WWE王座戦を行うAJスタイルズと中邑が対峙し互いをリスペクト!“女帝”アスカと“女王”シャーロットがバチバチ!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 米国現地時間3月14日インディアナ州インディアナポリスで開催されたスマックダウンにてPPV「レッスルマニア34」で王座戦に挑む中邑真輔、アスカが登場。中邑真輔はWWE王者AJスタイルズと、ロウ所属のアスカもスマックダウンに乗り込んで、女子王者シャーロットと対峙した。


▼スタイルズと対峙した中邑「夢はチャンピオンになることだ」
 AJスタイルの登場でスマックダウンが始まると、「ファストレーンで防衛して、これでレッスルマニアに行ける。対戦相手はWWE史上もっとも偉大な日本人スーパースター中邑真輔だ。」と来たる大一番に触れると、そこへ中邑真輔が現れた。
 スタイルズと対峙した中邑は「レッスルマニアで夢が実現する。俺の夢はお前にヒザを叩き込み、チャンピオンになることだ」と王座戴冠への意気込みを語った。
 このドリームマッチの実現に会場が盛り上がりを見せる中、それを遮るようにルセフとエイデン・イングリッシュが登場するとスタイルズとのシングル戦に展開した。しかし、試合はスタイルズがペレキック、牛殺しの連続攻撃でルセフにダメージを与え、さらにルセフにカーフ・クラッシャーを決めると、堪らずイングリッシュが介入して試合は反則裁定となってしまう。試合が終わっても攻撃を緩めないルセフとイングリッシュだったが、それを見かねた中邑がリングに上がると2人を蹴散らしてスタイルズを助けた。お互いをリスペクトする中邑とスタイルズ、レッスルマニアでは両者の正々堂々とした真っ向勝負が見れそうだ。
 WWE最大の祭典「レッスルマニア34」は日本時間4月9日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。


▼“女帝”アスカと“女王”シャーロットが対峙
 スマックダウンのリングで“女帝”アスカと“女王”シャーロットが対峙した。
 笑顔で登場したシャーロット・フレアーは「チャンピオンは常に狙われる。私はアスカの指名に興奮しているし、とても光栄だ」とレッスルマニアの王座戦の心境を語り、さらにそこへアスカが現れるとシャーロットは「アスカは“明日の女帝”と呼ばれてるけど、“女王”と対戦したらどうなるか。その答えがレッスルマニアで出る。アスカの連勝記録を止めて私の伝説を作るわ。Woooo!!」と父リック・フレアーと同じ決め台詞で会場を沸かせた。
 これにアスカは「私はチャレンジが好きだからシャーロットを指名した。シャーロットは“女王”。だけど“女帝”の私はお辞儀をしたりしない。誰も私には敵わない」とスマックダウン女子王者にも全く物怖じすることなく、レッスルマニアでの勝利を予告した。果たしてアスカは無敗のままシャーロットに勝利し、スマックダウン女子王座を獲得することができるのか?
 WWE最大の祭典「レッスルマニア34」は日本時間4月9日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。


▼ヒデオ&戸澤がタッグ戦2連勝
 205 Liveで先週に続き、イタミ・ヒデオと戸澤陽がタッグを組んで覆面タッグチーム、リンセ・ドラド&グラン・メタリック組と対戦した。
 ヒデオは串刺しのニー、戸澤はトップロープからミサイルキックをドラドに決めて試合を優勢に進めるも、メタリックに交代するとその華麗な動きでヒデオは翻弄されてしまう。しかし、メタリックがアクシデントで左足を痛めると、そのチャンスにヒデオはすかさずメタリックを捕まえて、ドラゴンスリーパーの体勢からヒザを叩き込んで3カウント。ヒデオ&戸澤組は2試合連続のタッグ戦を勝利で収めた。

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/
WWEネットワーク: http://network.wwe.com
DAZNオフィシャルサイト: http://www.dazn.com/
J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/
WWE Live Japanオフィシャルサイト: http://www.wwe.co.jp/wwelive/index

(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

サイト内検索

日別

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×