【#プロレス今日は何の日】1999年2・21 RINGS横浜アリーナ 前田日明引退試合

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

【#プロレス今日は何の日】

1999年2月21日 RINGS 横浜アリーナ
前田日明引退試合!

遂に迎えた前田日明vsアレキサンダー・カレリン!遂に迎えた引退試合!
カレリンはこの時オリンピック3連覇、世界選手権8連覇中!191cm、134kg体脂肪率は10%を切る仕上がり!霊長類最強のレスラーといっても全く文句なし!

192cm、117kg、ラストマッチ・The Finalにビシっと仕上げてきたアキラ兄さん!年齢は兄さんが8つ年上、ヒザやらその他ケガも心配、前年7月から7か月ぶりの試合!
わかってます、わかってます!わかってますけど『前田だったらひょっとして…』と希望を込めて観ましたよ!

5分2ラウンドマッチ、さあ最後のゴング!
様子を見ることなくビッシビシ叩き込むローキック!右ハイはかわされるも打撃でいけそうな前田!
グワっとがぶってあの前田を振り回し押さえつけるカレリン!ものスゴイ力だってことがすぐ分かる!

スタンドから首を抱えたカレリン、グンっと首極めのそり投げ!しかしロールした前田が片足タックル!足を取るもその足の力が強すぎて起こせない!しかし素早くアンクルホールド!これでカレリンがエスケープ!

ローを食らいながらもググっと詰めて前田を転がすカレリン、首を極めながら立ち上がるとグンっと首投げ!亀の状態の前田をガッとつかむと「ああ~!カレリンリフトだあ~!」前田を天地逆に持ち上げ、左にひねりながら頭から落とす!
バウンドする前田!
実はここ前田がこらえているところをグンっと引っ張り上げてます。密着してるのではなく自分が体を起こしてから前田と隙間が空いてるのをぐっと引き上げてるんです!

グッグッと左腕を取りながら立ち上がるカレリン、まだ投げを狙うのか?左を取られながらもスタンドになると前田が右でボディブロー!右ボディをもうひとつ、首を抱えて左ヒザ、右ヒザ!しかし前田の右わきを差し、自身もグルんと横回転して投げを放つカレリン!前田がこんなに投げられるなんて!!!

2R開始!
ロー、掌底、バックステップで距離を取って掌底からヒザ、打撃を繰り出す前田!
カレリンが一本背負いか投げの体制に入ったのを潰した前田、すかさずスリーパー!
『取った、取ったぁ!』と思ったのもほんの一瞬、ぐっと腰を起こし前田の頭を引っ張り倒すカレリン!「ぐいっとやって返す」って!!そして袈裟固めで前田がエスケープ!

ババっと距離を詰め首を取って潰してくるカレリン、うつぶせになると強烈なネルソンが来るため仰向けのガードポジションを取る前田!

スタンドに戻るとローを蹴りこむ前田、またも構わず距離を詰め首投げを繰り出すカレリン!首を詰まらせる袈裟固めで二つ目のエスケープを奪取!ゲホッゲホッとむせる前田、喉まで圧迫する袈裟固めなのか!

ここで残りあと半分!
タタっとステップのフェイントを入れバッと距離を詰め、左ヒザを食らいながらも前田の左わきに自らの頭を差してそり投げ!カレリンが肩固めに入るも前田が上手く回転し決まらないと見るやカレリン自ら立ち上がる。でもちゃんと前田の頭を押さえながら立ち上がってます。

ファイアーマンズキャリーを狙った前田、又に手をかけ上半身を引っ張っても全然動かないカレリン、またも前田を潰して低い体制でカレリンリフト!そしてやっぱりネルソン!常に首を極めに来るカレリン!

スタンドに戻って掌底を放つ前田!かいくぐってバックを取るカレリン!ガッと腰を落としているためヒザ十字も取らせない!投げられないとみるや前田を押し亀の状態に持っていく!カレリンが首を抱えたところで遂に終了のゴング!

互いの健闘をたたえ合い抱き合う両雄!
やりきったアキラ兄さんと応援しきった我々!
感傷に浸ることなく今まさに戦うアキラ兄さんに魅せられました!

試合後のインタビューであったように「人類最強の男からファーストエスケープを奪った男」はアキラ兄さんです!
あらゆるオファーを断ったカレリン生涯唯一のプロマッチ、こりゃもうリングスロシア勢との信頼関係あってのことですな。RINGSロシア代表:パコージンさんありがとうございました。

アキラ兄さんがRINGSで掲げた“ファイティングネットワーク構想”により、RINGSの解散までに10カ国が加盟し、そこから前田がヴォルク・ハン、エメリヤーエンコ・ヒョードル、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラら日本の総合格闘技ブームを支えた名選手たちを発掘することになりました。
RINGSと提携した空手団体『正道会館』が後に格闘技イベントである『K-1』の母体になったことからも、日本の格闘技界に大きな影響を与えた団体であったと言えます。
THE OUTSIDERをプロデュースし、今や誰もが知る朝倉兄弟を輩出するに至りました!(シバターも出てましたもんねw)
新日本プロレス、UWF、RINGSと戦い続けた“格闘王”前田日明がいなければきっと現在の格闘技界も無かったはず!
ありがとう、アキラ兄さん!

今日もプロレス最高っ!

著者:AJスレンダー
【元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 】アメブロで365日分書き溜めております!
https://ameblo.jp/ajslendertokyo
キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、
「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら
「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と
新旧格闘王mixでお応えします!

プロレストークライブ企画・制作・券売などお手伝いしております。
↓実績一例
「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」
「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」
「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」
「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」
「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など
その他、プロレス興行のSNS告知・販促協力もさせていただいております。
お仕事依頼やご相談頂けます際はtwitterからお気軽にDMください。
Twitter:@ajslendertokyo

サイト内検索

日別

2021年2月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

月別

ページ上部へ戻る