靖国神社のリングにライオネス飛鳥&風間ルミ&工藤めぐみが登場!ジャガー横田&ダンプ松本vs神取忍&井上京子の試合を奉納!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 27日、靖国神社で『高須クリニック presents 靖国神社奉納プロレス 第19回大和神州 ちから祭りスペシャル~プロレスオールスター大チャリティー祭り~』が開催された。

 靖国神社でのプロレス奉納は、1961年4月に力道山率いる日本プロレスが例大祭にて初めて実施。まだ若手であった馬場正平(ジャイアント馬場)、猪木寛至(アントニオ猪木)らが神前試合を行った。
 その後は奉納プロレスの文化が途絶えていたが、2005年に当時のZERO1-MAXが44年ぶりに『大和神州ちから祭り』として復活させ、以降は毎年伝統行事として定着させてきた。
 今大会ではコロナ禍にあえぐ日本に元気を与えるため、全20団体から総勢54選手が集結。その第2試合では『いいものここから「RISE TOWN」&株式会社ハールpresents 女子プロレス レジェンドタッグマッチ』と題し、ジャガー横田&ダンプ松本vs神取忍&井上京子の試合が行われることに。

 解説席にはライオネス飛鳥&風間ルミ&工藤めぐみが座り、ダンプ松本が竹刀で牽制しながら入場。
 ダンプとジャガーがラフファイトで京子を痛めつけていくが、神取が助けに入るとダンプに脇固めからジャガーを一本背負いで叩きつけスリーパースイング。さらに京子がジャガーへシットダウンパワーボムから雪崩式ブレーンバスターで叩きつけフォールするも、ダンプが竹刀でカットすると場外乱闘となる。
 解説席前で神取がダンプを羽交い締めにすると、飛鳥が竹刀攻撃でアシスト。だがダンプがマイクを奪って神取の頭を叩いていき、マイクのコードでスリーパーで絞め上げる。そのままレフェリーがカウント20を宣言し、両者リングアウトでの決着となった。

 試合を終えたジャガーは「私ももうすぐ60代。その私たちが頑張っている姿を見て『私もまだまだ頑張らなきゃ!』ってファンの方に思ってもらえたらなってみんな頑張ったと思います。お互いに、ファンの方に元気になってもらって、ファンの方に私も元気にしてもらう。それでいい方向に回っていったらなと思います。今日はありがとうございました!」とコメント。
 ダンプも「あんまり会場でこのメンバーで会う機会がないし、今はましてコロナだから試合数も少ない。こういう時しか組めないし会わないんですごく嬉しいですよね。ZERO1さんありがとうございます。是非また呼んでほしいです!」と笑顔を見せた。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る