女子プロレスマガジン リレーコラムSEASON2 『#15 マリ卍~柳ケ瀬で日々前進しています!~』

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

女子プロマガジンさんのリレーコラムをご覧の皆様、はじめまして!
柳ケ瀬プロレスLadiusのマリ卍です。
私は、2018年に東京でデビューしましたが、今は岐阜市在住で女子プロレスラーとして活動しています。
岐阜市在住とはいえ、今年は北海道から12月には道頓堀プロレスさんの奄美大会にも参戦させて頂くので、本当に北から南まで…全国で活動させて頂いています。

そして私は、いつでもプロレスができて、挑戦したいことにはいつでも力を貸してくれる仲間がいるこの柳ケ瀬が大好きです。
つい先日、柳ケ瀬プロレスのユニットである『コスケンプロレス』を発足し、私達のホームであるM's cafeにてバトスカフェ認定レッスルブレインカップという6人タッグのベルトに挑戦し、なんと初のチャンピオンベルトを巻くことができました。

このベルトは、まず最初に6人の中から1人ずつシングルマッチを行い、次に2人ずつタッグマッチを行い、最期に6人タッグマッチを行うというもので
チャンピオンチームの唯我選手、定アキラ選手、大和ヒロシ選手に、我々コスケンプロレス、小杉研太選手、ラウザ選手、そして自分が挑戦しました。

そもそも、このコスケンプロレスは柳ケ瀬プロレスの合同練習の他に、試合後頂いたアドバイスや、練習したいことを所属団体関係無く練習していて仲良くなったメンバーで
先輩である小杉研太選手に教えてもらっている練習だから…という理由でSNSのハッシュタグにコスケンプロレスと付け始めたことから始まり、ZERO1のヤス久保田選手が行ったM's cafe1日店長イベントでエキシビジョンのような形で私達が試合を行った際に、柳ケ瀬プロレスのユニットとして認める代わりに自分達で旗揚げ戦を行うというものでした。

こちらは本当にたくさんの人達に支えられ、席数も増やしましたが事前予約の時点で札止めとなり、皆様の応援のおかげ様で、見事チャンピオンになることが出来ました。

他にも、今年4月の自身の5周年記念興行は初の自主興行であり、グランヴェール岐山というホテルで憧れの松本浩代選手とメインでシングルマッチを行いました。凄くプレッシャーでしたが本当に普段興行を主催している方の苦労やマッチメイクにかける想いなど、より一層プロレスと向き合う姿勢が変わった自主興行は、何にも変えられない素晴らしい経験でした。
苦労は買ってでもしろ。という言葉に初めて納得できた経験だったと思います。

他にも、猫ちゃん募金を行い、自宅の愛猫が関係しているグッズの売上の2割と募金箱を設置して、保護猫カフェに毎月届けさせて頂いただいています。
本当にやりたいことが全て形となっていく充実した毎日を過ごしております。

私はデビュー時に女子プロマガジンさんの誌面で、プロレスラーになったきっかけをお話させて頂いた際、少しの勇気と行動力が自分をプロレスラーにしてくれたと語ったと思います。
東京で団体に所属していたところからフリーになり、タッグチームの活動が停止し、ファンの方々にとっても心配をかけてしまった時期もあった私ですが、やりたいことを追い求めた結果、同じ方向を向いている仲間と出会いまた日々前進しています!

そして新たな夢も出来ました。
自分がやりたいことは、柳ケ瀬のオーナーをはじめ、私が成功するように力を貸してくれる人がたくさん居ます。次は私が柳ケ瀬プロレスをプロレスの聖地、後楽園ホールで開催できるよう、立役者となりたいのです。
常に目標を持って前を向いて大好きなことと向き合える環境で、これからも私は勇気と行動力を持って色んな夢を叶えていきたいと思っていますので、ぜひ!柳ケ瀬プロレスとマリ卍をよろしくお願い致します!

柳ケ瀬プロレスでは毎月第2・第4金曜日に『フライデーナイトマッチ』として定期興行を開催
11.12『いじめ撲滅元気創造』プロレス開催。ゲストに橋本大地選手が参戦。FC岐阜の本拠地・長良川競技場にて観戦無料です!

★女子プロレスマガジンは1~2ヶ月おきに発刊中。日々のニュースはアメブロにて。お取り扱いは試合会場のほか、水道橋・チャンピオン、神保町・書泉グランデ、秋葉原・書泉ブックタワー、書泉オンライン(&楽天市場店)、前橋・リングサーチほか、通信販売も可能。ただいま次号を鋭意制作中。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る