【試合結果】6・6 VKFプロレス天王寺区民センター大会 ボルテージ&新井健一郎&ヒデ久保田&MIYAWAKI vs大谷譲二&兼平大介&TORU&スガヌマオサム 田中稔&冨宅飛駈vs定アキラ&政宗 ツバサ&ビリーケンキッドvsCHANGO&SUGI

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『VKFプロレス SUPER BRAWL 2018 天王寺区民センター大会』
日時:2018年6月6日(水)
開始:18:30
会場:天王寺区民センター
観衆:166名

▼第1試合 シングルマッチ30分1本勝負
○ヤス久保田(フリー)
7分51秒 ヤスワントーンボム→片エビ固め
●VKFマシーン3号

▼第2試合 タッグマッチ30分1本勝負
○ツバサ/ビリーケンキッド
9分39秒 ラ・マヒストラル
●CHANGO/SUGI

▼第3試合 タッグマッチ30分1本勝負
田中稔/○冨宅飛駈
7分50秒 胴締めスリーパーホールド
定アキラ/●政宗

▼第4試合 シングルマッチ30分1本勝負
△進 祐哉
11分57秒 ダブルフォール
△ゴア

▼第5試合 4vs4 イリミネーションマッチ 時間無制限勝負
ボルテージ/新井健一郎/ヒデ久保田/●MIYAWAKI
vs
大谷譲二/兼平大介/TORU/○スガヌマオサム

<一人目>
○大谷譲二
6分50 回転エビ固め
●ボルテージ

<二人目>
○兼平大介
8分24秒 オーバザトップロープ
●ヒデ久保田

<三人目>
●兼平大介
9分22秒 スモールパッケージホールド
○新井健一郎

<四人目>
○TORU
11分32秒 オーバザトップロープ
●新井健一郎

<五人目>
●TORU
11分35秒 オーバザトップロープ
○MIYAWAKI

<六人目>
●大谷譲二
14分0秒 前方回転エビ固め
○MIYAWAKI

<七人目>
○スガヌマオサム
16分5秒 ヌー
●MIYAWAKI
※TORU組がスガヌマ1人残しで勝利。

菅沼修がTORUの持つVKF王座挑戦に向けて存在感をアピール!ヒデ久保田&新井健一郎&MIYAWAKI&定アキラがニューmBsを結成!

 前回の東京大会から2週間後の開催。スガヌマオサムがプロレス人生最大の大勝負。VKF王座への挑戦を表明した”事件”がきっかけになったのか、全選手がそれぞれの主張、目標の向けて動き出した。

第1試合


 相方のスガヌマがVKF王座へ照準を合わせた為、自身のポジションを模索しだしたヤス久保田は過去のスガヌマ変幻を引きずりながら、同じくVKFマシーン”ズ”としながら、1号の不参戦が続き1人マシーンズの3号とのヤスマシーンズ結成を強引にアピール。

第2試合


 ビリーからはこの日、組んだツバサ、対戦チームのSUGI、CHANGOとのメキシコデビュー繋がりのユニット結成を提案。次回大会から4人によるチーム”トリオ・デ・メヒコ(仮)”が動き出す。

第3試合


 まさかの展開に。タッグマッチながら政宗かタップアウトを奪った冨宅がスガヌマに続き、政宗のもつUWAミドルに挑戦表明。これもスガヌマ効果。次回7/15大会でのタイトル戦が決定した。また、この日は、冨宅のパートナーとして参戦した田中稔は今後、スケジュールが合えば定期的に参戦し準レギュラーとなる。

※準レギュラー選手
田中稔/KAZMA SAKAMOTO/進祐哉/GENTARO

第4試合


 進とゴアのシングルは、これまでの流れからもっと荒れた展開になるかと思われたが、最高のレスリングを魅せた。”ダブルフォール”と、とても珍しいフィニッシュだったが納得な試合だった。両者ともNEXTを希望した。

第5試合


 メインのイルミネーション。TORUチームのXはTORUからの逆指名でスガヌマオサムが参戦。
 スガヌマとしては、この時点では何の実績も無いままTORUへ挑戦表明してるので、この戦いで実力をアピールしたい。
 結果はスガヌマが1人残りでTORUチームの勝利に大貢献。貢献といえば大谷譲二がボルテージからピンを獲ったのも大貢献。
 試合後、モンキービジネス・スーパースターズ mBsはボルテージをメンバーから追放。新たに定アキラがmBsに合流。ヒデ久保田&新井健一郎&MIYAWAKI&定アキラがニューmBsを結成。追放されたボルテージの動向が気になるが…

 そして、スガヌマが改めてTORUに挑戦表明。最初こそ「冗談は置いといて」とスガヌマの挑戦を無視していたTORUだが、スガヌマがTORUを奇襲し馬乗りになりパンチの連打。スガヌマの本気の行動に、さすがに黙っていられなくなったTORUは「2度とリングに立てなくしてやる!」と挑発。スガヌマも「もう1度お前の足、へし折ってやる!」とお互いにヒートアップ。
 スガヌマオサムの人生最大の大勝負は8/3VKFプロレス11周年記念大会、VKFプロレス年間最大の祭典WRESTLE NANIWA 2018で実現する。

<記事・写真>©VKF BATTLE ENTERTAINMENT

関連記事

サイト内検索

日別

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る