【会見全文】15年ぶりに封印が解かれたAAAW王座の権利をめぐりセンダイガールズとマーベラスが対抗戦!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 11日、都内某所にて4月29日に大田区総合体育館にて開催を予定している『GAEA ISM』が会見を行った。

 会見には中島幸一郎GAEAISM 運営事務局長、長与千種、里村明衣子の3名が出席。メインイベントで行われる試合が団体対抗戦となり、15年ぶりに封印が解かれるAAAW王座の権利が賭けられる事となった。
 経緯に関してまずは中島事務局長から説明が行われた。

中島事務局長「まずこちらにございますAAAW王座につきまして、ここにあります3本のベルトはGAEA JAPAN解散後15年間封印されていた、真ん中にあるのがAAAWシングル王座、左右にあるのがAAAWタッグ王座のベルトになります。AAAWはオール・アジア・アスリート・ウィメンズの略称であり、1996年11月2日、GAEA JAPANシンガポール大会でタイトルが創設され、長与千種選手がAAAWヘビー級シングル、里村明衣子選手が加藤園子選手とのタッグでAAAWジュニアヘビー級タッグの初代王者となりました。以後このタイトルはオール・アジア・アスリート協会が管理し、1998年7月には名称をAAAWシングル王座、AAAWタッグ王座に変更しベルトのデザインを改定。タイトル戦は年2回のビッグマッチと後楽園ホール大会を中心に開催され、GAEA JAPAN10年の歴史の中核となりました。2005年4月のGAEA JAPAN解散興行においてシングル・タッグの最終王者(シングル=アジャコング、タッグ=植松寿絵&輝優優)がタイトルを返上、その後ベルトはシンガポールのAAAW協会に返還しておりました。
 そこから約15年が経過した今年、2020年4月の後楽園ホール大会が延期となり、2021年4月29日大田区大会が決定した折り、シンガポール在住の元AAAW協会理事よりご連絡いただき、GAEA ISM開催にさいしAAAW王座も是非復活させ女子プロの発展に生かしてほしいとメッセージをいただき、このAAAW王座をGAEA事務局に一任するとの了解をいただきました。このような経緯をもってGAEA ISM運営事務局は、長与千種選手、里村明衣子選手も幾度と巻いたこのベルトの封印を15年ぶりに解き、GAEA ISM4・29大田区総合体育館大会で復活させることを決定致しました。そして4・29GAEA ISMのメインイベントは、仙女とマーベラス、両団体の選抜選手たちによる団体対抗戦とし、メインイベントの勝利団体にこの3本のベルトを含むAAAW王座の全権利を譲渡することと決定いたしました。選抜選手のメンバーや試合形式は現段階では未定となっておりますが、団体対抗戦である事を考慮し、複数選手同士による試合が望ましいと考えております。
 そして今回運営事務局として4月29日、AAAW王座を復活させる理由は3つあります。
 一つは、GAEA ISMという概念が、両団体の若い選手にとっても、ファンの皆様にとっても、ベルトという目に見える形になるということ。一つは仙女とマーベラス、GAEAの血を受け継ぐ両団体の決着戦の舞台に、GAEA10年の歴史そのものであるAAAW王座をかけることで、このメインイベントがGAEAの過去と未来が融合する大会。まさにGAEA ISMを体現する試合となること。そして最後の一つとしてAAAW王座を未来に託す事で、4・29以降の女子プロ界に発展につながればという願いを込めております。私からは以上となります」

里村「このGAEA JAPANのAAAWのベルトは、私がデビューした時はまだ新設されていなくて、一年ぐらい経った時に新設した時にはまだ私もド新人だったので、このベルトは雲の上の存在でしたけども、ちょうど2000年になった時に初めてアジャコング選手からとったベルトです。このベルトがすごく強くしてくれましたし、里村明衣子という格を上げてくれたと思っています。すごくGAEA JAPANのなかの歴史にとっては外せないタイトルだと思います。ですが私はGAEA JAPANが解散した2005年から、15年間途切れること無くセンダイガールズで活動してきて、GAEA JAPANのGAEA ISMというものはもちろん持っていますし、それプラス自分の団体に里村明衣子イズムというものも付け足して若手に指導してきたつもりです。今回15年ぶりにこのベルトが復活したということは、若手がその歴史をさらに知ることによって、さらに自分の過去の歴史の重みというものを知った上でもっと強くしてくれる試合になると思いますので、ここはセンダイガールズは負けられないなという認識です」

