東京ドームでIC王座を失ったジェイ・ホワイトがファンとマスコミへ恨み節を爆発!「俺はメディアやファンが作り上げたストーリーの脇役の1人」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 4日、東京都・東京ドームにて新日本プロレス『バンドリ!Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』が行われ、ジェイ・ホワイトが内藤哲也に敗れてIWGPインターコンチネンタル王座(以下、IC王座)から陥落した。

 昨年の新日本プロレスでは、内藤の発言を皮切りに“史上初のIWGPヘビー級王座&IC王座の二冠王”を目標に掲げる選手が多く出現。内藤を敵視するジェイもこの理念を掲げて内藤からの“横取り”を宣言しており、東京ドームでのIC王座戦が決まってからも「内藤が言い始めたことを俺が内藤を倒して達成するってことは痛快だな」と挑発を繰り返していた。

 試合が始まると、ジェイは早々にリングアウトして場外戦を誘い、内藤は場外飛びのフェイントからリング内に寝転んで見せるなど両者の試合で頻繁に行われる挑発合戦を展開。
 ジェイの懐刀である外道も加わって激しい場外戦が行われると、ジェイは内藤の足に狙いを定めて一点集中攻撃を仕掛けていき、内藤が反撃に転じようと走ってもダメージが大きく転んでしまう場面も見られた。
 ジェイは内藤が弱ったとみるとブレードバスターやキーウィー・クラッシャーで攻め立てNTOでギブアップを迫るが、内藤は延髄斬りからのスイングDDT、雪崩式フランケンシュタイナーと反撃。ジェイは急所攻撃やイス攻撃などで内藤を攻め立てていくが、内藤はジェイがブレードランナーを狙ったところをリバースフランケンで投げ捨ててデスティーノ。さらにバレンティアからデスティーノと一気呵成に攻め立てて3カウント。内藤が二冠王達成への鍵となるIC王座を奪取した。

 インタビュールームに現れた内藤は、「今回の東京ドーム2連戦の目的は?このベルトを獲ること……じゃないから。今帰ってくる通路でさ、お客様が『内藤おめでとう!』ってすごいたくさん声をくれたよ。嬉しいよ?でもさ、これを獲るだけが今回の目的じゃないから。そこはさあ……トランキーロ!あっせんなよ!さあ、明日の対戦相手は一体どっちかなあ。俺の予想は、オカダ。理想も、オカダ。さあ、どうなるかな。この目でハッキリと見てきますよ。アディオス!」と語って会場を後に。
 メインイベントではオカダ・カズチカが飯伏幸太を下してIWGPヘビー級王座を防衛しており、5日のカードは内藤の予想と理想通りのものとなった。

 対するジェイは、怒りに震える外道を携えながらインタビュールームに現れ、「みんなが望む結果が得られたっていうのになんで笑ってないんだ? “ジェイ・ホワイトが負ける”というこのストーリーをみんなが待ち望んでいたはずだ。そしてお前たちが大好きな内藤が勝ったんだぞ?なぜ笑わないんだ!俺は残念ながらメディアやファンが作り上げたストーリーの脇役の1人ということだったんだな。俺はすっかりお前たちが作ったストーリーにはまってしまったんだ。今年もこれから去年と全く同じストーリーが展開するのかな?お前たちが俺を貶めるストーリーになるとしたら何も変わっていないな」と吐き捨てて去っていった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る