河野「KAIとは条件付きならやってやる」KAZMA&土肥は246にデスペラード式ランバージャックデスマッチを要求

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

WRESTLE-1の1.30後楽園ホール大会にて、WRESTLE-1タッグチャンピオンシップの防衛戦が決定した“チーム246”カズ・ハヤシ&近藤修司が記者会見で「一番注意するのはセコンドの河野」と発言。その言葉に対し「そもそもベルトはこっちに在るし、やる必要ないだろ」と言い放つ河野真幸。さらにシングルマッチの要求をされたKAIに対しては「受けるメリットがない。条件付きならやってもいい。」とコメント。デスペラード総帥・河野真幸は一体何を思うのか?

ーー1.13の記者会見において、WRESTLE-1タッグ王者のカズ・ハヤシ選手&近藤修司選手が次のタイトルマッチの際に一番気を付けるのはセコンドの河野選手という発言がありましたが、いかがでしょうか?
河野「注意した方がいいんじゃない? でもこっちとしては、やり方は俺が指示したわけじゃないけど、史上最低のチャレンジャーとか安易だとか言われて。その史上最低のチャレンジャーにベルトを獲られたら君たちはそれ以下ってことだよな。そんだけデカい口叩くんだったらどんな手でも使ってベルト獲って、笑い者にしてやろうかって。先月、河野&TAJIRI組で負けてるし。勝ったのに負けてるし。結果負けてるけど、レフリーにラリアットしてるからね。ラダー使ったりテーブル使ったりね。反則だろ?」

ーータッグベルトを強奪した二人の行動はKAZMA SAKAMOTO選手&土肥孝司選手の独断で、河野さんの指示ではないと?
河野「KAZMAが行ってくるって言うから、行ってらっしゃいって。ベルト獲ってくるとかは知らなかったけどな。でも結果的に今ベルトこっちにあるからね。30日やる必要ないでしょ。初めて見る客が、ベルト持ってないやつに「俺らがチャンピオン」って言われても、ベルト持ってるやつがチャンピオンだと思うだろ?だからベルトを持ってるのは俺らなんだからやる必要ないよな。」

ーーでは1.11に船木誠勝選手とシングルマッチを闘ったKAI選手が試合後に2015年はまず河野選手に借りを返す、シングルマッチをやりたいと発言していましたが如何でしょうか?
河野「保留。受けないっていうか、特にやる意味がないよな。そりゃKAIは去年の結果からやりたいって言ってるかもしれないけど、俺にはやる意味はないし、KAIに構ってる暇はないしね。散々去年お前とやったし、こっちも忙しいんだよって。あと新しい年になったんだから去年の事言うなって。それと試合後のコメント読んだけど、俺は船木さんが言ってることが正しいと思うよ。」

ーーではシングルマッチは受けないという事ですか?
河野「今のところ受ける意味がないよね。まぁたとえば条件とか付けるなら別だけど。次のチャンピオンシップの挑戦権をくれるのか、マッチメーク件をくれるのか、興行のプロデュースの権利をくれるのか。そうゆうご褒美がつけば別だけど。ただ単にKAIとのシングルマッチをするのは俺にメリットないし、そもそも2014年で決着ついてるしね。だからその条件をKAIが会社と掛け合って、そのどれかをかけてくれるならやってやってもいいな。ただ挑戦権をかけてくれる場合は、次のWRESTLE-1チャンピオンシップの挑戦者は俺じゃなくて稲葉。次一応、征矢か?だから次のWRESTLE-1チャンピオンシップの挑戦者は武藤敬司対征矢学の勝者vs.稲葉大樹! 夢あるだろ? 俺推薦の稲葉が挑戦する。デスペラードに絶対入れようと思ってるからね。これで稲葉もブレるんじゃね? 俺の味方だったらチャンスをもらえるんだから。稲葉が入れば練習生からなにからみんなこっちにつくからな(笑)根こそぎひっくり返してやるよ。なんてな。KAIはちゃんと会社に言っとけよ。」

ページ:

1

2 3

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る