伊藤麻希が鈴芽を退け「東京プリンセスカップ」ベスト4に進出!中島翔子、渡辺未詩も4強入りし、8・14後楽園で準決勝戦へ

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが7月31日、東京・新宿FACEで最強女王決定トーナメント「Ameba presents第8回東京プリンセスカップ」準々決勝を行い、伊藤麻希が若手の成長株・鈴芽を退けベスト4に進出した。

 伊藤はふだん通り、テーマ曲に合わせて歌いながら入場するも、まだ歌っている最中に鈴芽がドロップキックで奇襲を仕掛けた。果敢に攻め立てた鈴芽は場外の伊藤めがけてダイビング・ボディアタックを敢行。この攻撃で左目の下から流血した伊藤はヘッドバットなどで反撃に転じるも、鈴芽はリングアベル、フェースクラッシャーなどで応戦。最後は逆エビ固めから伊藤パニッシュに移行して、伊藤がギブアップ勝ちを収め、2年連続でベスト4に進出した。

 伊藤は「世界の伊藤が歌う入場曲をアイツは途中で止めやがって。世界一かわいい伊藤麻希の顔面をアイツは傷つけたんですよ。何なんですか、アイツは。すごいじゃん。こんなの痛くねぇよ! こんな傷より辛いこと、悲しいことたくさん乗り越えてきたから。もう毎日、最新の伊藤麻希を更新し続けるから。もう昔の伊藤麻希はどこにもいないから。もっともっと最新の伊藤麻希を更新し続けていきます。そして伊藤が絶対に優勝します」と優勝を宣言した。

 また、優勝候補の一角である中島翔子と辰巳リカの一戦は、辰巳がドラゴンスクリュー、足4の字固め、スリーパーなどで猛攻を仕掛けるも、耐えた中島がダブルアーム式DDTからダイビング・セントーンをさく裂させて逆転勝ち。さらに、渡辺未詩がティアドロップで愛野ユキを下して4強入りを果たした。

 この結果、瑞希、伊藤、渡辺、中島の4選手が8月14日、東京・後楽園ホールで行われる準決勝戦にコマを進めた。組み合わせは8月2日に発表される。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る