【会見全文】WRESTLE-1が4月1日の後楽園ホール大会で無期限活動休止!プロレス総合学院も無期限休校

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2月29日、WRESTLE-1が今後に関する会見を行った。会見には武藤敬司会長とカズ・ハヤシ社長が出席した。

カズ社長「今日はお集まりいただきありがとうございます。プロレス団体、WRESTLE-1はですね、2020年、4月1日後楽園ホール大会を最後に、無期限の活動休止とさせていただくことをご報告致します。応援していただいたファンの皆様、団体、選手を支えていただいた方々、各関係者各位、まことにありがとうございました。突然のご報告となり、まことに申し訳ございません。活動休止に従い、全WRESTLE-1所属選手は、2020年3月31日をもちまして退団となります。選手スタッフ共々最後まで全力で走り抜く所存でございます。なるべく…残す、レスラーを残すよう、頑張ってきましたが、まことにすいませんでした。そして、ほんとに支えていただいた皆様ありがとうございます」

武藤会長「WRESTLE-1旗揚げして7年弱ですか、選手スタッフ一丸となって頑張ってきましたが、なかなかこの旗揚げしてからこの赤字の体質を脱却できず、じゃあどうして継続できたかというと、WRESTLE-1オーナーが居まして、そのオーナーさんに補填してもらいながら来ましたが、一区切りとして、これ以上ご迷惑をかけてはいけないという中で、活動休止という決断になりました。4月、今からちょっと個人的なことを言わせてもらうと、4月1日に後楽園ホールを最後にと言いましたが、自分の場合はですね、ちょっとね、4月すでに去年からもうアメリカで仕事が決まってまして、もうそれは契約もしてまして、4月の1日の後楽園俺は参加できません。ということでしたがって、WRESTLE-1での俺の最後の仕事は、戦いは、大田区、15日か?3月15日の大田区大会になります。今まで、WRESTLE-1を支えてきてくれた関係者そしてスタッフ、そしてファの方々、ほんとに7年弱ありがとうございました。以上です」

――改めて無期限の活動休止になった経緯は
カズ社長「いま武藤さんの言われた通りで、はい。一応選手スタッフはみなそうならないように頑張ってきたんですけど、ギリギリまで頑張ってたんですけど、最近ですねそういう判断せざるをえなくなったのは。なるべく早めに発表しようということなりまして、今日会見させていただきました」

――カズ社長としては無期限の活動休止ということで、団体の再開は考えられますか?
カズ社長「えー、それも視野に入れて動いていたのですが、すぐにというには難しいという現状ですね」

――個人としてはいつかを目指したいというのは
カズ社長「そうですね、もちろんそういうようなものはあります」
武藤会長「活動休止ということは多分おそらく、残すことによって、今までWRESTLE-1に携わってきてくれた選手、カズとか俺じゃない、若い選手かもしれないけど、まだ思い入れがあって、活動再開したいというレスラーも現れるかもしれないという部分で、休止という一応形を取りました」

――15日の大田区以降の地方大会は開催されるのでしょうか?
カズ社長「それについては後ほど発表させていただきます」

――プロレス総合学院の今後は
カズ社長「4月からになるので、総合学院も閉める形になります」

――今まで団体をやってきた部分で悔やまれる部分は
武藤会長「悔やまれることばっかりですよ。まあもしかしたら自分自身の実力不足なのか・・・」
カズ社長「色々、先を残して動いていたプランもありますし、とくに先程出た総合学院ですね。日本で言えば、道場に入って、24時間プロレス漬けになって、そっからプロレスをやっていくというような当たり前のプロレスのシステムなんですけど、実はこれって日本だけなんですね。海外ではそうではなくて学校システムで、アメリカでもメキシコでもそうなんですけど、そういうものを日本で作り上げたところ、まあ、続けられなくなったというのはすごく悔やまれます。そういうような新しい、なんて言うんですかね?ものっていうんですか?それが止まってしまうというような事は、あとは残った選手ですね、今まで何人かのWRESTLE-1に居たレスラーが、このWRESTLE-1を辞めて、いろいろな団体に行ったりとかしてるんですけど、それって、レスラー自身が自我を芽生えて、自分でこのフィールドではなくて他のフィールドで戦ってみようと自分で思って戦い始めたんですよ。でも今回に関しては、自分のフィールドを輝かす、筋肉つけて、選手育てて、トレーニングして、自分の筋肉つくって下の筋肉作って下腿の筋肉作って練習やってというような、ものをやってて、いざこのフィールドが外された時に、自分の自我はここにあったのに、これからこのいろいろな自分の思いじゃない今まで思ってたところと違うところに夢を持っていかなければいけないということ、そこのレスラーの精神的なことを考えると、非常に、ほんとに酷なことをしているなという気がします」

――選手が3月31日で退団ですが、4月1日の後楽園は別途オファーを出す形になるのでしょうか?
カズ社長「はいそうなります」
武藤会長「ということです。是非大田区が最後なんで試合に関しては。よろしくお願いします!」

関連記事

サイト内検索

日別

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る
×