3VS3綱引き戦は「オールアウト」が「準烈」に勝利!秋山準、竹下幸之介は11・3大田区での一騎打ちに向け、いよいよ臨戦態勢!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 竹下幸之介が率いる「オールアウト」(竹下、彰人、勝俣瞬馬)が、27日の後楽園大会で、「準烈」(秋山準、大石真翔、渡瀬瑞基)と3VS3の綱引きマッチを行い、2勝1敗で勝利した。

「準烈」リーダーの大石真翔の提案で実現した、昭和プロレスさながらの綱引き戦。オープニングで両軍が綱を引き合って、組み合わせと試合順が決まり、各試合は10分1本勝負で行われた。

初戦では竹下が大石と対戦。竹下は大石のテクニックにいささか時間を要したが、時間切れ寸前の9分55秒、カバージョ2020でギブアップ勝ち。

 2戦目は彰人が秋山と激突。彰人は得意の足関節技で攻め立てたが、秋山のエクスプロイダーを食って、ペースを乱された。これをカウント2で返された秋山は顔面へのヒザ蹴り3連発から2発目のエクスプロイダーを繰り出すと、フロント・ネックロックで絞め上げて彰人は失神し、秋山のTKO勝利。

 1勝1敗で迎えた3戦目は勝俣VS渡瀬となった。渡瀬は場外の勝俣めがけてトップロープからミサイルキックを見舞うなど、果敢に攻め立てたが、勝俣のバズソーキックを食ってごう沈。この結果、2勝1敗で「オールアウト」が「準烈」を制した。

 竹下は「これで3VS3も、しばらく『準烈』とはいいやろ。『オールアウト』の完全勝利で勝ち逃げしましょう」とマイク。

 バックステージで、竹下は「『オールアウト』の完全勝利です。ボクは9分55秒で、ギリギリでした。15分から20分の試合を得意としてるんで、いつものペースで闘おうとして、圧勝ですけどギリギリ。『準烈』は秋山準だけ」とコメント。

 秋山は「『秋山準だけじゃない』って言うなら勝てよ! 今日の(大石の)攻め手は、11月3日の闘いに役に立つ。参考になった」と、竹下との一騎打ちを意識していた。

「準烈」は「負けたら坊主」とのコメントを残していたが、「責任取って、岡谷(英樹)が坊主にします」(大石)、「オレが今急いで坊主にしたじゃないか。ちょっと剃ったんだよ」(秋山)と発言していた。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×