ビンス会長が調印式でコフィ・キングストンの王座挑戦権を剥奪!ケビン・オーエンズが代わりに王座挑戦?!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 現地時間2月26日、ノースカロライナ州シャーロットのスペクトラム・センターでスマックダウンが開催され、PPV「ファストレーン」で王座戦が決定した王者ダニエル・ブライアンとコフィ・キングストンが公開調印式で対峙した。
 ニュー・デイのメンバーとパンケーキやトロンボーンを持ってお祭り騒ぎで入場したキングストンが「11年だ!ついにWWE王座戦までたどり着いたぞ。俺はブライアンを倒す」と意気込みを叫ぶと会場からは“コフィ”コールが巻き起こる。
 しかし、キングストンが契約書にサインをしようとすると、突然ビンス・マクマホン会長が登場し、「もっとふさわしい奴がいる」と言ってケビン・オーエンズを紹介しキングストンのWWE王座挑戦権を強制的に剥奪。さらに契約書にサインしたオーエンズはキングストンとのタッグ戦を提案。
 メイン戦でオーエンズ&キングストン対ブライアン&ローワンの一戦が実現するとオーエンズが躍動。スタナーを決めたオーエンズがブライアンからピンフォールを奪って勝利し、王座戦に値する実力があることを証明した。

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/
WWEネットワーク: http://network.wwe.com
DAZNオフィシャルサイト: http://www.dazn.com/
J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/
WWE Live Japanオフィシャルサイト: http://www.wwe.co.jp/wwelive/index

(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

サイト内検索

日別

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る