アンドレザ・ジャイアントパンダが最初で最後の東京大会でリング上での緊急手術を経て大逆転勝利!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 13日、東京都・新木場1stRINGにて『新根室プロレス 東京公演』が行われた。

 新根室プロレスとは、北海道根室市で活動する日本最東端のプロレス団体。
 社会人プロレスである当団体ではメンバーは様々な本業を持ち、地元のお祭りなどのイベントで無料興行を行うことを活動の中心としており、「無理しない、怪我しない、明日も仕事」をスローガンに各自が出来ることを最大限に発揮した試合を展開。プロレスを見たことが無いという人や、子どもたちにも楽しめるプロレスを提供している。

 その新根室プロレスの知名度を全国区レベルまで高めたのは、アンドレザ・ジャイアントパンダという選手の存在だ。
 アンドレザ・ジャイアントパンダとは、中国出身のパンダプロレスラー。一般的なパンダに比べて異常に大きく育ってしまう奇病を発症したことで両親に捨てられ、さらに周りのパンダたちからイジメに遭ったことで対熊猫恐怖症となってしまっていたが、2017年に来日してプロレスラーデビューすると瞬く間にスター選手に。その3mの巨体を活かした豪快なファイトスタイルは大きな話題を呼び、現在も各種メディアに引っ張りだこで忙しい日々を送っている。

 しかし、新根室プロレス代表のサムソン宮本が2017年に5年生存率33%、10年生存率0%の10万人に3人と言われる希少がん、悪性腫瘍(平滑筋肉腫)に冒され、その後も悪化の一途をたどったことから同団体の年内解散を発表。この日は、悲願であった最初で最後の東京大会に臨んだ。

 この団体創設13年の集大成と呼べる大会では、アンドレザは宿敵・ジャイアントZOZOマシンとの決戦に臨んだ。
 両者の決戦は以前の大阪大会で組まれていたものの、アンドレザは身体の酷使からか入場時に“機関部”が故障し、身体がぺちゃんこになってしまうというアクシデントに見舞われ、急遽息子のラジャ・パンダが対戦したものの、ZOZOマシンに完膚なきまでに叩きのめされてしまったという因縁がある。

 この日、ZOZOマシンは将軍KYワカマツとともに入場。かつては偽物のワカマツが登場していただけに、本物の登場に会場は大きく沸く。
 対するアンドレザは同団体のおっさんタイガーに指導を仰ぎ、虎のマスクを被った姿で登場。一緒に入場したラジャが感情を押さえきれず突撃していくが、ZOZOマシンによってあっという間に返り討ちに。この光景を見てもアンドレザは表情一つ変えずZOZOマシンをまっすぐ睨みつけるというこの試合にかけた意気込みを感じさせる。

 試合が始まると、アンドレザは軽快なタイガーステップを踏んで距離を詰めるとヘッドバッドからまさかのドロップキックを見せる。着地のときに「バキッ!」という何かが折れる音が会場に響き渡るが、アンドレザはそのままジャイアントプレスを投下して3カウント。因縁の相手に速攻勝利を決めた。

 しかし、ワカマツはこの決着に納得せず「俺の用意した相手と戦え!」と、アンドレザと同等の体格を持つ巨人、ビッグマン・ベイダーを呼び込み試合開始。
 ビッグマがボディブローの連打やベイタ―アタックで猛攻をかけていくと、うつ伏せに倒れ込んだアンドレザの身体はみるみるしぼんでいき、まるで空気が抜けてしまったかのようにぺったんこになってしまう。これに大慌てのセコンド陣は工具箱を持ってアンドレザを取り囲みリング上で緊急手術を実施。
 オペが無事終わると、アンドレザの肉体はみるみる張りを取り戻していき、その勢いで倒立してみせる離れ業を披露。ビッグマンはがら空きのボディへパンチを連打するも、アンドレザはビッグマンの頭部へ2階からのダブルニードロップを突き刺すとビッグマンも一撃でダウン。アンドレザが大逆転勝利を収めた。

 因縁の相手からの大逆転勝利にラジャとアンドレザの妻であるティンティンもリング内に駆けつけ、家族3人で抱擁。家族で勝利を分かち合いながら退場していった。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る
×