【帰ってきた #プロレス今日は何の日】2013年5.13 日本武道館 小橋建太&武藤敬司&佐々木健介&秋山準vs KENTA&潮崎豪&金丸義信&マイバッハ谷口

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

【#プロレス今日は何の日】
2013年5.13 日本武道館
小橋建太&武藤敬司&佐々木健介&秋山準vs KENTA&潮崎豪&金丸義信&マイバッハ谷口っ!

小橋建太引退記念試合、そこはやっぱり日本武道館!
対戦相手は自身の付き人を務めた4人、同じコーナーには激闘を繰り広げた強敵たち!ゲスト解説には蝶野正洋!武藤がガッとロープを開けて迎え入れる!ファイナルバーニング、緑のリングに立つ小橋!選手コールには画面が見えなくなるほどのオレンジと紫の紙テープ!

強敵(とも)達と笑顔でガッチリ握手、先発を買って出る小橋!武道館のKENTAコールを受けぐっと出てくるKENTA!絶対王者と言われていた小橋に付いていたKENTA、張り手で小橋にスイッチ入れる!あらゆる種類のチョップを喰らわす小橋!
「相手の選手たち、これはもう攻撃を全部受けたいんじゃないですか?反撃じゃなくてね!もう最後だから」と笑みをこぼしながら話す蝶野!

谷口には健介と前後で挟んでチョップ地獄!
潮崎とは逆水平の打ち合いからローリングクレイドル!
金丸にはガッチリコブラツイスト!

「小橋選手は俺らよりちょっと若い、その中で三沢選手・川田選手の中に入って結構大変だったと思うんですよね。世代の間を彼がひとりでつないだと思うんですよ。彼がいなかったらどうなってたか」ええこと言う蝶野!その頃を思い出しぐっとくる!

付き人4人組の連携!潮崎がトラースキック!谷口がチョークスラム!KENTAがダイビングフットスタンプ!金丸がトドメとばかりダイビングボディプレス!
健介が緊急カット!観客席ではちびっこも泣いてる!

耐え抜いた小橋、武藤に指差し目で語る!武藤が金丸にラウンディングボディプレス!もちろん「こばしい~!!」と両手で指さす武藤!行ってよ小橋、行くぜ小橋!青春の握りこぶしから飛び立つファイナルムーンサルト!我々にガンガン響いたファイナルバーニング、これで激闘に決着だ!

ああ、今見ても泣いちゃうわ~。ほんとに泣いちゃう!笑顔、笑顔、笑顔、笑顔の小橋チーム!付き人4人ともガッチリ握手!そして高山善廣がエプロンに上がってガッチリ抱擁!PRIDEと同日開催となったあの日の激闘もここ武道館でした!

「三沢さんに、天国に届くように引退しますと言いました」武道館が三沢コール!
「今のコールは引退試合ができなかった三沢さんへのコールだと思います。嬉しいです!」
まだ我々を泣かす小橋!あなた汗でビショビショ、こっちは涙でビショビショだ!

「とうとうこの日が来ました。26年前、入門していろんなことがありました。しかし、自分で、自分自身で、決断して歩んできたプロレス人生に悔いはありません。」
「その幸せなプロレス人生を歩んでくれたファンの皆様、本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。」
「もう一度言わせてください。ファンの皆さま、私は最高のプロレス人生を送ることができました。本当にありがとうございました。」

ファンへの感謝を述べつつ第二の青春に向けて頑張ると言う小橋、「頑張る」って言葉がほんとに似あう青春の握りこぶし!
そりゃもうもう17,000人超満員の武道館みんなスタンディングオベーションですわ!
こちらこそありがとう、小橋建太!

今日もプロレス最高っ!

著者:スレンダー川口
【元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 】
バトルニュースで2周目突入!
キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、
「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら
「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」 と新旧格闘王mixでお応えします!

プロレストークライブ企画・制作・券売などお手伝いしております。
↓実績一例
「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」
「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」
「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」
「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」
「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など
その他、プロレス興行のSNS告知・販促協力もさせていただいております。
お仕事依頼やご相談頂けます際はtwitterからお気軽にDMくださいませ〜
Twitter:@slender_kg

サイト内検索

日別

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る