【試合結果】12・17 PURE-J後楽園ホール大会 【PURE-J認定無差別級】中森華子vsDASH・チサコ 【Regina】大畠美咲vs勝愛実 【デイリースポーツ認定女子タッグ】コマンドボリショイ&LeonvsAKINO&マリー・アパッチェ

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『PURE-J CLIMAX 2017』
日時:2017年12月17日(日)
開始:12:00
会場:東京・後楽園ホール
観衆:853人

▼ビジュアルハンター矢子の仁義なき戦い 番外編・20分1本勝負
●藤ヶ崎矢子/雫有希(Marvelous)
10分43秒 横回転式エビ固め
○希月あおい(フリー)/万喜なつみ(Beginning)

▼2×2変則タッグマッチ・20分1本勝負
KAZUKI/○ライディーン鋼
8分17秒 ライディーンボム→エビ固め
●白姫美叶(仙女)/アレックス・リー(フリー)
※通常のプロレスルールに加え、試合権利は常に4人にある特別ルール。

▼デイリースポーツ認定女子タッグ選手権試合・30分1本勝負
コマンドボリショイ/○Leon
22分37秒 クラッチ・デ・ガオー
●AKINO(フリー)/マリー・アパッチェ(AAA)

▼Regina de WAVE~WAVE認定シングル選手権試合・30分1本勝負
○大畠美咲(WAVE)
16分41秒 スカイブルー・スープレックス・ホールド
●勝愛実
※第7代王者が4度目の防衛に成功。

▼PURE-J認定無差別級選手権&敗者髪切りマッチ・時間無制限1本勝負
●中森華子
21分24秒 春丸
○DASH・チサコ(仙女)
※中森が初防衛に失敗、チサコが第2代王者となる。

PURE-J無差別級が仙女に流出!チサコが新王者となり髪切りマッチに敗れた中森が丸坊主に!勝が大畠が持つReginaに挑戦も敗北!

オープニング


 『PURE-J元年』となる2017年最後の大一番。入場式では所属7選手がリングに上がり、中森華子が「私は今日、メインで初防衛戦です。必ずベルトも髪の毛も守り抜きますので、見ててください!」とあいさつ。客席にサインボールが投げ入れられた。

第1試合


 第1試合は『ビジュアルハンター乱 de BUS(ランデブス)』藤ヶ崎矢子&雫有希が、希月あおい&万喜なつみと対戦。万喜のバックラッシュから希月が矢子を丸め込んで3カウントを奪いハントはならず返り討ちに。

第2試合


 WANTED復活に懸けるライディーン鋼は久々にKAZUKIとタッグを結成。センダイガールズのタッグ戦線で浮上を狙う『ストロングスタイル・ラッシュ』白姫美叶&アレックス・リーを相手に、常に4人が試合権利を持つ2×2(ツー・バイ・ツー)ルールで激突。
 KAZUKIのデス・バイ・ロドリックからヨコスカ・カッターを決めた鋼が、最後はライディーンボムで白姫を下した。
 マイクを持った鋼は「よっしゃ勝ったぞーっ! 今日勝てたのはKAZUKIさんのおかげでもあり、皆さんの声援があったから勝てました! なのでWANTED復活しましょう!」とアピール。KAZUKIは「勝ったから復活? でも復活したからといって『WANTED’14』のままじゃダメなんだよ」と即答はせず、しかし「『WANTEDウォーリアー』として復活します! これからも応援よろしくお願いします!」と再結成を宣言した。

第3試合


 AKINO&マリー・アパッチェという過去最強の挑戦者を迎えた『P-Ray-L』(プレイエル)コマンドボリショイ&Leon。アルシオン時代の同窓マッチは、ベテランならではのスピーディーかつテクニカルな闘いに。
 ボリショイのピコニー・スマッシュがAINOにヒットすると、腕を痛めながらも奮闘するマリーのラリアットがAKINOに誤爆。すかさずLeonが丸め込んで3カウントを奪い防衛に成功した。
 試合後、12月22日に完全引退するザ・グレート・カブキがJのリングに上がるのも最後ということで、これまでの感謝を込めてボリショイが花束を贈呈する。

<試合後コメント>

コマンドボリショイ&Leon&ザ・グレート・カブキ
Leon「AKINOさん・マリーが強いのは1番私がよくわかってるし、あえてそこで挑戦者に指名したんですけど…やっぱり今までで1番苦しい防衛戦だったかなと思うんですけども、最後はきっちりAKINOさんから3カウントを取って防衛できたので、最高に嬉しいです」
ボリショイ「ホントに今回強敵…1発1発の重さもこれまでの防衛戦とは違った重みがあって…それ以上にLeonの“AKINO・マリーを倒したい”っていう気持ちがすごく伝わって。今までの防衛戦の中で1番心に残る…また、私たちの反省点も見えた防衛戦だったと思います」

