YuuRIが「試練のシングルマッチ」で雪妃真矢に玉砕も進歩見せた!第3戦は12・19新木場でSAKIと対戦へ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 ガンバレ☆プロレスが11月7日、東京・新木場1stRINGで女子選手を中心にした興行「ガンバレ☆女子プロレス~光のロック2021~」を開催。「YuuRI“艶麗の戦乙女”試練のシングルマッチ」第2戦に挑んだYuuRIは雪妃真矢(アイスリボン)の前に玉砕するも進歩を見せた。

「試練のシングルマッチ」第1戦(10月24日、新木場)でYuuRIは朱崇花と対戦して完敗を喫しており、2戦続けて女子プロ界の大物選手との一戦となった。

 開始早々、YuuRIはドロップキック5連発で先制攻撃も、雪妃は変型キャメルクラッチ、キック連打で反撃。その後、グラウンドでのサッカーボールキックの打ち合いになって根比べ。YuuRIはランニング・ボディプレス、スリーパー、ドラゴンスリーパなどで活路を求めるも、雪妃は逆エビ固めで逆襲。これをエスケープしたYuuRIは619、ミサイルキック、マウントでのエルボー連打で攻め立てた。だが、雪妃はマウントでのチョップ連打をやり返し、スライディングキック2連発からサソリ固めで絞り上げてギブアップを奪った。

 試合後、ガンプロ大家健代表がリングインし、「この間より手応えあったと思う。あこがれの相手はたくさんいると思うけど、勝たなきゃ意味がない。弱い相手に勝ってもしょうがない。強い相手に勝つことで、プロレスラーとしての価値が上がる。今日は頑張ったと思う。オマエにはもっともっと期待したい。12月19日、新木場、(第3戦の)対戦相手を決めました。アクトレスガールズのSAKI選手。もっと頑張って強くなって倒せよ」と12・19新木場でのSAKI戦をアナウンスした。

 YuuRIは「第1戦のふがいない自分を挽回できたかどうか分からないですけど。第1戦より、いい試合ができたかなと思う。次はSAKI選手、1戦、2戦と負けてしまったんですけど第3戦は勝ちに行きます。自分にも勝ちに行きます」と気合のマイク。

 バックステージでYuuRIは「悔しいけど雪妃選手と闘わせていただいてうれしい。第1戦が朱崇花選手、第2戦が雪妃選手、第3戦がSAKI選手。こうやって強い選手と闘わせていただけるガンプロに感謝してます。まだまだ1年でキャリアが浅い新人ですけど、闘志だけは誰にも負けない。雪妃選手、強くて美しくてかっこよくて、あこがれの選手。第3戦は自分にも勝ち、SAKI選手にも勝って、いい結果を出したい」

 一方、雪妃は「前の試合がふがいなかったと聞いたけど、一生懸命向かってきてくれたので私はうれしかった。自分も七番勝負をやって、新人のときのプレッシャーとか怖い気持ちとかあったので乗り越えて頑張ってほしい。またやりたい。華やかですし、存在感あるし、経験、場数さえ踏めば大きい存在になる」と評価していた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る