【試合詳細】2・3 九州プロレス 沖縄大会 【九州プロレス選手権試合】野崎広大vsウルトラソーキ めんたい☆キッド&グルクンマスク&ティーラン獅沙vs玄海&TAJIRI&美ら海セイバー 

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『株式会社琉球バス交通、那覇バス株式会社 PRESENTS「ウチナーを元気にするさぁ!」 』
日程:2024年2月3日(土)
開始:19:00
会場:沖縄県・沖縄県立武道館メインアリーナ
観衆:708名

▼シングルマッチ 15分1本勝負 はいさ〜い!九州プロレス沖縄初上陸!
△佐々木日田丸
15分0秒 時間切れ引き分け
△桜島なおき

▼3WAYマッチ 20分1本勝負 九州×沖縄プロレスサミット①〜三つ巴迷勝負爆誕!?〜
○阿蘇山
8分49秒 パワーボム→体固め
●ばってん×ぶらぶら
※もう一人はまえだみさき(琉球ドラゴンプロレス)

▼6人タッグマッチ 30分1本勝負 九州×沖縄プロレスサミット②~ドリームマッチ2024~
[九州プロレス]めんたい☆キッド/グルクンマスク/○ティーラン獅沙
12分39秒 フライングボディプレス→エビ固め
[琉球ドラゴンプロレス]玄海/TAJIRI/●美ら海セイバー

▼九州プロレス選手権試合 60分1本勝負 ウチナーを元気にするさぁ!~ヘビータンクvs人間魚雷~
【王者】○野崎広大
16分23秒 砲弾スピアー→片エビ固め
【挑戦者】●ウルトラソーキ(琉球ドラゴンプロレス)

九州プロレスが沖縄に初上陸!野崎が圧倒的な強さを見せ、第14代九州プロレス選手権王者防衛に成功!

第1試合


 これぞ九州プロレス!沖縄初進出のオープニングマッチは、九州タッグ王者・日田丸が薩摩隼人を迎え撃つ、産地直送の一騎打ち!両者全く譲らない、意地と意地のぶつかり合い。日田丸式パイルや桜島ジャーマンなど、互いの得意技を出させない緊迫した闘いへ。試合は15分では足りず、無念の時間切れ引き分けへ。

 試合後も、互いにスクワットやプッシュアップで、まだまだやれると余裕を見せた。

第2試合


 九州が誇る活火山と、強さよりもキモさを追求するばってんの闘いに、奇妙奇天烈な琉ドラ女子が混入!「混ぜるな危険」の三つ巴戦!試合は裏切りを裏切りを繰り返す3WAYならではの頭脳戦。ばってんの生尻攻撃はみさきに容赦無く炸裂。ラストはばってんボンバー連発に、怒りの阿蘇山が、強烈なパワーボムで叩きつけ3カウント!

第3試合


 九州プロレスと琉球ドラゴンプロレスの豪華ドリームマッチが実現!友好か?敵対か?九州と沖縄のトップレスラー達によるプロレスサミット!

 試合は意外にも息がぴったりの玄海組。ティーランに照準を絞り、ロンリーバトルを強いるが、TAJIRIの毒霧が、セイバーに誤爆。チャンスと見ためんたい&グルクンは、場外空中弾の競演で分断。ティーランがセイバーにダイビングボディプレスで一気に逆転勝利!

第4試合


 九州王者が沖縄上陸!琉球ドラゴンプロレスの刺客を迎え撃つ4度目の防衛戦!ジャパニーズ・ヘビータンクと人間魚雷の超重量級タイトルマッチが実現!

 野崎は体重差を活かしソーキを圧倒。しかしホームならではの大ソーキコールに押され粘るソーキ、玄海のオリジナル「刀狩り」を繰り出すなど大奮闘するも野崎は揺るがず、交通事故タックル、砲弾ボンバー、砲弾スピアーでソーキを仕留め、アウェイの地で、第14代王者が4度目の防衛に成功!

 試合後、ソーキは、昔から闘いたかったという野崎と、地元・沖縄で、そしてタイトルマッチという最高のシチュエーションで闘えたことに感謝。野崎も、これまでの防衛戦で一番キツい試合だったと健闘を称えた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る