【会見全文】なべやかんが体重差90kgの伊橋剛太を相手にBBW無差別級王座防衛に向け気炎!BBJ正規軍がベルトをすべて失ったダンカンプロレス軍団を根絶宣言!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 18日、都内・ベストボディジャパンスタジオにて、今月22日に新宿FACEで開催される『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~WEDNESDAY NIGHT 2021~』についての記者会見が行われた。

 ベストボディ・ジャパンプロレスリングとは、『トレーニングの文化、身体づくりの文化をもっと日本中に広めたい』という思いから発足し、47都道府県全てで開催するまでに成長した『ベストボディ・ジャパンコンテスト』を起点とし、元DDTプロレスの谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表が「プロレス界でも健康美や肉体美を活かして活躍する選手がベストボディ・ジャパンから出てきてもいいんじゃないか」という想いを持って2018年8月に旗揚げしたプロレス団体。
 昨年上半期はコロナ禍によって大会を自粛してきたが、昨年8月から再始動し今年は1月から大会を開催。今大会もマスクの着用の義務化や手指・リングの消毒など感染症予防対策を万全に期して大会に臨む。

 会見に出席したのは、谷口智一CEO、なべやかん、吉田和彦、伊橋剛太の4名。

 まずは谷口CEOが挨拶を行った。
谷口智一CEO
「本日はお集まりいただきまして誠にありがとうございます。未だ緊急事態宣言が解除されない中ではありますが、2月も嬉しいことに大会を開催できることとなりました。前大会では、大会開始時間を早めたり入場時の演出を簡略化したりといった工夫、そしてお客様の規制退場へのご協力も得られまして、20時に大会を終えることが出来ました。今大会も感染症対策は万全にしつつ、リング上のパフォーマンスを落とすこと無く全5試合をお届けしたいと思っております。
 僕の試合に関して言えば、ベストボディコンテストを一緒に運営している吉田さんと初のタッグを組ませていただくということで、これは嬉しいですね。対戦相手が僕の同期の高尾と、KO-D無差別級王座から陥落して落ち込んでいるであろう遠藤選手。僕が2018年にプロレスに復帰したときに、やかんさんとのタッグで2人と対戦して負けてるんですよ。この2人とはそのとき以来の対戦なのでリベンジを狙いたいですし、強敵ではあるのですが、精神的な隙に付け込んで一気に勝ちを狙っていきたいと思います。
 そして、もう1人の対戦相手は、13日夜の地震で福島におられて被災された松野さん。まだまだ大変な状況中でも参戦していただけることとなり本当にありがたく思います。コンディションの調整などにも苦労されるとは思いますが、リングの上で戦う姿を見せて皆に元気を与えてくれたらと思います。ただ、リングの上では僕らも本気で勝ちを狙っていきたいと思います」

――セミファイナルでは石井慧介&鈴木悟&唐澤志陽 with バキュームけーすけvs大石真翔&諸橋晴也&大和ヒロシという、BBJ正規軍vsダンカンプロレス軍団(DPG)の対抗戦が組まれました
谷口「前回大会で大和選手&諸橋選手もタッグ王座を失って、その前の大会では山中選手が女子王座を、さらにその前の大会ではベストボディ・ベイダーが無差別級王座を失って、今DPGは1本もベルトを持っていない状態ですよね?我々正規軍が順調にベルトを取り戻してDPGも壊滅寸前ということでね、石井選手、鈴木選手、唐澤選手の3人には是非ともDPGの勢いを完全に止めて、アイツらを追い出して欲しいと思います!」

 しかし、ここで出席予定のなかったセコンド枠のバキュームけーすけが会見に乱入し、谷口に食って掛かる。

けーすけ「おいおいお~い!偶然!ぐぅ~ぜん通りかかったから来てみれば!また俺を無視して話進めてぇ!」
谷口「呼んでもないのに来ないでください」
やかん「大声出すと飛沫が飛ぶんで静かにしてください」
けーすけ「なんでそんな冷たいんや?!俺もベストボディ・ジャパンプロレスのメンバーや!正規軍として闘う準備はいつでも出来てる!」
谷口「いや、あなた練習あんまり来ないじゃないですか。試合出せないですよ、そんな人……」
けーすけ「うるさ~い!俺がセコンドだけで終わると思ったら大間違いや!やったるからな!絶対インパクト残したるから覚えとけ!」
(※言うだけ言ってけーすけが去っていく)
やかん「何しに来たんですかね、あの人は……」

