【会見全文】新型コロナウイルスに負けず大会決行のリアルジャパンプロレスを前に将軍岡本が間下を“バイキン”と挑発!新間寿がコロナ問題を斬る!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 13日、東京都・帝国ホテルにて3月19日に後楽園ホールで行われるリアルジャパンプロレス『初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレス Vol.5』についての記者会見が行われた。

 今年15周年を迎えたリアルジャパンプロレスの第1戦となる今大会は、昨今の新型コロナウイルスのパンデミックの中でも開催を決行することが“過激な仕掛け人”新間寿より発表されており、防疫対策として来場者への体温測定・アルコール等での消毒・マスク着用の呼びかけ(不着用の来場者にはマスクを配布)を講じているという。
 新間会長は「ウイルスが怖くてプロレスラーとして試合が出来ないなんて情けないレスラーはおりません!選手たちの熱い想いでコロナウイルスをすっ飛ばそうじゃないか!」と大会の成功に向けて気炎を上げていた。

 この日、会見に出席したのは新間寿会長、平井丈雅代表、間下隼人、将軍岡本の4名。

 まずは、UWAアジアパシフィックヘビー級王座をかけて対戦する間下隼人と将軍岡本が登壇。岡本はベルトの入ったバッグをおもむろにテーブルに置いてから着席した。

間下「リアルジャパン、間下です。大会から1週間切ってまして、今はこう、めちゃくちゃ喋って何かを言うというよりも、しっかり19日に備えて練習あるのみだと思っているので、今日またこうして発言の機会をいただきましたが、やるだけです。それだけですね。あとは今、新型コロナウイルスですか。そういった対策も、自分自身も大会全体もそうですし、僕も会社もやってくれるということなので、舞台は整っています。やるだけです。以上です」

岡本「まあ、前回のリアルで取られたとは言え、あんなのは関本大介の力によって取られただけだと思ってるんでね~。間下に直接取られたわけではないし。岩崎にやられたわけでもないと。このベルト、今日間下っていうバイキンがいるんでみんなには見せませんが、このベルトをしっかり守って、誰がこのベルトを持つに相応しいのかっていうのをしっかり19日に見せますので、皆さんよろしくお願いします。……なにかありますか?」
平井「あの、すみません、ベルトを出していただきたいんですけど……」
岡本「いいよ。こんなバイキンいんだからさ。見せる必要無いだろ。もういい?もういいだろ?な?」
(岡本はベルトの入ったバッグを持ってそのまま会場を去っていった)

――間下選手、3WAYでの王座戦ということについて
間下「そうですね。どちらでも倒す準備はできていると前回言いましたが、やはりこういう屈辱的な行為を見せられて、非常に体が熱くなっているというか、その感じはすごくしております。ただ、こういうところで『何やってんだよ!』とか暴れたり追いかけたりとかは僕は佐山総監に習っていないので。紳士たるもの、試合で見せるだけです。どちらでも僕は倒す準備はできています」

――今こうした挑発を受けて、あえて岡本選手狙いで行きたいという気持ちになった?
間下「今少し、王者の将軍岡本選手に気が向いてますけど、これだと相手のドツボにはまってしまう。絶対怒らせるためにやったと思っているので。落ち着いて。今の気持ちは将軍岡本に向いていますけど、試合の日はどちらも倒す準備をします。ありがとうございます」

