【試合詳細】9・5 スターダム新木場大会 岩谷麻優vs小波 渡辺桃vs刀羅ナツコ ジュリアvs上谷沙弥 AZMvsジャングル叫女 スターライト・キッドvsひめか 中野たむvsDEATH山さん。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『STARDOM 5☆STAR GP 2020』
日程:2020年9月5日(土)
開始:12:30
会場:東京都・新木場1stRING
観衆:140名(コロナ対策限定人数)

▼3WAYバトル 15分1本勝負
[ドンナ・デル・モンド]○舞華
3分47秒 舞華カッター→片エビ固め
[TOKYO CYBER SQUAD]●吏南
※もう1人は[大江戸隊]鹿島沙希

▼羽南復帰戦 タッグマッチ 15分1本勝負
[STARS]●羽南/飯田沙耶
6分3秒 エアレイド・クラッシュ→片エビ固め
[Queens Quest]妃南/○林下詩美

▼レッドスターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[STARS]○中野たむ【2勝0敗0分=4点】
4分12秒 タイガースープレックス・ホールド
[TOKYO CYBER SQUAD]●DEATH山さん。【0勝2敗0分=0点】

▼レッドスターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[STARS]●スターライト・キッド【1勝2敗0分=2点】
8分32秒 アルゼンチン・バックブリーカー
[ドンナ・デル・モンド]○ひめか【3勝0敗0分=6点】

▼ブルースターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[Queens Quest]●AZM【1勝2敗0分=2点】
9分41秒 ダイビングボディプレス→体固め
[TOKYO CYBER SQUAD]○ジャングル叫女【1勝2敗0分=2点】

▼レッドスターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[ドンナ・デル・モンド]○ジュリア【2勝1敗0分=4点】
11分28秒 グロリアス・ドライバー→片エビ固め
[Queens Quest]●上谷沙弥【0勝2敗0分=0点】

▼ブルースターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[Queens Quest]●渡辺桃【1勝2敗0分=2点】
9分9秒 体固め
[大江戸隊]○刀羅ナツコ【1勝2敗0分=2点】

▼レッドスターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[STARS]●岩谷麻優【1勝2敗0分=2点】
13分39秒 トライアングルアームロック
[TOKYO CYBER SQUAD]○小波【2勝1敗0分=4点】

小波が赤の王者・岩谷からギブアップ勝ち!叫女がハイスピード王者・AZMに勝利し王座戦をアピール?!ひめかがキッドに快勝して無敗独走!TCS解散をかけた闘いは28日の後楽園へ!

第1試合


 ゴングと同時に舞華と吏南がアイコンタクトも無しに鹿島に突っ込んでいき、ロープに振って2人でダブルチョップ。さらに吏南が舞華にボディスラムを狙うが、舞華が耐えてボディスラム3連発。

 これを鹿島がカットすると再び2人は鹿島に向かっていくが、鹿島はダブルのフェイスクラッシャーで2人まとめて叩きつけ、舞華をコルバタでロープ際まで放り捨ててから貫通ビッグブート。さらにボディスラムを狙うが、舞華が耐えて逆にブレーンバスター。舞華が鹿島を引き起こそうとすると、その背後から吏南が忍び寄ってスクールボーイ。舞華がキックアウトするとすぐに鹿島がごっつぁんフォールを狙い、吏南が鹿島に低空ドロップキックを見舞ってカット。

 吏南は舞華にウィングクラッチホールド、これを返されると払い腰からの袈裟固めに捕らえ、鹿島がカットのために放ったフットスタンプを回避して舞華にだけ被弾させる。吏南は鹿島へグラウンド卍固めを狙うが、決まり切る前に舞華がカットし、鹿島をロックボトムで叩きつける。舞華が起き上がった瞬間に吏南がランニング大外刈で叩きつけるが、鹿島が吏南をドロップキックで吹き飛ばして舞華に起死回生。吏南がこれをカットすると、舞華は鹿島にラリアット、吏南に無双を見舞い、最後は舞華カッター(クロスアーム式STO)で叩きつけて3カウント。

