NOAHが靖国神社の奉納プロレスに初参戦!相撲出身の稲村愛輝が土俵上のリングで豪快勝利!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 27日、東京都・靖国神社にて『第19回奉納プロレス・大和神州ちから祭り~プロレスオールスター 大チャリティー祭り~』が行われ、プロレスリングNOAHがプロレスを奉納した。

 靖国神社でのプロレス奉納は、1961年4月に力道山率いる日本プロレスが例大祭にて初めて実施。まだ若手であった馬場正平(ジャイアント馬場)、猪木寛至(アントニオ猪木)らが神前試合を行った。
 その後は奉納プロレスの文化が途絶えていたが、2005年に当時のZERO1-MAXが44年ぶりに『大和神州ちから祭り』として復活させ、以降は毎年伝統行事として定着させてきた。
 今大会ではコロナ禍にあえぐ日本に元気を与えるため、全20団体から総勢54選手が集結。それぞれ熱い想いを持って奉納プロレスに臨んだ。

 この日はNOAHの提供試合として、清宮海斗&宮脇純太vs稲村愛輝&岡田欣也というNOAH生え抜きの若手4人でのタッグマッチが実施。
 普段はパートナーとして肩を並べて闘う清宮と稲村の対面に注目が集まったこの試合では、稲村がその巨体を活かしエルボーやタックルを軸に真っ向からの肉弾戦を展開。今月14日の試合後から脳震盪で欠場していた清宮はこれが復帰戦であったが、ジャンピング・ヘッドバッド、ダイビング・ヘッドバッドなど頭からぶつかっていく攻撃で快調をアピール。
 岡田もテコンドー仕込みの鋭く重い蹴りで清宮を攻め立てて存在感を発揮し、宮脇も柔道仕込みの関節技で稲村が痛めている腕への集中攻撃を見せるなどそれぞれ持ち味を生かした白熱した試合を見せていくが、最後は宮脇を無双で叩きつけて3カウント。相撲をバックボーンに持つ稲村が靖国神社の土俵の上に立てられたリングで見事な勝利を見せた。

 復帰戦を終えた清宮は「勝つことは出来なかったかもしれないけど、俺の復帰戦、ここ靖国っていう神聖な場所で出来たことは、これはやっぱり縁があると思う。この今日いただいた力もこれからの俺のエネルギーにして、俺はこれからしっかり這い上がっていこうと思います」と再びNOAHの頂を目指す覚悟を語る。

 そして稲村は「僕だけじゃなく、今日は全員『NOAHのプロレスを見せつけよう』って気持ちでやっていました。またこういう機会があれば、もっともっと進化したNOAHのプロレスを……俺だけじゃないです。僕も、岡田も、宮脇さんも、清宮さんも、全員、この生え抜き4人で見せたいと思います」と真剣な表情で語り、さらなる飛躍を誓った。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る