RIZINやK-1で活躍した才賀紀左衛門が素人の喧嘩自慢相手にKO負けで担架送り!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて『BreakingDown10』が開催。第22試合では【流浪の武人】才賀紀左衛門vs【喧嘩自慢の頂点】細川一颯が行われた。

 K-1やRIZINでも活躍し、あびる優さんとの離婚や子供へのDV疑惑などで世間を騒がる才賀紀左衛門がついにブレイキングダウンへ。
 喧嘩自慢トーナメント1位となり1000万を手にした細川一颯が「お前だけ知ってる。1分ならお前に勝てる」と挑戦表明し試合が決まった。

 前日会見で才賀は「明日は久々の試合なんで、1分て短い時間ですけど始めてのルールで、どんな感じでやろうかなと思ってるんですけど明日はしっかり勝ちたいと思います」とニコニコとコメント。
 細川は「知名度も実力も申し分ない相手で、まあでもネットニュースで書かれてる事が本当なのであれば、ほんとどうしようもないクズ野郎だなと思う。明日僕が勝ったらまだ見えてない景色も色々見えてくるんじゃないかなって。ほんとに明日は大一番だと思ってます僕の中で。1000万以上の価値を明日掴みにいきます」と喧嘩自慢から一躍ヒーローになるチャンスに目を輝かせた。


 試合が始まると才賀が前に出るが、細川がミドルを打ち込み動きを止める。才賀が左ストレートを狙っていくが、細川が足を刈って出鼻をくじく。
 パンチの打ち合いになると細川の右フックが当たり才賀がクリンチ。
 才賀が左ストレートからクリンチを繰り返す。細川が左右のハイから後ろ回し蹴り。才賀がワンツーを打ち込むが、細川が首を掴んで膝連打。
 才賀がワンツーからガードの合間をぬってストレートも、細川が細かくパンチを打ち込みクリンチ。
 細川がハイから打ち合いに応じ、一度離れると前蹴りから合打ち合いに。ここで時間切れ。
 判定0-0で延長戦へ。

 細川が突っ込みミドルも才賀がキャッチ。
 細川が前蹴りからロー。才賀はカウンター気味にストレートを打ち込んでいくが、細川がリーチが長い。才賀がストレートを振り回していくが細川が足を刈って倒す。
 才賀が足をキャッチして引き込んでストレートも、細川が左右のストレートを連打。だが才賀の左ストレートがきまり一瞬細川がふらつくも、細川が左膝から右フックを叩き込みこれで才賀がダウン。レフェリーが即座に試合をとめ細川のKO勝利となった。
 才賀はダメージが深く担架送りに。

 勝利した細川は「俺がNO.1だよバカ野郎!ありがとうございました」と叫び勝利を喜んだ。

 細川はただの喧嘩自慢から知名度あるプロ格闘家をKOし、一躍ブレイキングダウンのスターへと躍り出た。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る