【濱の勇二】高垣勇二が喧嘩自慢から延長判定で勝利しギリギリの引退回避!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて『BreakingDown10』が開催。第10試合では【狂犬スクリーム】須藤大輝vs【濱の勇二】高垣勇二が行われた。

 喧嘩自慢100人を集めた企画から抜擢された猛者たちが、合宿を経てブレイキングダウンに参戦。THE OUTSIDERレジェンドたちは引退をかけて戦うことに。
 オーディションでは喧嘩自慢100人中ベスト8の須藤が「お前みたいなおっさんがいつまでもひな壇いるなよ。世代交代だこの野郎」と高垣勇二を挑発し試合が決定した。

 前日会見で須藤は「何言ってもぬるいし明日打ち合えるかすごい不安なんですけど、さっきお前のこと潰すとか言われたんですけどそんなんじゃ無理だよ。ぬるい顔ばっかしやがって」と挑発。
 高垣は「お前に興味ないからさ、ほんとに潰すから待っとけガキコラ」と笑い飛ばしていた。


 試合が始まると勇二が突っ込んできた須藤にラッシュを仕掛けるが、すぐに立ち上がりノーガードの打ち合いへ。勇二が振りかぶっての右からアッパー気味の右。ガードを混ぜてカウンター気味の右を打ち続けるが、須藤はラッシュの手を緩めない。
 勇二は膝を打ち込んで一度動きを止めるが、立ち上がった須藤は前に前に出てラッシュを続ける。勇二は組み付いて膝からカウンターを狙い、手数が緩んできた須藤に勇二がストレートを打ち込んでいくと須藤のマウスピースが飛び出たところで時間切れに。
 判定1-0で延長戦に。

 勇二が突っ込むが須藤は右ストレートからラッシュを仕掛け、打ち合いから勇二が右ストレートからの右ミドル。かまわず殴り続ける須藤だったが、勇二がガードから右ストレートのワンツー。手が止まった須藤に勇二が前蹴りを打ち込むが、お互いスタミナ切れで攻めきれず。須藤が前に出るが勇二は組み付いて膝。須藤が必死に殴り続けていき、勇二が右ストレートを放ったところで時間切れに。
 判定5-0で勇二の勝利に。

 この結果をもって勇二は引退を免れたが、その後の試合で黒石高大が敗北し引退が決定した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る