長与「久々にこのベルトを見て、感無量でございます。あの、熱い熱い14年間のGAEA JAPANの戦いの中で、このベルトを主軸にし、様々な選手たちが戦いを繰り広げ、腰に巻いたベルトです。沢山の選手だった人たち、これを見たらきっと、驚くことだと思います。なぜならば、そのすべての試合がその選手たちの全てのプライドだったと思います。全権利を賭けての試合。頭の中で、すぐに構想が広がります。里村選手がアジャコング選手から3カウントを奪って、やっと勝てた時、やっと勝てた時のあの横浜文化体育館。覚えてます。手に負えないようなベルトが、目の前に来ました。まさしくもう、運命だと思います。センダイガールズの、チャンピオンベルトを、今現在橋本千紘選手が巻いております。そしてジュニアのベルトは、星月芽衣が巻いております。どうせならば、全部欲しいです。それぐらいマーベラスにはベルトに縁がない。ベルトを持つことをしなかった団体でございます。取りに行くときには、欲張りなので、全部欲しいなという気持ちにはなりますが、15年間、歴史を紡いできたセンダイガールズのベルト、興味あります。興味めちゃくちゃあります。と同時に、この里村明衣子が巻いたベルト、両方興味あります。託していきたいと思います。勝負をかけていきたいと思います。その前に欲張りなので、構想が膨らみます。今、横でこうやって見てますが、人に巻かれた形跡がないです。あの、GAEA JAPAN解散後、そのままの形をしてます。非常にベルトが巻かれたがっているのだと思います。人の形にフィットする、素敵なベルトとなってくれると思いますので、託していきたいと思います。よろしくお願いします」

――まだ未定ということですがメインの対抗戦の形式、何人ぐらいでどんな選手というの構想はありますでしょうか?
中島事務局長「現在対戦カードは調整中となっているのですけども、団体対抗戦という形式になりますので、タッグなのか6人タッグなのか、団体同士の多人数での対戦が望ましいのではないかなというのは実行委員としては考えております」

――複数人数タッグなのかイリミネーションなのか、個人戦何試合なのか形式はどうあれ複数人数でと
中島事務局長「そうですね。シングルマッチというよりはタッグや6人タッグといった多人数形式で団体対抗色の出る試合形式でと考えております」

――両選手は今そのベルトを目の前にしてどんな思いが蘇ってきますか?
里村「このベルトは私の青春そのものだったので、10代の時から20代半ばまでの全てをかけたベルトでした。あれからもう15年たってますけど、少しずつベルトの形という、形と価値は変わってきてますけど、里村明衣子が持っていたベルトという価値は落としたくないので、その価値は、おそらく今度かかる、メインイベントの選手たちがしっかりと紡いでいってくれると思ってます」

長与「本来であれば、個人的に見たいカードだなって思うのは橋本千紘vs彩羽匠。これを見たかったです。だから、橋本選手も場力があると思います。そのむねですね、先程とちょっと重複しますが、タッグマッチなのか6人タッグマッチなのか、その中で争いをしてほしいということは、私からも要求はしております。そして、あまりにも重すぎます。はっきり言ったらこのベルトは重すぎます。なぜならば、巻いた歴代の選手たち、すごい選手ばかりです。どこかの、例えばマーベラスがポンとどっかで作ってきたベルトとはわけが違います。ですから、死闘となることはもう覚悟させることで、リングに上げていきたいと思います」