 続いて、新間会長がお気持ちを発表した。

新間「まあ今、世界中がコロナコロナで。私が終戦後、海軍大尉で引き上げてきたおじさんの代わりにタバコ屋に行ってタバコを初めて買ったのが、コロナとピースでありました。ピースが5円で、コロナが10円。そのあと富士というタバコが出て、なお高級品で、でもそこの中で一番ピースが美味しいという話でありました。
 今はコロナコロナで夜も日も明けず、そして子どもたちは学校が休校になってしまった。孫は7人おります。私は今月が85歳の誕生日でございます。誕生月です。昨日本を読んでおりましたら、『願わくば花の下にて春死なん』と。その後なんて言ったかな?『その如月の望月の頃、後幾度桜見て死ぬ私かな』とそういったことを思い出しておりまして。でも私がやってまいりました新日本プロレスっていうのはアントニオ猪木が燃える闘魂でもって、『元気があれば何でも出来る』と。いま一番必要なのは、私はこの周りに流されることなく自分たちが本当に今何をなすべきかを考えることだと。それはどういうことかと言えば、子どもたちは学校に行けない。うちは孫7人おります。その内の5人が休学。『じいじ、どっか連れてけ連れてけ』って毎日のように孫がかわりばんこに来て私を外に連れ出して買い物して、自分の好きなものを買ってもらおうと。宿題もってこいと、持ってこさせて宿題一緒に手伝ってやって、公演に遊びに行く。そうすると近所の知らないおばちゃんが『アンタたちこんなところで遊んでないで家で静養しなさい』って。
 子どもは風の子だって。私達が子供の頃はそうだった。子供の頃に社会に順応する免疫っていうのを、私達は外に出て与えられたもんだった。過激な自粛。そう思っていましたが今日のニュースでは、オリンピックは1年伸びる。それからカナダの首相夫人が感染した。アメリカでは国民皆保険ではないので、保険にかかれない人間が1万数千人亡くなっている。そういう状況の中で、東日本大震災、阪神淡路大震災のときに、あの暗いイメージと、政府がとったお触れによってどれほどの人たちが迷惑を被ったかって。為政者の姿勢が今問われているんじゃないかと。
 私が言いたいのは、私は元気を売る新日本プロレスで培ってきました。アントニオ猪木の指導のもとに、坂口征二さん、藤波辰爾、長州力、タイガーマスク、藤原組長、キラー・カーン。多くの人たちが元気をもとに今でも活躍しております。この元気をどこで見せたらいいのか。19日は、ウチは絶対にやるんだって!誰か声を上げなければ、このまんま闇にまみれて、そうしてどんどんどんどん景気が落ち込んで、遥か彼方に行ってしまう。昔ロシアとヨーロッパ連合軍との戦いで、セバストポリというところで戦いがあった。その要塞を守るためにロシアが255日かなんか、それだけ守り抜いた。旅順の城、与謝野晶子が『キミシニタモウコトナカレ』と詠んだように、旅順の城を155日で日本は落としました。守って守って守り抜いたということは、歴史上殆どありません。
 守ることよりも我々はもっと積極的に出て、『私はこんなに元気なんだ!』と、そういう声を上げたい!私はそういうふうに思います。今こそ昭和の新日本プロレスでやってきた、マスコミの私の同僚の2人が亡くなりました。その時私は思いました。『ああ、彼らが亡くなったらプロレスという図書館がまた1つ、また1つとなくなってしまう』と、私達はその思いを絶対に私達は無くしていくわけには行かない。誰かがここで声を上げなければ、阪神淡路大震災での村山富市さんという、あのときの総理が自衛隊の出動をなんでためらったのか。東北大震災のときでも、菅さんがなにをやったかって。今の野党が政権奪回って言ってるけど、あんな政府はもう二度とお断りだって私はそう思います!積極性もなく、自分の考えだけで、自分の友だちみたいな委員会を10何個も作って、法律もなにも新しい法律を作らなかった。私達が法律を作ろうじゃないかって。プロレスこそ鍛えに鍛えた肉体を6m40のリングの中で真剣に戦うスポーツは私はないと思う!このプロレスを、多くの人々に安心安全な場所で見てもらう。今の無観客の大相撲を見ましたか?なんの感動もないじゃないですか!甲子園に行きたい高校生が、甲子園に行くことも出来ない。その流している涙をどうして大人たちが、甲子園の高校野球をやる委員の人たちが、彼らの夢を潰さない、そして多くの人に夢を与える形でもって、私は甲子園ででも、私は身内の人とか学校関係者とか、それから抽選をした多くの人々を入れて高校野球なんて1度やってみたらどうなんだと。
 オリンピックは1年伸びるんじゃないかと。オリンピック委員会の中では2年先がいいんじゃないかと。どうしてマイナス思考にどんどん落ちていくのかって。プラス思考のものを、我々プロレスに携わった人たちの発信によって、我々は守りに入るのではなく、コロナウイルスと戦うのだというそういう姿勢を見せながら、私たちのこの不景気を呼ぶような暗い日本を作り上げるようなことではなく、阪神淡路大震災と東日本大震災のその後を見て、そして自分たちが進むべき道はそこにあるじゃないかと。