第2試合


 この日が復帰戦となる羽南は、観衆の拍手にはにかみながら飯田とSTARSのポーズを確認してから観衆へ向けて2人でポーズ。
 羽南と妃南でゴングが鳴ると、腕の取り合いからグラウンドでの首の取り合い、ヘッドシザースの応酬を経てクリーンブレイク。羽南と飯田は2人で妃南をロープに振ってドロップキックを見舞い、羽南がボディスラムを狙うが妃南が耐えて逆にボディスラムで叩きつけ、巴投げを2連発から腕のクラッチを切らずに腕十字。羽南がこれをブレイクすると妃南はロープに飛ぶが、羽南が払い腰でカウンターして飯田にタッチ。
 飯田は逆水平チョップ連打で妃南をロープ際まで追い込んでマシンガンチョップ。妃南が抜け出してロープに飛ぶも、飯田はカウンターのダブルチョップでなぎ倒して気合のドラミング。さらに飯田はおおきく振りかぶってエルボーを放つが、妃南はこれを両手でガードして払い腰。詩美にタッチ。
 詩美は飯田をショルダータックルでなぎ倒すと首投げから後頭部への低空ドロップキック。さらにアルゼンチン・バックブリーカーを狙っていくが、飯田は回転エビ固めで切り返し、ロープへと走るが詩美がバックを取ってジャーマン・スープレックスを狙う。飯田は飛び上がってクラッチを切りながらアームドラッグで切り返すと、低空ドロップキックで追撃して羽南にタッチ。


 羽南は詩美へドロップキック2連発から大外刈りも2連発。さらに腕十字も詩美はなんとかロープブレイク。そこへ飯田がミサイルキックで飛んできて詩美を吹き飛ばすと羽南がビクトル投げ。これを妃南がカットすると詩美が羽南にミサイルキックを発射し、最後は詩美がエアレイド・クラッシュで羽南を沈めた。

第3試合


 ゴングが鳴るとDEATH山がいつものように四方の観客席に向けて「デース!デース!DEATH山デース!」とコルナポーズで挨拶していき、たむもその後ろで一緒にコルナポーズを取るなどノリノリの様子だったが、最後の方角へ挨拶する寸前にたむが背後からガットショット。
 たむとDEATH山は互いの動きを読み合う目まぐるしいロープワーク合戦やアームドラッグ合戦を展開し、DEATH山が丸め込みで攻勢をかける。しかしDEATH山はたむをコーナーに振ると「デース!デース!DEATH山デース!」とコルナポーズを決めながらの串刺し攻撃を狙うが、これをたむがブートで止める。1回目、2回目と失敗すると、村山レフリーの「ほら!もう1回だ!」の激励に応えて3回目の突撃も、たむがブートで止めてバックドロップを狙う。

DEATH山はこれを背面着地して喉元へクロスチョップを叩き込み、千豚♪から腕をコルナポーズでクロスさせながらの変形コブラツイスト。コルナツイストを逃れたたむがハイキックを放つが、DEATH山はこれを回避してコルナ突き。

 DEATH山はロープに飛ぶが、たむは素早くバックを取るとバックドロップで叩きつけ、デスティニーハンマーを投下。さらにタイガースープレックスの体勢も、DEATH山が回転エビ固めで切り返し、たむも反転させて押さえ込むエビ固めの応酬に。これを制したたむがトラースキックで吹き飛ばしてからのバイオレットシューティングを放つが、これを回避したDEATH山が十字架固め。たむがキックアウトするとDEATH山はロープに飛ぶが、たむはスピンキックをカウンターで側頭部へ叩き込むと、すかさずタイガースープレックス・ホールドで叩きつけて3カウントを奪った。

第4試合


 キッドとひめかは試合前にしっかりと握手を交わしてからゴング。
 2人がロックアップで組み合い、キッドが必死に押していくもひめかはビクともせず、余裕の様子で押し込んでクリーンブレイクして見せるが、キッドはすかさず顔面に張り手。キッドはひめかをロープに振ろうとするが、ひめかは山のごとく動かず、逆に自分から突撃してショルダータックル。ひめかはキッドをロープに振るが、キッドはブーメランアタックで反撃。ひめかはこれをキャッチするが、キッドはそのままくるりと体勢を入れ替えて回転エビ固め。

