【#プロレス今日は何の日】1988年7・29 新日本プロレス有明コロシアム ビッグバン・ベイダーvsアントニオ猪木

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

【#プロレス今日は何の日】

1988年7月29日 新日本プロレス 有明コロシアム
ビッグバン・ベイダーvsアントニオ猪木!

IWGP挑戦者決定リーグ戦最終戦!
猪木が当時のIWGP王者・藤波辰巳(現:辰爾)戦実現のために絶対勝たないといけない試合でした!

この頃の新日本プロレスは、藤波による“飛龍革命”の真っ只中。ベイダーとの死闘を制してついに藤波がIWGPヘビー級王座を戴冠!
これまでトップを張っていた猪木は、このリーグ戦で長州力から初のフォール負けを喫するなど体力の衰えが囁かれ、観客動員も同年旗揚げされた第二次UWFに押されて低迷しており、次世代の台頭への期待が膨らんでいた時期でもありました。

そんな中で迎えたこの日の決勝戦、開始直後の場外フェンス越えの際に左手の着地が雨で滑ったからか、ベイダーが左肘を痛めてしまいます。このときにはまだ有コロには屋根がありませんでしたからね。

猪木の腕ひしぎをサミングパンチで切り抜けたベイダーに「てめえこのやろ~っ!」と叫びボディや顔面を殴りつけて場外に殴り落とす猪木!

お返しのビッグバンクラッシュはとんでもない高さ!

しかし猪木もベイダーの巨体をボディスラムで投げきり、そのフォームが抜群に男前なフライングニードロップ!

これに対しベイダーはグラウンドで猪木の腕をロック。残る腕で猪木の顔面にハンマーパンチを何発も打ち下ろす!
勢いが収まらないベイダーは、場外でリング整備用の工具を持ち出して猪木に殴りかかるも、猪木はこれを回避してベイダーの腕にザクリ!
ベイダーの左腕は鮮血に染まります!

ベイダーがリングに戻ると猪木は何度もその腕を蹴りつけます!大ダメージのベイダーも最後の力を振り絞って猪木を投げつけコーナー上からこれがトドメだとダイビングラリアット!しかしなんとこれを見事にキャッチした猪木がガチっと腕固め!
ライトに輝く汗と湯気、猪木の引き絞る力感にベイダーの引き戻す耐感、叫ぶ猪木に美しさすら感じる腕固め!

もうテレビの前のちびっこも握りこぶし!

ベイダーギブアップ!あのアンドレを切って落とした腕固めがオーバーラップする歓喜の勝利!両手を掲げた猪木!遂に藤波戦が決まった瞬間でした!
そしてこの戦いが今でも語り継がれる“8・8決戦”こと、8月8日の横浜文化体育館での60分フルタイムドローの試合に繋がっていくのです!

昨年4月、藤波辰爾率いるDRADITIONの後楽園ホールに猪木が来場し、藤波とのトークショーで8・8決戦を語った際には「その頃はやっぱ限界が来てる状況もあったし、『次の時代に』っていう想いもあった」と語りつつも、真夏の灼熱のリングで60分ガツガツ攻めてきた猪木へ「ホント『どこからこのエネルギーが湧いてくるのか』ってホント怖かったですね」と漏らす藤波に「相手が憎らしいからだよ(笑)」と呵呵と笑っていました!
嗚呼、この会話だけで一杯呑める!

77歳になったアントニオ猪木ですが、まだまだ日本を元気にしていってもらいたいですね!

今日もプロレス最高っ!

著者:AJスレンダー
【元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 】アメブロで365日分書き溜めております!
https://ameblo.jp/ajslendertokyo
キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、
「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら
「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と
新旧格闘王mixでお応えします!

プロレストークライブ企画・制作・券売などお手伝いしております。
↓実績一例
「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」
「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」
「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」
「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」
「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など
その他、プロレス興行のSNS告知・販促協力もさせていただいております。
お仕事依頼やご相談頂けます際はtwitterからお気軽にDMください。
Twitter:@ajslendertokyo

サイト内検索

日別

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る
×