 ありがたいことに先日から私のところへ、柔道のマスターズの世界チャンピオンである、宇野晋太郎っていう人が、新間さん。タイガーさんに1度私は食事を御馳走になって、帝国ホテルで食事したときに東京駅でひったくりを見つけて、彼がそれを取り押さえて「警察が来るから待っててください」って言って、鉄道公安官に引き渡して私とタイガーの待ち合わせの場所に来てくれました。約束を守る。そういう好青年が、今33歳でもって、ヨーロッパでもって、イタリアで、彼はイタリアと日本の柔道界に、本当にイタリアの柔道界を彼の力でもって世界水準にしてくれたということで、イタリアの新聞にも出ました。それをもって、『新間さん、タイガーさん、私3月19日に私に出来ることがあればお手伝いしたい』と。それでこの宇野晋太郎を私は3月19日、リング上にあげたいと思います。『柔道着をもってこい』と。平井社長に話しました。誰かとエキシビジョンマッチでもなんでもいい。彼がコロナというこういうものに負けないものを、『柔道家としてリアルジャパンのリングで私が果たせる役割を新間さん、タイガーさんに言って作ってください』と。
 昨日も、夜12時半過ぎに私のところへ福岡のある女性教師からメールが入りました。『新間さん、3月19日どんなことがあってもやってください。私は旅行会社に行って今日、19日の飛行機を申し込んできました。旅行会社の人が泣いていました。「今電話が来るとキャンセルばっかだ」って』と。こういう状況のまま置いておくのではなく、そういうことを力づけるのはリアルジャパンのプロレスを発火点にしてもらえませんかと。鹿児島からも電話がありました。そういう人が数多くおります。
 うちの娘婿は、今法政大学の二部の柔道部のコーチをやっております。その孫たちも『じいじ、私達も19日行くよ』と言ってくれました。私は今でもローラーをヒザを付いてですけど、30回を1セットにして10セット。それからワンダーコア、あれを100回1セットにしてこれを3セット。そして斜めの腕立て伏せを300回、それからヒンズースクワットを300回。これだけ毎日自分に課してやっております。気力がなくなってなんでコロナに立ち向かうことが出来るのか。3月19日、このチャンスを平井とタイガーと相談した結果、我々はやろうと!立ち向かうという、そういう姿勢をまず見せるべきではないのかと。批判が絶対あると思う。目立ちたがり屋がなにをやるかと。かつ、ネットかなんかでそういうような悪口が出てくるだろう。しかしそういうものに対して、1つの団体が何人かの思いでもって、このコロナウイルスに、日本がドンドンドンドンそういう闇に閉ざされていくような、そういう状況に歯止めをかけるような声を我々は上げるべきだと!私はリングに上って、もしやれと言うのなら、平井がやる相手がいないというのなら、私の昔の柔道着を出して、宇野晋太郎とエキシビジョンマッチやってもいいなと。1本か2本投げられたらそれでへたり込んでしまうかも知れないけども、それくらいの元気はあります!
 昔は、ヤマちゃん、山本さん(ターザン山本)も知ってると思うけども、プロレスマスコミで新日本プロレスの旅行に行くと、腕相撲から足相撲から、腰にロープを付けて引っ張り合うやつとか、バトルロイヤルもありましたね。そういうようなことで記者さんももしアレだったら、19日、俺たちもトレーニングしてバトルロイヤルやってやるよってことだったら、賞金10万円出しますよ私は!やりますか?昔のプロレスの記者連中はすごい元気だったですよ。今何人いますか?平井、俺が10万円賞金出すからやってみたらどうだ?平井入れて9人いるじゃないか。バトルロイヤルやってみたらどうだ?女子選手も入れてもいいよ!是非記者の諸君にも元気を出せるような、昔アントニオ猪木が率いた新日本プロレスを思い出して!昔の新日本プロレスっていうのは元気を売る団体でした!猪木さん今でも元気です。そういう人と、それから力道山家というものを、私は一緒になって力道山家をもとにした私達が一緒になって参加できるなんらかのことを私は今タイガーと平井と相談しております。