 キッドは自らロープに飛んでクロスボディを放つが、ひめかがキャッチしてシュミット式バックブリーカー。さらにひめかがスリーパーホールド式のキャメルクラッチ。キッドがブレイクするとレフリーの制止を無視してロープを使ったキャメルクラッチでさらに痛めつけ、コーナーでグリグリと顔面を踏みつける。
 ひめかはキッドをロープに振っていくが、キッドはミスティカ式のフェイスクラッシャーで反撃しコーナーに上っていくと、ひめかが追ってきてひめかボムを狙う。キッドはこれをフランケンシュタイナーで切り返し、619、その場飛びムーンサルト・プレス、フランケンシュタイナーからの回転エビ固めと攻め立てるが、エビ固めを後転して抜け出したひめかがショートレンジジャンピングニー。

 ひめかはキッドへ逆エビ固め、ブレイクされるとすぐに後頭部へのランニングニーを叩き込んでアルゼンチン・バックブリーカーを狙うが、キッドがアームドラッグで切り返し、コーナーに上げて雪崩式アームドラッグ、旋回式フロッグスプラッシュ、キッチャーマンと続けてロープに飛ぶが、ひめかがカウンターのジャンピングニーを叩き込むと、ロープに飛んでラリアット。

 さらにひめかボムを狙うも、キッドはウラカンラナで切り返してロープに飛ぶが、ひめかはラリアットでカウンターし、逆エビ固めでキッドの身体をコの字、足の裏が後頭部に付きそうな△の体勢になるまで反り上げるが、キッドはなんとかブレイク。息も絶え絶えのキッドをひめかがアルゼンチン・バックブリーカーで絞り上げるとキッドは無念のタップ。

第5試合


 AZMが握手を求めると、叫女は露骨に疑いながらも右手を差し出すが、案の定AZMがガットショットで奇襲。AZMは目にも留まらぬロープワークやコーナーを使った三角飛びで叫女の突撃を回避するなどスピードで翻弄し、叫女のショルダータックルを被弾しながらも下から組み付いてアームドラッグ、スクールボーイと速攻を狙う。
 AZMは叫女へブレーンバスターを狙うが、叫女が逆にブレーンバスターで叩きつけ、カナディアンバックブリーカーで絞り上げてからトップロープにぶら下げ、ドロップキック。さらに腕を取りながらの逆エビ固め、背中へのボディプレスと一点集中攻撃を重ね、倒れ込むAZMの顔を覗き込みながら挑発。

 AZMはエルボー連打で突っ張ってミサイルキック、クリストからのブレーンバスター、叫女の腕を取りながらの旋回式&雪崩式のリバースギロチンドロップ、ミスティカ、バズソーキック、ダイビングフットスタンプと怒涛のラッシュ。さらにウラカンラナを狙うが、叫女がキャッチして耐え、そのまま逆エビ固めへ。AZMがこれをブレイクすると叫女はダイビングボディプレスを発射するが、AZMがこれを回避して脇固め、腕固めと続け、コーナーからダイビング攻撃を狙うが、叫女が地対空エルボーでAZMを撃ち落とす。

 叫女は串刺しラリアット、スライディングラリアットと続けてハンマースロー式パワーボムを狙うが、AZMは回転エビ固めで切り返し、さらにあずみ寿司。叫女はこれをスリーパーホールドで切り返し、そのまま立ち上がってスイングスリーパー。AZMが弱ったところへコーナートップからのダイビングボディプレスで押しつぶしてカウント3。
 現ハイスピード王者からシングル戦で3カウントを奪った叫女は、腰にベルトを巻くジェスチャーを見せ、AZMを挑発した。

