【ゴマシオ親父のつぶやき】藤田和之とユーチューブチャンネル『永島おやじの格闘チャンネル』で20年ぶりに再会した

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

新型コロナウイルスが猛威をふるう昨今、スポーツ界、芸能界からあらゆる分野でストップがかかっている。まあとりわけ東京五輪の一年延期は中止よりも良しとしなければ、といったところか。そんな中で俺は3月下旬「永島おやじの格闘チャンネル」というユーチューブを開設し、すでにキラー・カーン、高木三四郎、藤田和之をゲストに迎えトークした。

 カーンの時は米国時代の話から大巨人ザ・ジャイアントの足を折った「真相」などを改めて聞き面白かったな。高木三四郎くんは新たにノアの社長にも就任したことで、彼のアイデアマンとしての活躍の場は更に広がったと思う。
 三四郎社長のバックには、サイバーエージェント(アベマTV)がついており、例え無観客という異常事態の興業でも、新たな企画はネット配信で生み出せるはず。まあ俺が三四郎に要求したのは、日本のプロレス界で久しくお目にかかっていない「異種格闘技戦」の実現である。他の格闘技界、ボクシング界などにもつながりのあるサイバーエージェントなら、ボクサー対レスラーという、懐かしい異種もみられそうだね。

 三四郎社長も「やってみます」と約束してくれたし、俺達の楽しみは増えたね。災い転じて福となすじゃないけど、これに本来のスタイルが戻れば言うことはないよね。ノアには中嶋勝彦もいるし、格闘界には那須川天心もいるじゃないか。一つのブーム再来をみて、新日本プロレスだって動かざるおえなくなるだろうしな。

 そして藤田とは20年ぶりに会ったよ。懐かしかったね。ツラ構えも昔とちっとも変わっていなかったし。やはり俺が抱いていた「最強」のイメージは失ってはいなかった。俺は実際に藤田と、あのヒクソン・グレイシーとの一戦を企画したが、その真相と、なぜ失敗に終わったかを解き明かしたよ。はっきり言えばヒクソンが逃げたんだ。これには藤田もビックリしていたが・・・やはり、このユーチューブで色んな人に会って話をしていくと面白い」と思うよ。その後も天龍源一郎さんと話をしているし、木村健吾、西村修、サスケなども決まっている。

 そして今回、俺の50年来の友人でもある、あのボクシング元世界王者ガッツ石松と話をして出演をOK牧場してくれたよ。石松には俺が新聞記者時代から新日プロの時には猪木対スピンクスの異種格闘技戦のレフェリーをやってもらったりしたんだ。そこら辺りの話も出てくると思うし、他にもあの石松兄さんのこと、これまで明らかになっていない秘話がたらふく出てくるのは必至だよ。今から楽しみにしておいてよ。
 まあ皆さん、この「永島おやじの挌闘チャンネル」への登録をよろしく頼みます。みんなの力が俺の力になる。どうかよろしく願います。

「永島おやじの挌闘チャンネル」
https://www.youtube.com/channel/UCtDOjdvlmRMdJtLs8KEjdlQ

サイト内検索

日別

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×