武尊とONEフライ級王座をかけて闘うスーパーレックに元ムエタイ三冠王・雅駿介が緊急取材!「日本のスーパースター武尊と試合できて嬉しい。絶対防衛するよ」 1・28開催開催のONE日本大会『ONE 165』は「ABEMA」にて国内独占生中継!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は、2024年1月28日(日)に東京・有明アリーナにて開催するアジア最大級の格闘技団体ONE Championship(以下、ONE)の日本大会『ONE 165: スーパーレック vs. 武尊』を「ABEMA PPV ONLINE LIVE」にて国内独占生中継する。
 それに先立ち、「ABEMA」格闘チャンネル公式YouTubeにて、来日中のスーパーレック・キアトモー9選手のもとを元ムエタイ三冠王で総合格闘家の雅駿介(みやび・しゅんすけ)選手が訪れ、インタビューする動画を公開した。

 1月11日(木)、『ONE 165: スーパーレック vs. 武尊』の追加対戦カード発表記者会見のためスーパーレック選手が緊急来日。日本でトレーニングを行うジムに雅駿介選手が訪れた。雅選手は、元ムエタイ三冠王で現在は総合格闘家。得意の肘打ちを武器に、過去にムエタイでベルトを獲得した実績をもつ実力者だ。

 ジムではすでにスーパーレック選手が練習をしており、スーパーレック選手のミット打ちの様子を見た雅選手は、「動きが美しい」と声をあげると、「体感できない蹴りの強さやリズム、本数を蹴ってくると思うので、かいくぐるのが大変だと思うけど、武尊選手の距離に入れればチャンスもある」と試合展開を分析。「(ムエタイの)ラジャダムナンやルンピニーの王者の中でも特別な存在。武尊選手にとっても未知の相手」とスーパーレック選手を評価した。

 練習を終えたスーパーレック選手に雅選手から今の心境を聞くと、「ロッタンの代わりに俺が武尊と戦えると聞いた時は本当に嬉しかったんだ。武尊はとても強いし、日本のスーパースターだよね。日本で戦えることを光栄に思っている。絶対防衛するよ」と武尊選手を評価した上で、日本で試合ができることへの喜びを語った。また、試合展開については、「試合を盛り上げたいね。キックボクシングルールだから首相撲や肘はないけど、ルールを学んでポイントになる技を用意している」と、対策も万全の様子。そんなスーパーレック選手の十分な意気込みを聞き、雅選手は「ONEは世界のキックボクシングの中心。そこに武尊選手が入って主役になれるかという試合だと思う。そこでラスボスのスーパーレック選手が一発目で出てきた。主人公対主人公の戦いだと思うのですごく楽しみです」とトップレベル同士の試合に胸を躍らせた。

 続いて、雅選手はミットを両手に持ち、スーパーレック選手の打撃を体感することに。軽くミット打ちを始めるとジム内には重たい音が響き渡る。何本かスーパーレック選手の打撃を受けて、雅選手は「バットで殴られるとか(表現することは)あると思うんですけど、戦車が突っ込んできてるくらい重いです」と形容すると、「特に右の蹴りがスーパーレック選手の武器。体感してみたけど、試合だったら一発ももらいたくないですね」と、スーパーレック選手の蹴りの威力を説明すると、「ブレないんで何発でも蹴られる。何回も蹴られるのに全弾強い蹴りがくる。膝とかもミットで受けているのに体に響いちゃって。ずっと受けられないですね」と、驚いた様子をみせた。

 終始、柔らかい受け答えで、印象的な笑顔からは想像もできない強烈な打撃を放つスーパーレック選手。武尊選手との試合で得意の右ミドルキックは炸裂するのか?ワールドクラスのキックを「ABEMA PPV」にてぜひ堪能してほしい。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る