武藤敬司にWRESTLE-1ファンからブーイング!活動休止を前に「この経験も肥やしにしてみんな頑張ってほしいね」と所属選手にエール

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 15日、東京都・大田区総合体育館にてWRESTLE-1『WRESTLE WARS 2020』が開催された。

 WRESTLE-1(以下、W-1)は2013年に武藤敬司が全日本プロレスから大勢の選手・スタッフを率いて旗揚げした団体であり、TNAなど海外の団体との提携や、プロレスラー養成学校である“プロレス総合学院”の創設など話題を振りまき、一時は隆盛を極めた。
 しかし、2016年頃から中核選手たちが次々と退団していき、武藤のヒザのダメージの蓄積から出場回数が激減するなどの要因もあり集客に苦戦。そして先月29日には4月1日の後楽園ホール大会をもって無期限の活動休止に入ることが発表。所属全選手は3月31日を以て退団することとなっており、今大会がW-1最後のビッグマッチとなっていた。

 4月1日には以前より入っていた海外からのオファーがあるため、武藤はこの日がW-1ラストマッチと発表されており、かつての愛弟子である浜亮太&中之上靖文とタッグを結成し、W-1初期に活躍したヒールユニット“デスペラード”の河野真幸&KAZMA SAKAMOTO&崔領二と対戦。
 デスペラードの面々は、セコンドに付いた元メンバーのMAZADAも交えて場外戦や凶器攻撃などで序盤から圧倒していき、中之上が捕まる展開に。これを武藤が救出してKAZMAへフラッシングエルボーを見舞ってからSTFで捕えるがファンから贈られたのは声援ではなく武藤へのブーイング。
 武藤はデスペラードの3人をドラゴンスクリューで蹴散らし、所属選手たちやリングアナをリングに上げて河野へトレイン攻撃を見舞い、中之上がラリアット、浜がオオキドプレスで追撃し、武藤がシャイニング・ウィザードを叩き込んで試合を決めた。鳴り止まぬブーイングの中、武藤はマイクを取ること無く足早に退場していった。

 試合後、武藤は浜&中之上との久々のタッグを喜びつつ、4月1日のアメリカの仕事がキャンセルになったことを告白し、「キャンセルになっちまって日本にいることになっちまったから。4月1日もどこまで決まっているかわかんないけど、もしせっかくだったら隙間があれば出ようかなって思って。とりあえず立候補だけしておいていい?」とW-1最終興行への出場をほのめかす。

 そして、W-1での約6年半を振り返り、「まあね、全選手、俺もひっくるめて通過点だよ。きっと携わった多くのレスラーが、みんな多分自力で各々どんな逆境があろうが、きっと這い上がっていかないとならないからね。この経験も肥やしにしてみんな頑張ってほしいね。もちろん俺もだけど」と所属選手たちにエールを贈った。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る
×