 なにはともあれ、今回3月19日が出発点となって、私達が発火点となって、これからコロナに対し、日本がそのコロナに飲み込まれないような、それに対しての運動を私達は微力ながら、続けたい!その出発点が3月19日であります。それともローラーを私は持ってきて、皆さんと一緒にどっちが長く続けられるかって、それを賞金10万円出してやりますか?ヤマちゃん、元気ある?アンタが一番元気だったじゃない!というようなことで、宇野晋太郎というマスターズで68kg級と81kg級で優勝した、柔道のヨーロッパ選手権、それからメキシコでやった選手権、それからヨーロッパでの世界選手権優勝した、それが柔道着を持ってリング上に上がって、リアルジャパンとともに日本を明るくしようと。日本に元気をもたらそうと。そういう思いでもって駆けつけてくれます。ということで、まず私達の3月19日は、私の85歳の誕生月を、私はまた新しい人間として生まれ変わり、4月は私と私の女房との58年目の結婚記念日が控えております。4月14日まではなんとしても生きていこうと、かように考えております。
コロナに負けるな!ピースになって、私達はオリーブとハトを呼び込もうじゃないかと。ノアの箱舟で、世界中が大洪水になったとき、ノアから飛ばしたのはなにか。ハトを飛ばしてみた。そしたらハトがオリーブの葉を咥えて帰ってきた。あっ、陸地が出来たということで、彼らは陸地にたどり着いた。これがノアの箱舟。そしてピースのタバコの箱にはオリーブを咥えたハトがシンボルマークとして出ております。
 年寄りというのは、人生長く生きていれば必ず良い知恵を出せるものだと。年寄りが出せるんですよ?姥捨山の話、山口県の民話で、姥捨て山ってのがあって、60以上の年寄りは山に捨ててこないといけない。孝行息子が自分の母親を置いてこようと思って、逡巡して、どうしても置いてこれなかった。引き返して母親のところに行っておぶって帰ってきて、自分ちの納屋に隠し部屋を作って、そこにかくまっておいた。隣の殿様から無理難題を仕掛けられた。3つのなぞなぞを出されたという話を覚えて人もいるんじゃないですか?砂糖と塩を一緒にしたものを分けろと。囲炉裏の灰で縄をなってみろと。そして周りの空いた小枝に糸を通せと。それで殿様は困って、多くの人に聞いたけど誰も答えを出せなかった。その孝行息子が母親に聞いたら、『なんだそんな簡単なこと』と。曲がりくねった枝の中にはこっちがわに砂糖かなんかの甘いものを置いておいて、アリにヒモをつけて個々を通してご覧と。アリは必ず甘いものがほしいから向こう側にたどり着くよと。灰で縄をなうと。囲炉裏の中に縄をあんで、そこから火を点けなさいと。そうすると縄がそのまんまの姿で残ると。あともう一つ、砂糖と塩が一緒になってると。そこにアリをいっぱい取ってきてそこに話してご覧と。そこに砂糖の山が出来るよと。隣の殿様は『こんな賢者が住んでいる国とは仲良くしなければならない』と隣の国との戦が無くなったと。そして姥捨山をやった殿様は、お前を褒美を与えると。孝行息子は褒美はいりませんと。実は殿様に背いて私は母親を匿った。これは母親の知恵でございます。殿様は自分は誤った。年寄りは大事にしないといけないと。それで姥捨て山は無くなった。
 年寄りっていうのは、私も85歳ですけど、トレーニングやったり昔のことを思い出したりして、そういう思いつきというのが、私はひらめきがあった。今回だけはどうしても我慢できない。みんながみんな、そんなに微生物に恐れてそういうところに引きこもってしまうというのが我慢ならない!だから皆さん、これからも大同を闊歩して、銀座の大通りあがりでプロレス軍団でもって、プラカードを持ってやろうじゃありませんか。そういうことでございます。なにか質問があれば受けますよ。バトルロイヤルいかがですか?元気あるでしょう?ヤマちゃん、こんなこのコロナ、みんな恐れないといけないのかい?中国のヤツら、武漢のやつら、WHOと中国の指導者が1月早くきちんと出していたらすぐ収まったでしょう?今頃になってなんか自分たちは被害者みたいな言い方をしている、中国なんか。なんでもかんでも人のせいにするのはやめましょうっていうの。自分たちを守るんだったら力を合わせないといけない。消極的な意見はいらない。積極的に意見を出し合いましょうって。『よし!俺もリングに上がってなにかしてやろう!』という人がいれば言ってくれれば。ヤマちゃん、アンタ8月からおれにご無沙汰ばっかりしてるんだから。たまにはリング上がってなにかやらないの?
 でもやるということはいいことでしょう?!RIZINなんか4月かなんか?これひどいよ。コレになるかもしれない。絶対やるべきだよ。RIZINは。俺応援に行くよ、RIZINはよ。俺は宇野を連れてRIZINに行って、誰か挑戦してくるまでやりましょうと。平井、どう思う?」
平井「あの、ハイ、まだ年齢も若いですし……若いですし、えぇ……」
新間「なんかそういう仕掛けないと面白くないよ。今日集まった連中で一発仕掛けてやろうよ。4月19日、みんないっしょにやろうよ!みんなで!RIZIN乗り込み!宇野を連れて行くよ私は!『誰か相手いませんか』って俺はリング上で言うよ。ヤマちゃんあたりが覆面被って『俺だ!』って出ていけば。質問なければあとはコーヒー頼んで茶話会でもしようや」

