“DDT10代プロジェクト”から13歳のエル・ユニコーン、18歳のイルシオンが8・21川崎でのビッグマッチで破格のデビュー!

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが8月13日、東京・渋谷区のAbemaTowersで記者会見を開き、同21日の「WRESTLE PETER PAN 2021」(富士通スタジアム川崎)での大舞台で破格のデビューを果たす、13歳のエル・ユニコーン、18歳のイルシオンがお披露目された。

 同大会ではスペシャル10人タッグマッチとして、HARASHIMA、吉村直巳、岡田佑介、今井礼夢、ユニコーン組VS岡林裕二、TAMURA、渡瀬瑞基、飯野雄貴、イルシオンの一戦が行われる。

 昨年からスタートしていた同団体の10代プロジェクトは、極秘裏で進行しており、今回2選手がデビューするに至った。

 CyberFight・高木三四郎社長は「DDTも来年25周年を迎えることになりまして、50年、100年と続く団体であるという思いでおります。DDTの未来を見てきたなかで、竹下幸之介が17歳でデビューして、現在26歳なんですけど、立派に中心選手として育ってます。新人を育成していくなかで、門戸を広げるべきじゃないかと思いまして、10代に特化したプロジェクトをスタートしました。本社であるサイバーエージェントが持つABEMAも10代が見るコンテンツに力を入れていることもありまして、そういったこともリンクしていければいいなと思っております。彼らが20歳になった段階で卒業して、DDT本体に組み込まれる形になるかと思ってます。これは通常のDDTの練習生とは一線を画しております。彼らは学生でもあるので、学業のスケジュールや諸々が許す限りは、DDTの大会に限定で参戦する形になると思います」と説明。

 弱冠13歳でのデビューとなるユニコーンは「記念すべき10代プロジェクトの最初のレスラーとして、デビューさせていただくことになり光栄です。東京五輪のスケートボードで金メダルを獲った西矢椛さんも僕と一緒の13歳で、すごく刺激を受けました。もっと練習して、川崎大会では僕が勝ちを狙っていきたいと思います。そして僕と同じ世代の人たちにもっとプロレスの魅力を伝えられたらなと思います」と、この若さで堂々たるコメント。

 イルシオンは「10代プロジェクトの選手としてデビューするからには、まずは川崎大会ででっかいインパクトを残して勝ちたいと思います。川崎の後に、8月29日の仙台でユニコーンとのシングルが組まれているので楽しみにしております。13歳のユニコーンに注目しがちだと思いますけど、イルシオンが10代プロジェクトの象徴として、10代のプロレスを世界に広めていきたいと思います。僕も東京五輪を見ていて、サッカーの久保建英選手に大きな影響を受けました。一つ上の世代でありながら、世界で闘って活躍している久保選手のように、僕も世界で闘って勝つようなプロレスラーになりたいと思いました」とユニコーンへのライバル心がメラメラ。

 デビュー戦について、ユニコーンは「対戦相手にイルシオンがいるのはすごく大きいんですけど。岡林さんという僕とは全然体が違ってムチャクチャ大きいプロレスラーがいるんですけど、力では勝てないので、技だったりでお客さんを魅了して、そのなかで一番目立ちたいと思います」と、イルシオンは「ヒートアップの16歳の今井礼夢選手もいます。10代の選手が3人いるので、そのなかで一番を取れるような試合をしたい。相手にはHARASHIMA選手もいます。これまでDDTのたくさんのベルトを獲ってきた選手もいるので、そういった選手たちも意識して闘っていきたい」と意気込んだ。

 なお、高木社長によると10代プロジェクトのメンバー募集は今後も継続し、希望者には入門テストなしで受け入れる意向だという。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る