――里村選手、獲った場合はセンダイガールズのタイトルと重複しますがどのようにされるかお考えはありますか?
里村「最初譲渡権をかけるという試合になるということを聞いて、私ちょっとピンとこなかったんですけど、センダイガールズ現時点でベルトはあるので、シングルとタッグベルトとジュニアのベルトがありますので、これを獲ったあかつきには、道場で神棚代わりに飾って、選手たちのプロ意識がそれで高まっていくんじゃないかなと思いますので、今までの全ての、GAIA JAPANの歴史までを勝ち取っていくつもりで闘わせます」

長与「私は回していきます。こんなに美味しいベルトはございません。ですから譲渡権てかかった時に、センダイのベルトも、もらえると。欲深な人間なので、どうせだったら全部もらいたいです。その全部を日本なのか、それとも他国なのか、それを賭けていろんなビジョンが頭の中に浮かびます。ですから全部欲しいです。回していきます」

――里村選手は神棚代わりにという事でしたが、タイトルマッチをやっていくというよりかはGAEAの歴史を受け継ぐ権利を対抗戦でもらうという意識が強いですか?
里村「はい。ベルトに関してはセンダイガールズはセンダイガールズのベルトがありますので、ベルトを引き継ぐというよりはしっかりと道場に飾っておきたいという意思です」

――センダイガールズという団体はGAEAの流れを自分たちで引き継いできたというプライドはあると
里村「もちろんプライドはありますね。そのプライドというのはマーベラスという団体が、長与さんが旗揚げした時からセンダイガールズとしての団体をもっとしっかり確立していかなきゃいけないと思い始めました。ちょうど弊社の選手とマーベラスの選手は同世代の選手が多いので、そういった意味でも今すごくバチバチした対抗意識が芽生え始めてるところで。これが去年の4月にこのGAEA JAPANの興行をやったとするならばまだそこまで芽生えてなかったと思うんですけど、これが一年経った時に選手も一年成長して、さらに対抗し熱くなってきてる状態でのこのタイトルの譲渡権をかけた試合は私はすごく熱くなるんじゃないかなと思います」

――4月の大田区大会に向けての『Road to GAEAISM』は、現在半分ぐらいが日程的には過ぎて中盤戦に差し掛かるが、これまでの闘いを見ていかがでしょうか?
中島事務局長「星取りに関してもほぼ五分五分という状況に今なってると思うのですけども、残り一ヶ月半、まさに先ほど冒頭でお話したんですが、GAEA ISMという形のないものに選手の皆さんモチベーションを上げて闘っていた状況だったんですが、とくにメインイベントに関してははっきりとベルト、AAAWの権利が明確に見えるようになってきましたので、これ以降また選手のモチベーションですとか戦い方というのも変わってくるんじゃないかなと考えております。ただ、とくに星取りの数を競ってるわけではありませんので、あくまで決着戦は大田区のメインイベント、AAAWを賭けた対抗戦という形になってくると思います。
 もう一度AAAWの権利譲渡に関して補足説明させていただきますと、ベルトは今タッグ、シングルあわせて3本あるんですが、このベルトを含む後ろのフラッグも含めてということなんですけども、タイトルの運営権を全て勝利団体に譲渡するという形になりますので、里村選手おっしゃってた、長与選手がおっしゃっていた形ももちろん可能です。団体の新設のベルトとしていただくもよし、ダブルタイトルとしていただくもよし。逆に団体のベルトとはせずに、女子プロ全体で使っていただくベルトとしてももちろん構いません。譲渡ですので、どのように、もちろん里村選手がおっしゃっていたように、象徴として扱っていただくもよしですし、極端な話をすれば別のところに譲渡していただいてもかまわない。それは私のほうが両団体を信頼してこのAAAWタイトルをおまかせするという意識でおりますので、メインイベントのAAAW王座権利マッチご期待いただけましたらと思います」

『GAEAISM-Decade of quarter century-』
日程:2021年4月29日(木・祝)
開始:15:00
会場:大田区総合体育館

<出場予定選手>
センダイガールズ所属選手/マーベラス所属選手/他

関連記事

サイト内検索

日別

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る