアピール。渡辺は「文句もないし、悔しいし。このベルトをかけて、中島さんから防衛したいってずっと思ってたので、5月6日、後楽園でこのベルトをかけて戦ってください」と受諾。

 すると、同期コンビも動く。HIMAWARIが「鈴芽さん、有栖さん、私たちもそのタッグベルト挑戦したいです」、上原が「今日でじもんさんと戦って、そのピンクのベルトに挑戦したい気がすごく強まりました。ねくじぇねトーナメントで決勝まで勝ち進んだこの2人ならいける気がします」と堂々の挑戦表明。王者の遠藤は「挑戦しようと思ってくれて、ありがとう。2人が強くなってるのは、めちゃめちゃ感じるよ。でも、私たち2人とも強くなってるの。もちろんいいよ。やろう」、鈴芽は「私たちの大事な最初の防衛戦、お願いします。私たちも後楽園でやろうか」と快諾した。

 バックステージで中島は「リングで言ったことがすべて。私は未詩に勝って、もう1回ベルトを巻きます」と1年7ヵ月ぶりの王座奪還を期した。渡辺は「ベルトを獲って、日本での初めての試合でチャンピオン組として組んだにも関わらず、負けてしまって。ベルトを持ったのに、こんなにすぐ負けてしまうのは、チャンピオン像としてふさわしいものではないかなって。私はベルトに挑戦する時から、どんな風に防衛していきたいかって思った時、中島さんが来てくれて防衛戦ができたらうれしいなって一番に思った人なんで、負けないように、守れるように頑張ります」と気を引き締めた。

 上原は「このカードが決まった時点ですごく挑戦したい気持ちがあって、ねくじぇねトーナメントを勝ち進んだ2人なら、絶対いけるなってすごく思ってます」、HIMAWARIは「2人で頑張って、ねくじぇねのなかでも先にベルトを巻きたい」と意気込んだ。同期コンビの挑戦を受ける鈴芽は「私たちが持ったベルトに挑戦したいと思ってくれたことがうれしくて。まだベルトに挑戦したことない選手たちにも挑戦してきてほしいと思っていて。私たちが獲ったタイミングで踏み出してくれたことがうれしい。大事な初防衛戦、しっかり受け止めたい」、遠藤は「2人の勢いが今日すごかった。挑戦したかったんだというのがすごい伝わった。私たちは私たちらしく、もうチャンピオンだから、絶対に防衛します」と王座死守を誓った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る