第6試合


 ゴングが鳴るとロックアップで押し込み合い、ジュリアが押し込んでクリーンに別れようとすると上谷がガットショット。勝ち気な上谷の態度に、ジュリアは嬉しそうな笑みを浮かべる。
 今度は上谷がロックアップで押し込み、ドロップキックで追撃。しかしジュリアはこれを受けても倒れずにドロップキックで反撃し、上谷をコーナーに押し込んでニーリフトを連打。さらにアームブリーカーから変形脇固めに入り、上谷がこれをロープブレイクすると両手を広げて上谷に打撃を誘う挑発。
 上谷はエルボーを連打していくが、ジュリアはニーリフトで黙らせボディスラムからスリーパーホールド。これもブレイクした上谷がエルボーで突っ張ると、ジュリアも強烈なエルボーや張り手で上谷を吹き飛ばして試合の主導権を手放さない。
 ジュリアは上谷をロープに振ってビッグブートを狙うが、上谷が側転+バク転でこれをかわしてからのドロップキック。さらに正調ドロップキック、鎌固めと続けるも、ジュリアが腕を取りながら脱出してSTFへ。これをブレイクされるとジュリアはグロリアス・ドライバーを狙うが、上谷は回転エビ固めで切り返し、ニールキックで反撃。

 上谷はジュリアをトップロープにぶら下げるとコーナートップからダイビングフットスタンプ。さらにランニングシューティングスタープレスを発射するも、これを待ち受けていたジュリアは下から宙に舞う上谷をボディシザースに捕らえ、そのまま三角締めに持ち込むという驚きの返し技を見せる。


 ジュリアはしゃがみこんで倒れ伏す上谷と目線を合わせながら打撃を誘い、上谷は怒涛のエルボー連打。しかしジュリアも強烈なエルボーで反撃するとビッグブート、バックドロップ、グロリアス・ドライバーとラッシュをかけて3カウント。

 試合後、ジュリアが握手を求めると、意外にも上谷は笑顔でその手を握り返した。

第7試合


 先に入場してきたナツコはリング上で桃の入場を待ち受けるが、桃が花道に登場した途端に突っ込んでいって花道で桃を奇襲。
 そのまま桃の入場マスクを引っ剥がし、ヘアホイップから顔面ウォッシュを狙う。ナツコがロープに飛んだところで桃がカウンターのドロップキックを放つが、続けてロープに飛んだところでナツコのセコンドに付いていた鹿島が場外から桃の足を引き、ナツコが場外でイス攻撃。ナツコは桃をリングに戻して顔面ウォッシュ、大暴走と畳み掛ける。

 しかし、ナツコが串刺しラリアットを狙うと桃が回避して串刺しドロップキック、低空串刺しドロップキックと反撃し、左右のミドルキックでナツコの身体を前から後ろから蹴りつけてからハイキックを放つが、ナツコはこれを回避してバックブロー。さらにかち上げエルボーからラリアットを叩き込み、フロッグスプラッシュ、昇天と畳み掛ける。これを返されると摩利支天を狙っていくが、桃が暴れて着地してロープに飛ぶ。するとナツコはレフリーを盾にして桃にぶつけると、レフリーが倒れている隙に鹿島からチェーンを受け取り、チェーンラリアットを放つ。

 桃はこれをハイキックでカウンターし、ナツコが取り落したチェーンの上へナツコを裏投げ。そしてチェーンを場外に蹴り出すと、蒼魔刀、ダイビング蒼魔刀と続け、テキーラ・サンライズのフェイントからのチキンウイングフェイスロックで試合を決めようとするが、ナツコはなんとかロープブレイク。
 ナツコがロープにしがみついて離れないのを見るや、桃は蒼魔刀を狙ってロープに飛ぶが、その瞬間に鹿島がナツコへチェーンを投げ渡し、鹿島がレフリーの気を引いている間にチェーンラリアット。さらにナツコは桃の首にチェーンをぐるぐると巻きつけるとトップロープ越しに場外に放り捨てて絞首刑。意識を失った桃をリングに戻してフォールすると、鹿島から解放されたレフリーが3カウントを叩いた。

第8試合


 ゴングが鳴ると手4つから腕の取り合い、グラウンドでの首の取り合いとじっくりとした丁寧なレスリングを展開したかと思えば、クリーンブレイクの瞬間に互いにハイキックを打ち合い、互いにこれをかわし合うスリリングな展開に。岩谷が小波をロープにふろうとすると小波はその腕を取ってトライアングルランサーも、岩谷が決まり切る前にロープブレイクし、一旦場外にエスケープ。
 岩谷がエプロンまで上がってくると、小波はロープ越しのハイキックを叩き込み、マジックスクリューからロープを使ったキャメルクラッチ、首4の字固めからのスカルクラッシュなど徹底した頭部攻め。岩谷が弱々しくチョップで反撃していくが、小波がロープに飛ぶとなんとかスリングブレイドを決めて反撃開始。