『初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレス Vol.5』
日程:2020年3月19日(木)
開始:18:30
会場:東京都・後楽園ホール

▼タッグマッチ 60分1本勝負
藤田和之(はぐれIGFインターナショナル)/杉浦貴(NOAH)
vs
スーパー・タイガー/関本大介(大日本)

▼国際ビジネス大学校 Presents シングルマッチ 30分1本勝負
船木誠勝(フリー)
vs
澤田敦士(フリー)

▼UWAアジアパシフィックヘビー級選手権 3WAYマッチ 30分1本勝負
【王者】将軍岡本(フリー)
vs
【挑戦者】間下隼人
vs
【挑戦者】岩崎孝樹(ガン☆プロ)

▼一般社団法人国家資格対策センターPresents スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
朱里(MAKAI)/安納サオリ(フリー)
vs
松本都(崖のふち)/彩羽匠(Marvelous)

▼6人タッグマッチ 30分1本勝負
アレクサンダー大塚(AO/DC)/鈴木秀樹(フリー)/ロッキー川村(パンクラスイズム横浜)
vs
雷神矢口(浅草)/タカ・クノウ(フリー)/関根“シュレック”秀樹(ボンサイブルテリア)

▼タッグマッチ 30分1本勝負
日高郁人(ZERO1)/石切(ランズエンド)
vs
最上九(2AW)/伊香保京介(ランズエンド)

関連記事

サイト内検索

日別

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る