将来の不安を感じる石川修司がベストボディ・ジャパンプロレスへ殴り込み敗者首切りマッチ!全日本所属ラストマッチはバラモン兄弟とタッグ結成

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 22日、都内・ベストボディ・ジャパンスタジオにて1月31日に新宿FACEで開催される『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~2024年 開幕戦~』についての記者会見が行われた。

 ベストボディ・ジャパンプロレスリング(BBJ)とは、『トレーニングの文化、身体づくりの文化をもっと日本中に広めたい』という思いから発足し、47都道府県全てで開催するまでに成長した『ベストボディ・ジャパンコンテスト』を起点とし、元DDTプロレスの谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表が「プロレス界でも健康美や肉体美を活かして活躍する選手がベストボディ・ジャパンから出てきてもいいんじゃないか」という想いを持って2018年8月に旗揚げしたプロレス団体。
 日々ボディメイクに取り組む人材を積極的にプロレス界に勧誘し、2020年には当時58歳の生え抜き選手である吉田和彦(現:ラグジュアリー吉田)が誕生。60代になっても最前線で闘い続けるゴージャス松野とタッグ王座を戴冠するなど幅広い選手層がリング上で活躍している。

 また、BBJは現在プロレス界とは距離を置いているアクトレスガールズとも全日本プロレスに先駆けて2023年7月から業務提携。BBJ女子エースの山中絵里奈がアクトレスとのW所属となった他、同年10月には両国国技館での『ベストボディ・ジャパン2023日本大会』にアクトレスガールズの面々が出場するなど多方面での協業を展開。他のプロレス団体の後追いをすること無く独自路線を貫いている。

 この日は、2024年初の大会に向けて記者会見を実施。
 今大会では、首の負傷で欠場していた当団体のスーパーアドバイザー・大鷲透がBBJ復帰。大鷲透&アブドーラ小林&伊橋剛太vsバラモンシュウ&バラモンケイ&Xというカードが発表された。

 このカードは谷口会長の肝いりで決まったとのことだが、Xの人選はバラモン兄弟に丸投げしており当日になるまで誰が来るのか分からないことを告白。
 これを聞いた大鷲は「バラモン兄弟なんて年に1回位がちょうどいい人たちですから!しょっちゅう出したら絶対ダメです!なので今回で奴らの息の根を止めますんで。ただ1個。これ、パートナーのXって一体誰なんですか?気になってしょうがないですよ」と不安で仕方ない様子。

 すると、突然バラモンシュウが会見会場に乱入。わざわざXを発表しに遠路はるばる都会までやって来たのだという。
 大鷲が「なぜケイはここにいないんだよ」と問うと、シュウは「今年に入って仕事が少なくて、将来へのうっすらとした不安によって今病院に入ってんだよ。治療中。クルクルパーになっちゃって。頭がハイホーになっちゃったからダメなんだよ」とケイが精神を病んで入院中という衝撃の事実を明かす。

 シュウが満を持してXを発表すると、その正体はなんと全日本プロレスの石川修司であったことが判明。
 その場の全員がぶったまげて腰を抜かす中、シュウは「すげーだろ!石川修司も色々あってな、アイツもうっすらと将来の不安を感じて弟と同じ病院で肩組んで仲良くやってんだ。2人で刀振り回して看護師に『俺の子供を埋めや』って言ってんだ。お前、なにが復帰戦だよ。お前首怪我してたんだって?次の試合では、狂った石川修司と弟がお前の治った首を切り落としてやるからな!これは敗者髪切りマッチじゃねえ、敗者首切りマッチだ!精神異常者は人殺しても罪に問われないんだ。お前を殺したって罪に問われないんだよ!」と高笑い。平和なBBJは突如混沌の渦に包まれた。

 石川修司は、今月末を以て全日本プロレス退団を発表しており、全日本所属ラストマッチとして27日の八王子大会に参戦。2月15日にはNOAH後楽園ホール大会への参戦が決まっている。
 その狭間にまさかのBBJ参戦。これが石川の全日本所属としてのラストマッチとなるため、“王道”を背負ってバラモン兄弟とともに闘う石川修司の姿を見られるのは今大会が最後。あらゆる意味で目が離せない試合となりそうだ。


『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~2024年 開幕戦~』
日程:2024年1月31日(水)
開始:19:00
会場:東京都・新宿FACE

▼大鷲透ベストボディ・ジャパンプロレス復帰戦 スペシャル6人タッグマッチ
[ベストぽっちゃりジャパン]大鷲透(フリー)/アブドーラ小林(大日本)/伊橋剛太(DDT)
vs
バラモンシュウ(フリー)/バラモンケイ(フリー)/石川修司(全日本)

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る