吉田和彦
「谷口会長と組ませていただくのは非常に光栄ですし、心強いと思います。そうはいってもベテランの中で私だけ初心者ということもありプレッシャーも大きいんですけど、埋もれずにしっかり試合の中で頑張って欲しいと思います。……あと、コンテストの審査員として気になるんですけど、対戦相手の中で高尾選手は唯一コンテストに出場されていないんですよね。試合を通して彼にもコンテストに興味を持ってもらえたらと思います」

やかん「吉田さんが高尾選手からフォールを取ったら、高尾選手がコンテストに参加するっていうのはどうですか?」
吉田「えっ……いや、それは流石に……」
やかん「そうしましょう、そうしましょう!気性の荒い吉田さんが勝って、高尾選手をコンテストに引っ張り出します!」
吉田「ええと、ハイ、じゃあそれで……」
やかん「決定です!吉田さん気性が荒いんで!(笑)」

 続いて、メインイベントでBBW無差別級王座をかけて闘う王者・なべやかんと伊橋剛太の調印式が行われた。
 やかんはBBJ正規軍のエースとして昨年8月にDPGから至宝を奪還。“ベストぽっちゃり軍”所属としてユニットは異にする伊橋だが、昨年より打倒DPGを掲げて正規軍と活動をともにしており、先月大会では大鷲透とともにBBWタッグ王座を戴冠。
 同じ『BBJを大きくしていきたい』という志を持つ2人がメインイベントで対決する形となり、決戦を控えた両者が意気込みを語った。

――伊橋選手、前回大会で見事タッグ王座を獲得され、満を持してやかん選手の持つ無差別級王座への挑戦が決定しました
伊橋「前回の会見でも言ったとおりになってしまうかも知れないんですけど、僕と谷口さんは同期の絆があるんですよ。苦しいときに一緒にいてくれた谷口さん。この谷口さんが立ち上げてくれた団体であるベストボディ・ジャパンプロレス。ここの王者になるために、僕は精一杯がんばります。それ以上に言うことはありません!」

――やかん選手、今の伊橋選手の言葉を聞いて、王者として思うことは
やかん「この団体が立ち上がって、僕のデビュー戦の相手が伊橋さんでした。それから約3年経ちまして、自分がどれだけ成長できたのかも見てもらいたいという気持ちもありますんで、伊橋さんには思い切りぶつかって、そしてこのベルトを守りたいと思います。そして、伊橋さんと大鷲さんにはダンカンプロレス軍団という鬱陶しい連中を排除してもらいました。今まで好き勝手やられてたんで、これからはホントにベストボディ軍と一緒に団体を盛り上げてくれるぽっちゃり軍という助っ人と一緒に頑張っていきたいと思います。そのためにも今回もメインは最高の試合をしたいと思っています。伊橋さん、いい試合を、正々堂々とよろしくお願いします!」
伊橋「お願いします!」
(※両者は固く握手)

――やかん選手、伊橋選手とは体格差もかなりあると思うのですが、どのように戦っていきますか
やかん「いやぁ、身長で言えば僕が156cmで、伊橋さんが158cm。2cm差しか無いんですけど……伊橋さん、何kgでしたっけ?」
伊橋「130kg……って(DDTの)HPとかには書いてあるんですけど、ちょっと最近太っちゃったんで、今は140kgちょいあると思います」
やかん「僕が今54kgなんで……90kg近く体重差あるじゃないですか?!……まあまあ、体の小さい僕が重たい選手相手にどう戦っていくのかも楽しみにしていただけたらと思います」

『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~WEDNESDAY NIGHT 2021~』
日程:2021年2月24日(水)
開始:18:30
会場:東京都・新宿FACE

▼6人タッグマッチ
大鷲透(フリー)/政宗(フリー)/ライジングHAYATO(愛媛) with キューティエリー・ザ・エヒメ(愛媛)
vs
アントニオ小猪木(西口)/島谷常寛(フリー)/チェリー(フリー)

▼女子タッグマッチ
進垣リナ(2AW)/竹林早苗
vs
赤井沙希(DDT)/山中絵里奈

▼6人タッグマッチ
谷口智一/佐藤恵一(フリー)/吉田和彦
vs
高尾蒼馬(DDT)/遠藤哲哉(DDT)/ゴージャス松野(DDT)

▼6人タッグマッチ
石井慧介(ガン☆プロ)/鈴木悟(フリー)/唐澤志陽withバキュームけーすけ
vs
[ダンカンプロレス軍団]大石真翔(DDT)/諸橋晴也(フリー)/大和ヒロシ(フリー)

▼BBW無差別級選手権試合 
【第2代王者】なべやかん
vs
【挑戦者/ベストぽっちゃりジャパン】伊橋剛太(DDT)

関連記事

サイト内検索

日別

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る