山下実優が瑞希を破り4度目のプリプリ王座戴冠!「3冠持って、世界を股にかけて頑張っていきたい」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが10月9日、東京たま未来メッセでビッグマッチ「WRESTLE PRINCESS Ⅳ」を開催した。山下実優がプリンセス・オブ・プリンセス王者の瑞希を破り、4度目の同王座戴冠を果たした。

 昨年3月19日の東京・両国国技館大会で中島翔子に敗れて同王座から陥落した山下は、その後、積極的に海外遠征を行い、英国のEVE王座、米国のSPARK女子プロレス王座を獲得するなど、世界を転戦してスケールアップを図ってきた。今夏のシングル最強決定トーナメント「第10回東京プリンセスカップ」では1回戦でプリプリ王者の瑞希を下したのを皮切りに、圧倒的な強さで初制覇。その実績をもとにプリプリ王座への挑戦を実らせた。

 開始早々、山下は場外でアティテュード・アジャストメントを繰り出すエグイ攻め。瑞希もトペ、ダイビング・ボディアタック、フットスタンプで反撃。山下は雪崩式アティテュード・アジャストメント、リターンクラッシュ、コブラクラッチ、投げ捨てシャーマンで攻め込むと、瑞希も場外めがけたダイビング・フットスタンプ、クロス・フェースロックで逆襲。山下が背中にSkull Kickを連発し、キック連打で猛攻。瑞希はダイビング・フットスタンプを狙うも自爆。山下はジャーマンで投げると、正面からSkull Kickもカウントは2。瑞希はキューティースペシャル、渦飴、ダイビング・フットスタンプを見舞い、再度キューティースペシャルを狙うも、踏ん張った山下が強引に投げ。側頭部への蹴りから、クラッシュ・ラビットヒートを叩き込んで3カウントを奪取した。試合後、両者は互いの健闘を称え、握手して抱擁。

 山下は「私はこのベルトを持つのは4度目。この10年で4回獲って、何度獲ってもメチャクチャ重いです。また私がここに立っているのも、私が強いから。10年こうやって立ち続けられるのも私が強いからなんですけど。でも、こうやって強くあり続けようと思える理由は、瑞希がチャンピオンだったからで。瑞希が持つベルトが輝いてて、悔しいくらいかっこよくて。だから私は瑞希の持つベルトに挑戦したから。だから、強くなれるよう頑張りました」と力強くマイク。

 バックステージで山下は「3月に瑞希がベルトを獲った日から、瑞希が持つベルトに挑戦したかった。ベルトを持ってる瑞希はよりすごかった。そんな瑞希に勝ててうれしかった。これから3冠持って、世界を股にかけて頑張っていきたい」とコメント。さらに「今の自分にしかできないこともあると思うんで。米国や英国でプリプリのベルトかけるのも面白いと思いますし、海外で東京女子に来たがってる選手もいるんで。挑戦したい人は挑戦してきていいし、どんな人でも私はチャンピオンですけど、チャレンジしていきたい」と今後の防衛ロードを描いた。

 7ヵ月守った王座から陥落した瑞希は「このベルトなくしたら、何もなくなっちゃうんじゃないかって不安で。だけど終わってみれば、応援してくれる人がたくさんいて。試合から帰ってきたら待っててくれる選手のみんながいて。終わった後に、“ありがとう”って言ってくれたみぃちゃん(山下)がいて。私もすごく恵まれてるなって感じました。悔しいけど、やってきたことはムダじゃなかった。また一つ強くなりたいという理由ができた。今回はみぃちゃんの愛が重すぎた。次は何倍にもして返します。(ベルトは)チャンスがあれば狙っていきたいし、ベルトだけじゃなく、自分にできることもあると気付けたので。これからも自分らしく、頑張っていきたい」と涙で話した。

 また、同団体では2024年前半の興行日程を発表。1月4日には9年連続となるイッテンヨン・後楽園ホール大会を、1月下旬から「第4回“ふたりはプリンセス”Max Heartトーナメント」(決勝は2月10日、後楽園)を開催。3月31日には2年ぶり2度目となる両国国技館に再進出する。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る