 岩谷は小波とのトラースキック&ハイキックの読み合いを制してトラースキックを叩き込むと、ロープ貫通ドロップキックで場外に蹴り出してプランチャで追撃。さらにリングに戻してミサイルキックから長与千種直伝のランニングスリーを狙っていくが、小波が暴れて脱出するとドドンパで叩きつけ、フロッグスプラッシュ。さらにムーンサルト・プレスで試合を決めにかかるが、小波がこれを回避するとバズソーキック。さらにジャーマン・スープレックスで叩きつけるも、岩谷も即座に起き上がってドラゴン・スープレックス。

 岩谷が二段式ドラゴン・スープレックスを狙おうとすると、小波は腕を取ってトライアングルランサー。これをブレイクされるとダイビングフットスタンプで岩谷の動きを止め、コーナーに上げてからぶら下がり式スリーパーホールド。反則カウント4で手を離した小波は岩谷の後頭部にミサイルキックを叩き込み、スリーパースープレックス、バズソーキック、トライアングル・アームロックと続け、岩谷からギブアップを奪った。

小波「トライアングル・アームロックで岩谷麻優に、勝ちました!ということで、久しぶりにTOKYO CYBER SQUADで今日は締めたいと思います!」
叫女「ちょっと待って、ちょっと待って、ちょっと待って!ちょっと待って、まあ水でも飲んで。でもね、でもね、なにか忘れてませんかね、皆さん。……決着付いてないことがあるんですよ。大江戸隊!今すぐ試合を組んで欲しいくらい。そうだよねぇ?」
小波「えっ……あぁ、そうだよね。うん。……ジャングルがやりたいなら、やろう」

(ナツコ&鹿島が花道から登場)

ナツコ「うぉお~い!『ジャングルがやりてえなら』じゃねえんだよ。お前ら頭お花畑か?もうさぁ、こっちもさぁ、流れて流れて、うぜーんだよ。だから勝手に決めさせてもらったけど、9月28日の後楽園大会、TCSは、その日、解・散・だッ!」

(ナツコ&鹿島が退場していき、TCSの面々がリングに揃う)

叫女「……じゃあ、やるってことで、いいの?やるってことだよねえ?!TCSは解散しない!そうでしょ?勝てばいいから!ね?!」

(叫女と小波が握手)

小波「ということで、28?やるの?決定で。分かった。じゃあ絶対に解散させないし、大江戸隊にも負けない。よろしく!よしっ!ということで今日はこのままTCSが締めたいと思います。『みんな違ってみんないい!それがTOKYO CYBER SQUAD!イエッサー!』でお願いします。いきま~す。みんな違ってみんないい!それがTOKYO CYBER SQUAD!イエッサー!」

<試合後コメント>

小波
「いやぁ、相変わらず、相変わらず岩谷麻優はメチャクチャ……メチャクチャしぶとかった……。ですが、私のトライアングル・アームロックで、あの赤いベルトの王者・岩谷麻優からギブアップ勝ちしました。ということは、今度、赤いベルト、私が挑戦しても全然いいんじゃないですかね。まあ、その前に5☆STAR。5☆STARが終わってやりたいことがあるとジャングルが言ってたんですけど、なんでそこまで刀羅ナツコはTCSにこだわるのか私には全く理解が出来ません。ですが、ジャングルもやりたい。そしてナツコもやりたい。そう言うのなら、どんな相手でも私は闘います。絶対大江戸隊には負けないし、TCSを解散させません。以上です」

――明日の仙台ではジュリア選手との闘いが控えています
「明日ジュリア戦。そうですねえ。まあでもジュリアのやりたいこと、ジュリアが出す技、全てあの……シンデレラ・トーナメント、じゃねえや。白いベルトのトーナメントの1回戦で、あの試合で全部分かりましたし、体にインプットされてますんで。まぁ前回白いベルトのトーナメントで負けてしまった後のコメントでも言ったように勝てない相手ではないので。明日は自分のペースに巻き込んで、ジュリアもギブアップ勝ちしたいと思います」

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×