“Hカップグラドルレスラー”白川未奈が誕生日当日の試合中に鼻骨骨折!全治二ヶ月の診断を受けるも「鼻は折れても心は折れない」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 26日、東京都・後楽園ホールにてスターダム『STARDOM YEAREND CLIMAX 2020』が行われ、6人タッグ王者のCOSMIC ANGELSがDonna Del Mondoに敗北した。

 COSMIC ANGELS(宇宙の天使)とは、“宇宙一かわいいアイドルレスラー”中野たむが“Hカップグラドルレスラー”白川未奈と、“Gカップグラドルレスラー”ウナギ・サヤカとともに結成したユニット。
 当初はSTARS内で結成されたユニット内ユニットという形だったが、これがたむの独断行動であったため岩谷と対立。STARS内で冷戦状態にあったが、今月16日にCOSMIC ANGELSがアーティスト・オブ・スターダム王座(6人タッグ王座)を戴冠し、STARSとの決戦を要求。20日の大阪大会で見事防衛を果たし、STARSからの完全独立を宣言していた。

 そしてこの日、COSMIC ANGELSはたむと因縁深いジュリア率いるDonna Del Mondoと対戦。ジュリア&朱里&舞華vs中野たむ&白川未奈&ウナギ・サヤカの6人タッグマッチで行われたこの試合では、誕生日当日を迎えた白川が捕まる展開となり、ジュリアが「お誕生日おめでとう!何歳になったの?ねえ、何歳になったの?」と煽ると村山大値レフリーが「年齢のことを言うんじゃないよ!」と激怒のフォロー。白川も精神的なダメージを受けつつジュリアにジャンピングバックエルボーを叩き込んで33歳の意地を見せつける。
 たむがバックアップする中でウナギが攻め込んでいき、大ふへん固めや今月生み出した新技の“これより我は修羅に入る!”(フロッグスプラッシュ)なども繰り出していくが、朱里の膝蹴りから舞華が炎華落としで叩きつけて3カウント。アーティスト王者が6人タッグでまさかの敗戦を喫した。

 ジュリアら3人がバックステージに戻ると、なぜかコメント撮影のカメラマンをひめかが務めているサプライズがあり、和気あいあいとコメント。
 朱里は「アーティストのベルトを持ってるCOSMIC ANGELSがどんな感じなのかと思って試合をしたけど、まだまだうちらの強さには及ばないなって分かったけど、熱い何かを感じた気がしていて。次にまた当たる時が楽しみかなっていうワクワク感が生まれたかな」と評価。
 そしてジュリアも「まあ、人って変わるもんだから、これからどうCOSMIC ANGELSが変わっていくのか見ものじゃないかなって」と、自身のスターダム入団後の肉体改造や女子プロレス大賞受賞などの大飛躍を念頭に置いてか、COSMIC ANGELSの今後に期待を寄せた。

 しかし大会翌日にスターダムより白川が鼻骨骨折により2ヶ月の欠場となることが発表され、これに関して白川は「昨日の試合で鼻を骨折し、しばらくの間欠場させて頂く事となりました。全治2ヶ月と診断を受けております。欠場及びカード変更等、大変申し訳ございません。悲しい気持ちにさせちゃった分、パワーアップして帰ってきます。鼻は折れても、心は折れないのが白川未奈です!!待っててね!」とコメントを寄せた。

 DDMは新日本プロレスの1・5東京ドーム大会で行われるスターダム提供試合に5人フルメンバーでの出場が決定しており、王者組でありながら一人欠けることとなったCOSMIC ANGELSとユニットとしての勢いの差を感じさせた。

『バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム』
日程:2021年1月5日
会場:東京ドーム
開始:17:00

▼スターダム提供試合 20分1本勝負
岩谷麻優/中野たむ
vs
[Donna Del Mondo]ジュリア/朱里

▼スターダム提供試合 20分1本勝負
[Queens Quest]林下詩美/上谷沙弥/AZM
vs
[Donna Del Mondo]舞華/ひめか/なつぽい

関連記事

サイト内検索

日別

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る