【会見全文】武藤敬司引退大会会見でGHCヘビー級調印式!武藤の後継者として担がれる清宮海斗へ拳王が「予定調和で進んだらこのプロレス界が駄目になる」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

7日、都内某所にて武藤敬司引退大会に関する記者会見が開催。武藤敬司登場前に、9・25名古屋ドルフィンズアリーナ大会のメインイベント、GHCヘビー級選手権試合【王者】拳王vs【挑戦者】清宮海斗の調印式が行われた。

清宮「やっと、ここまでこれました。N1本当に過酷だった。でもその過酷なN1の中で、感じてこれたことを俺は大事に、磨いていって、自分なりに、自分なりのプロレスで、これからのノアを作っていきたいと思ってます。N1の覇者として、タイトルマッチを拳王とやるというのは自分にとっては、最高の対戦相手だと思ってます。何度も、やってきました。負けたくない、いや勝ちたい、心からそう思う相手です。試合でも、話題でも、YouTubeでも、1レスラーとして、拳王を倒して、25日に俺がベルトを巻きます。俺を見に来てください」

拳王「N1、ビクトリー、今年は、例年に比べて一番過酷で、それを制した、実力は、認めてやる。だがよ~く考えてみろ。プロレス界のスーパースター、武藤敬司が引退する。武藤敬司の?愛弟子として技まで託された。武藤が!引退すると同時に、ノアに新しいスターを生み出そうとしている。会社そして、てめえらマスコミもそうだ、いいストーリーだよな?イイ物語だ。美しいよ。プロレスは物語、すっげー大切だ。プロレスは!美しいストーリー、みんな感情移入するよ。だがな、オイ、そんな会社がテメーらマスコミが思い描いてるストーリー通りに、進んで、刺激があるか?こんな予定通り進んで、お前ら本当にこのタイトルマッチ、楽しみに見れんのか?俺が!おまえら、期待を裏切ってやるよ、会社の期待を裏切ってやるよ。俺がこの美しいストーリーに、乗らないぞ、俺が壊してやるぞ、壊して!俺が描く、さらに輝かしいストーリーを、テメーら、マスコミどもそして会社に見せてやるからな、おい、クソ野郎どもはな、おい!俺についてきたらいいんだよ」

――今の、拳王さんの言葉を聞いて、何か思うところがあればお願いします。
清宮「俺は拳王と戦いたいんですよ。この戦いには、この戦いに関しては、他の周りとか、そういうこ、そういうところは、俺は関係ないと思ってる。俺は俺なりに、いろんな試合、いろんな選手と、戦ってここまで来ましたよ。でもそれは拳王には、拳王にはそれは言って欲しくない。だから今こうやって拳王が他の選手のことを見てる、やってきたその俺の過程を見てる、それを俺は覆したいと思うし、これから前哨戦あるので、俺に目を向けさせたいと思います」

――拳王さん、方法論はちがうと思うんですが、新しいNOAHを根付かせたいっていう思いは清宮選手と一緒なのかなと思うんですが、だからこそこの試合ではどんな試合をしなきゃいけない、自分が王者でいなきゃいけない理由っていうのを教えていただければと思います。
拳王「お前もそうだよ。そして会社もそうだよ。お前らが、望んでるのは、武藤敬司の次のスーパースターは、清宮海斗、そういうことだろ?俺はそのような予定調和で進んだら、このプロレス界、プロレスが駄目になると思う。だから、俺がプロレスそして、ノアをもっと新しいもっと上のステージに連れていけるのは、今度のGHCヘビー級選手権で、勝つ、俺だということだよ」

――清宮さんに伺いたいんですが、武藤敬司の次のスーパースターだっていう美しいストーリーがあるんだっていうふうに主張してるんですけど、清宮さんはそういう認識ではないですか?
清宮「もちろんその、自分が目指してるところは、そういった人たちが、作ってきた。この歴史を繋げることだと思うんですよ。ただそれはやっぱり人の真似はできないし、自分なりのものを見して、いかなきゃいけないと思ってるんで、自分なりのものをこの戦いで見せていきたい。そこを一番思います」

――拳王選手と清宮選手にお伺いしますけども、このタイトルマッチが9月25日武藤敬司選手の引退ロード第2弾の名古屋大会で行われることについて、拳王選手からお願いします
拳王「大体よ、てめえらマスコミもぐちゅぐちゅうるせえんだよ。おい、なに清宮にかつがれてんだよ。あ?金のためか、あ?ノアから金欲しいからか?あ?ABEMAから金欲しいからか?あ?お前らなあオイ、清宮を、担ぐんじゃねえんだよ。これからはな、おい、俺を担げ!俺が!大金を生み出してやるからな」

清宮「それは素直にあの、武藤さんが、引退ということで、もう武藤さんを見にたくさんのお客さんが来ると思うんですよ。でもそこが自分にとっては、本当にそこをこぼせない、本当にここが、チャンスだと思うし。もうこれは本当に一度きりしかないから、もう本当に同じような日は来ないと思ってこの試合に挑みます」

 フォトセッションとなり、清宮がN1トロフィーを掲げ、拳王がGHCベルトを肩にかけて歩み寄る。しばし睨み合い、拳王が清宮の頭をポンポンと叩くが、清宮がその手をはたき落とす。
 フォトセッション終了後も拳王が頭をポンポンと叩き、にやけながら去ってゆく。清宮は憮然とした表情であとにした。

『【武藤引退ロード】GRAND SHIP 2022 in NAGOYA PRO-WRESTLING LOVE FOREVER.2~OUT BREAK〜』
日程:2022年09月25日(日)
開始:16:00
会場:愛知・ドルフィンズアリーナ

▼GHCヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【王者/金剛】拳王
vs
【挑戦者】清宮海斗
※第40代王者の初防衛戦

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る