プリプリ王座争う2人は激しく闘志を燃やした!王者・山下実優は「坂崎ユカとなら、東京女子として最高の試合を見せられると思っています」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 CyberFightが5月17日、「CyberFight Festival 2021」(6月6日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に向け、同所で3大タイトルマッチの調印式を行い、「トリプルメインイベントⅠ」で東京女子プロレスのプリンセス・オブ・プリンセス王座を争う、王者・山下実優と挑戦者・坂崎ユカが闘志を燃やした。

 坂崎は「東京女子は今まで鎖国で、ほかの団体、プロレス関係の方たちと、あまり関わりを持たずに成長してきました。そんな東京女子が、こうやってプロレスの歴史上の人物の方たちと、同じリングで、さらにさいたまSAのメインのなかの一つで闘えるのがすごく感慨深いです。東京女子は今まで先輩だったり、教えていただく方に女子プロレスの方がいなくて。私たち自身でいろいろもがいて、いろいろ探して、『私たちのプロレスって何だろう?』って考えながらやってきた自信があります。なので、このさいたまSAでのトリプルメインイベントのなかで一番、東京女子が最高だったって思える試合をします。本当にアホでバカで考えなしで、真っ直ぐな、大嫌いで大好きな山下実優と、この大舞台で試合できることがとても私のプロレス人生、やってきてよかったなって思ってます。なので、明日がどうなってもいいって思えるくらい、山下に全部ぶつけますので、皆さん、東京女子から目を離さないでください」と思いの丈を吐露した。

 山下は「私は約8年前に『有名になりたい』という夢を持って東京に出てきて、東京女子に出会いました。そして、私たちの足でここまで来ました。さいたまSA、3大タイトルマッチ、トリプルメインイベント。ここに私たち東京女子のベルトを懸けて闘えるというのはすごく光栄に思いますし、ものすごくうれしいです。こうして光栄な3つのタイトルマッチのなかの一つとして並ぶ以上、気合を入れて、覚悟をもって、試合をしたいと思っています。そして、相手の坂崎ユカとなら、東京女子として最高の試合を見せられると思っています」と途中涙ぐみながらコメントした。

 トリプルメインイベントのプレッシャーについて、坂崎は「プレッシャーがないと言ったら、ウソになります。ですが、今までやってきた自信がありますし、『東京女子こんなにいい団体だよ』って知ってもらうためにも私たちが気負ってたら、負けたらダメなので。ここで山下とリングに立ちたいと思います」と話し、山下は「私も坂崎と同じ気持ちです」と同調した。

 前回の両者によるタイトル戦(20年1月4日、東京・後楽園ホール)のときとは、王者と挑戦者の立場が逆になったが、坂崎は「その試合は私が防衛することになったんですけど、試合内容に関しては全然満足してなくて。もっとできただろうって思ってたので。『山下もっと来いよ』って、今すごいフラストレーションが溜まっている状態なので。すごくいい機会が与えられたなと思ってます」とコメント。

 対する山下は「私は負けてますし、内容もまだまだできたなっていうことが溜まっているので。こうして私が次はチャンピオンとして大きい舞台に立てるってというのは・・・。私はやっぱり何度か坂崎と闘ってきて、強さもわかってますし。それをもってもやっぱり倒さないと自分がレスラーとして思い描く夢に進めないと思ってますので、すごく大事な試合だと思ってます」と話した。

「サイバーフェス」では、プリプリ王座戦を含め東京女子のフルメンバーで参戦するが、坂崎は「東京女子は本当に色がたくさんあって、ゴチャゴチャしてるように見えるんですけど、よく見ていただくとおもしろい選手がたくさんいます。今回は山下っていうことで、いつもと違うファイトスタイルだったり、心持ち、闘志、殺意があります。そこを含めて見ていただけたらいいなと思います」と語った。

 山下は「全員フルメンバーで出させていただきます。これ以上のチャンスはないですし、東京女子が先に進むための大会だと思ってます。みんなもすごい気合が入ってるので、各々の気合がどういう風に試合のなかで見られるのかっていうところを純粋に楽しんでいただければと思います」と述べた。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る