IP王者・乃蒼ヒカリが11・25後楽園での渡辺未詩とのアプガ対決に向け、「絶対に勝って、どこかで夢を叶えられたら」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが11月25日の東京・後楽園ホール大会に向け、同19日、東京・渋谷区のAbemaTowersで記者会見を開き、アップアップガールズ(プロレス)のメンバー同士で、インターナショナル・プリンセス(IP)王座を争う王者・乃蒼ヒカリと挑戦者・渡辺未詩が火花を散らした。

 渡辺は「私がデビューした頃はプロレスのことは何も分からず。逆にヒカリちゃんはプロレスがもともと大好きで、センスもあって。デビューしたての頃は悔しい思いばかりしてきた。でも、そんなヒカリちゃんがいたからこそ、頑張ろうって思うことができたし、負けたくないって思えたので。努力して、一昨年(辰巳)リカさんとベルトを獲ったり、今年は(東京プリンセスカップで)ベスト4になったり。努力を少しずつ自信に変えられてきた。今ここでヒカリちゃんと闘えるのはうれしいですし、ヒカリちゃんもベルトを獲って成長してるなと思うので、今できることをぶつけていきたい」と話した。

 乃蒼は「アプガ(プロレス)、同期として闘ってきて。未詩ちゃんは悔しい思いをしたって言ったんですけど、私は未詩ちゃんがずっと2歩、3歩先を歩いてるなと感じていて。デビュー当初はライバルとして、何度も闘わせていただいたんですけど。最近はお互いに目指す場所は一緒とは言え、お互いの道をたどりながら行ってる。そんななか、未詩ちゃんが私をまたライバルとして見てくれているのはうれしいなって思ってます。今回防衛すると、最多防衛になるんですよ。叶えたい夢が一つ増えたんですけど、絶対に勝って、どこかでその夢を叶えられたらと思ってます」と語った。

 最近の互いの活躍について、渡辺は「ベルトと一緒に輝くって、こんなにキラキラするんだって。ベルトを持つことでの成長を感じた。ハードコアとか電流爆破とかやっていて、自信がベルトと一緒についてきているなって。今のヒカリちゃんは強いと思います」と分析。

 乃蒼は「とんでもない技を増やしていくなって。どこかでシングルができたらなって気持ちもずっとあった。威力のある技がいっぱいあって、そこを磨いていくことですごいモンスターができたと思ってます。そこは怖いと思いつつ、チャンピオンなので強い相手にこそベルトを懸けたい」とコメントした。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る