【試合詳細】3・7 アイスリボン道場マッチ 雪妃真矢&星いぶきvs星ハム子&柊くるみ 藤本つかさvsYappy 世羅りさ&松屋うのvs尾崎妹加&バニー及川 つくしvsテクラ

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『アイスリボン1028』
日程:2020年3月7日(土)
開始:18:00
会場:アイスリボン道場
観衆:61人

▼シングルマッチ 10分1本勝負
○つくし
8分01秒 ダイビングフットスタンプ→体固め
●テクラ

▼タッグマッチ 15分1本勝負
世羅りさ/○松屋うの
14分06秒 三角絞め
尾崎妹加/●バニー及川

▼シングルマッチ 10分1本勝負
○藤本つかさ
9分21秒 ビーナスクラッチ
●Yappy

▼タッグマッチ20分1本勝負
雪妃真矢/●星いぶき
14分11秒 ダイビングボディプレス→体固め
星ハム子/○柊くるみ

くるみが雪妃との前哨戦に勝利も雪妃は無言の退場!いぶきがアジャとの2年前の約束を果たすシングル戦に向け気炎!突如現れたすずが藤本に謎のメッセージを残して去り100万円の賞金がかかる

第1試合


スピーディな動きを得意とする2人の初シングル戦。つくしが手を踏みつけようとするとテクラがかわし、今度はテクラが仕掛けるとつくしがかわすといった、お互いの動きの読み合いが見られ、つくしが強烈エルボーを仕掛ければ、テクラはドロップキック連打で応戦と意地の張り合いを展開するなど、試合は序盤からスイングした攻防が続いた。つくしのダイビングフットスタンプをかわしたテクラがスピアからフィッシャーマンズ・スープレックスを決め、コーナーに上がるも、これをデッドリードライブで投げ飛ばしたつくしが、飛び込みエルボーからダイビングフットスタンプを決めフィニッシュした。試合後、つくしが「テクラちゃんとの初シングルマッチだったんですけど、前回日本に来た時よりも今回凄く仲良くなって、年も3つしか変わらないんですよ。なので、シングルマッチがしたかったので、今日出来て楽しかったです。後楽園はもちさんの復帰戦ですけど、おいしいところは自分が持ってっちゃって勝ちたいと思います。」と語れば、テクラは「今週浅草に行った。おみくじを引いたら吉でした。今日はつくしさんに勝つだけの運がありませんでした。つくしさんは素晴らしい先生です。可愛いです。でもちょっとバカです。」と笑顔で語った。

第2試合


3月14日後楽園大会では新王座決定戦に挑む世羅。パートナーのうのは後楽園で初陣となる関節軍のメンバーであり、この一戦はバニーとの前哨戦でもあった。序盤は久々のアイス参戦のフランク篤レフェリーいじりのパフォーマンスで会場を沸かせるシーンもあれば、世羅と妹加のパワーvsパワーの同級生対決もあり、久々にタッグを結成した世羅とうのの連係も見られたが、3月14日大会で関節軍を始動させるうのの気合十分のファイトが大いに光った。最後もうのがヨーロッピアンクラッチを狙うバニーを下からの三角絞めに決め、余裕の切り返しでの一本勝ち。試合後も自信に満ちた表情をみせ、後楽園に向けて絶好調ぶりをアピールした。
試合後、敗れたバニーが「来週は後楽園大会です。後楽園に向けて一句詠みます。元気よく こんな時こそ 弾けるぞ。ガンバニ―!ガンバニ―!ガンバニ―!」と語るが、パートナーを務めた妹加は「こんな時こそってバニーは言ってるけど、バニーは一切笑顔でもない、明るくもない、元気がない。そんな人がパッとしない句を詠んでも、お客さんだってこんな空気になるに決まってんじゃん。バニーは今日勝ちましたか?バニーは気持ちが足りない。自分も下剋上掲げて今もやってますけど、(タッグベルトを獲る前は)負けてばっかりでバニーみたいだった。でも、下剋上を掲げるって目標を持ったら、凄い前向きになれて明るくなって元気が出て、らぶっちゃさんが持ってる時に巻くことが出来た。やっぱりそこは勢いも大事だし、元気が大事。バニーも大きい声出せるでしょ?(バニーが何度も声を出して「はい」って言うと)それで試合しろ。後楽園勝ってよ。」と檄を飛ばす。
世羅は「悲しいお知らせがあるんですが、さっき(藤本の試合の時に)すずを追っかけようと思ってDJIカメラを起動させたんです。そうしたら、沙弥が襲われてたんで、すずを押さえつけようと思ったら思いっきりこのDJIがバッコンってなりまして、壊れました…。(本部席の上を見上げて)社長めっちゃ怒ってる~。鈴季すずのせいです。すいません、修理お願いします。よろしくお願いします。」とがっくり。対照的にうのは「下剋上!×5、できなかったね。3月14日の前哨戦という風に今日はなりました。大好きな世羅さんと組めて、自分で勝てて、本当に幸せです。つい最近まで落ち込んだりしてましたけど、世羅さんと組んで何か元気をもらえました。だからカメラ壊れても落ち込まないでください。14日は関節軍としての動きが始まるわけですけど、今日はその弾みがつけたと思っています。この勢いに乗って心折れることなく、そしてホールでも自分が勝って関節軍を引っ張って行きたいと思っています。」と試合後も元気いっぱいだった。

第3試合


藤本とYappyの初シングルマッチ。序盤から藤本が試合をコントロールする展開が続いたが、中盤、藤本がYappyにミサイルキックから仕上げに極楽固めを決めたところで、前回の道場マッチに続き、すずが花道から走って登場。しかもリングコスチュームでリングに飛び込むと藤本に背後からドロップキックを放った。起き上がった藤本がエルボーを狙うが、これをかわしたすずは再びドロップキックを放つと、藤本の前に前回同様、紙を手にしてアピール。そこには「巻」の文字が。アピールが終わるとリングを降りたすず。藤本が走り去るすずに気を取られた狙ったYappyがスクールボーイへ。なんとかキックアウトした藤本に追撃を仕掛けたYappyだが、藤本はこれをさばくと、最後はビーナスクラッチでカウント3を奪った。 勝ち名乗りを受ける藤本。そこに再びすずが乱入しドロップキック。そして3枚目の紙を取りだす。そこには文字ではなく、人が竜巻に飲み込まれるようなイラストが描かれていた。またもさっさとリングを降りたすずだが、藤本は怒り心頭。すずはコスチュームのまま、道場を出ると全力で逃亡。走って追いかけた藤本だが、遂には見失い、後を追ったマスコミ陣には「必ずすずを14日までに見つけますから。」と悔し気に語った。

そして試合後、Yappyは「今日藤本さんとの初シングル嬉しかったんだけど、邪魔があったね~。でも嬉しかったです。またいつか邪魔ないのシングルをお願いします。」と語ると、藤本はすずが置いていったメッセージ入りの紙を手に「私は学年でも一番足が速い女だったんですよ。小学生の頃、中学生の頃。クロスカントリーという競技に関しては、宮城県で1位を獲るぐらい速かったんですよ、足が。なのに、(逃げる)すずに追いつけなかった。そして、あの子、私にこんなメッセージを置いていきましたよ。(手に持っている3枚の紙を見せる)まず、脚。これは前回の道場マッチですね。続いて本日、巻。なんのこっちゃ。そして、このすず画伯(の渦巻きの様なイラスト)。これはなんでしょう?謎なんですよ、この3つ。そして、最後追いかける時になんか一言言えって言ったら「脚、巻、(両手を頭の上で合わせ、その場で回転しながら)ヒュー」って言ってた。14日までにこれが何なのか答えを出して、作戦を練って、私が勝ちたいと思います。あと、すずを探してくれた方には私が100万円あげます。」とすず捜索に賞金を出すことを明言した。

第4試合


後楽園大会でICE×∞王座を賭けて対戦する雪妃とくるみの前哨戦がこの日のメイン。また雪妃のパートナーのいぶきは打倒、ハム子を今年の目標としており、その標的であるハム子との直接対決が実現。試合はハム子vsいぶきでスタート。しかし、この日のいぶきはハム子よりも14日の対戦相手であるアジャ・コングを意識。ハム子に「アジャ!」と叫びながらエルボーを叩き込んでいく。その気迫にハム子が追い込まれるシーンも見られ、いぶきをすかすかのように、くるみに交代。ここでいぶきも雪妃にタッチし、試合は雪妃vsくるみの前哨戦へ。ロックアップから雪妃がミドルキックを連打すれば、くるみは振り切る強烈なエルボーで反撃。雪妃も応戦し、激しいエルボー合戦とあるが、くるみは雪妃はガッチリと持ちあげると勢いをつけてボディスラムで叩き落とす。さらにフットスタンプを狙うが、これは雪妃がかわし、くるみの背中にサッカーキックを連発。ここで雪妃がいぶきにつなぐが、くるみの勢いは止まらない。ハム子との息の合った連係もみせ、いぶきを追い込んでいく。いぶきのピンチに雪妃がフォローに入る。蹴りを連発し、ハム子を吹っ飛ばし、くるみとハム子をうまく同士討ちさせれば、くるみに対しては一度だけくるみからフォールを奪っているウィールウィンドを狙うが、これはハム子にカットされてしまう。最後は雪妃、いぶきを連続ラリアットで吹っ飛ばしたくるみが、いぶきを捉えると、ハム子とのダイビングボディプレスの競演を決めて圧殺。前哨戦はくるみの力強さがインパクトを残す結果となった。
試合後、雪妃は何のアクションもないまま、黙してリングを後に。

いぶきは「2年前にアジャさんとシングルをして、リング上である約束をしたんです。高校生になって賢くなったらやろうって。高校入試もテストも頑張って100点も取ったし、高校も入学出来て、自分は今勉強面でも凄い成長してると思うんですよ。この成長した姿をアジャさんに見てもらいたい。見せつけてやりたいと思います。」と語り、ハム子は「14日はもちの復帰戦。久々のらぶりーぶっちゃーずなんですけど、楽しく明るく激しくを私たちのモットーにしてるので、皆さんも久々の入場曲を楽しみにしていてください。」と語った。
そしてくるみは「直接ではないけど、タッグで勝ちました。何も言わずに去って行ったんですけども、どう思ってるんですかね。それは全然分かんないんですけど、今日試合して、物足りなかったなって思いました。もっともっと当たれる時間が長ければよかったなって思ったんですけど、来週後楽園があるので、そこで思い存分やり合いたいなと。そして、今日は人でなし感が全然出てなかったので、もっともっとホールでは人でなしの中の人でなしになって、ぶっ潰してベルトを獲りたいと思います。今の状況で後楽園大会、絶対に来てとは言えないけど、来た人は必ず楽しませます。」と打倒、雪妃に自信をみなぎらせた。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×