――今年1年ベルトを守り抜いたが、来年の目標は?
ボリショイ「このデイリースポーツのベルトが“女子プロ界一のベルトだ”って言われるように、私たちは防衛戦じゃなくても常にベストコンディション、ハイクオリティーのタッグチームでいけるようにしていくことが、女子プロレスのタッグの文化も盛り上げていけると思うし、女子プロレスを代表するタッグチームになっていけるように。いろんな選手と防衛戦をして、ベルトはかからなくても意味深い試合をどんどんやっていきたいと思います」
Leon「ボリショイさんも言われたんですけど、このベルトを女子プロ界の1番のベルトにするのと、タッグチームとしても女子プロ界で1番の…“タッグチームといえば『P-Ray-L』”って言われるようになっていきたいです」

――Jのリングに上がるのは今日が最後だったが、PURE-Jへの期待などは?
カブキ「もう今日の試合もすごくいい試合でね、感動しました。やっぱりボリショイがダブルヌンチャク振って、継いでくれてることが嬉しいですね」
ボリショイ「ありがとうございます」

第4試合


 セミファイナルは大畠美咲の持つWAVEのシングル王座に勝愛実が挑戦。ロックアップからグラウンドでの静かな立ち上がり、そして徐々に激しさを増していくと、互いにバックハンドの張り手を応酬。最後は大畠のスカイブルー・スープレックスが火を噴きV4を達成した。

<試合後コメント>

勝愛実
「なんか、何か守るものがあるってことは無条件に強いなっていうのはすごい感じました。最終的にチャンピオンのほうが気持ちが上回っていたのかな? って。なんですけど、この試合で大きく差が開いているようには思わなかったです。やっぱり私がもうちょっと攻めていけば勝てたと思う。あとちょっと…大きく差が開いていたわけでもないし、これが逆に自分の自信につながったかなっていうのはあります。今日負けたからといって、ここであきらめるような女じゃないですよ、私は。何度でも挑戦させて頂きますよ!」

第5試合


 メインイベントは中森華子とDASH・チサコによるPURE-J無差別級選手権&敗者髪切りマッチ。話題を集めるとともに物議をかもす髪切りマッチだが、同期対決とあって互いに負けられない意地が爆発し一進一退の激戦を展開。
 ツームストン・パイルドライバーを繰り出した中森はディスティニー・ハンマーを炸裂させると、チサコはフィッシャーマンバスターから、中森の必殺技・鎮魂歌ドライバーからホルモン・スプラッシュへ。その後は中森がうつぶせとなったチサコへのダイビング・ギロチン。コーナー上の中森を捕らえたチサコは雪崩式のスタナーで叩きつける。2発目の鎮魂歌ドライバーをキックアウトされた中森が彼岸花を狙うと、これを巧みに切り返したチサコが春丸で3カウントを奪取。
 PURE-Jの至宝が初防衛戦で流出するとともに、チサコは11年のキャリアで初のシングル王座を獲得した。


 リング上にブルーシートが敷かれると、客席から「かわいそう」という声を聞いたチサコは「私は華子と約束したんだよ。それを応援するのがファンだろ?」と異を唱えるファンを一喝。
 すると今度は半狂乱となった矢子が髪切りを止めに入り、「中森さんの髪切るなら私の髪を切れ!」と涙ながらにイスに座り込む。中森は「いいんだよ! 私が決めたんだよ!」と矢子をどかすと覚悟を決めて着席。チサコがためらいながらも最初に髪にハサミを入れると、続いて美容師がバリカンで長い髪を手際よく刈っていく。


 最後にマイクを持った中森は「ありがとうございました。私は今日ベルトも…髪の毛もなくなってしまいましたが、私たちはPURE-Jが強いということを…それは何一つなくしていません。私たちはこれから這い上がってやるからな! これからも私たちPURE-Jをよろしくお願いします!」と気丈に締めた。

<試合後コメント>

中森華子
「悔しい。でも自分の言葉に責任を持たなきゃいけないし、私はいろんなことに関して覚悟を持ってやってきたつもりだけど、自分自身が髪の毛をなくすっていう覚悟はまったくできてなかったんで。これっぽっちも思ってなくて。本当に悔しい気持ちでいっぱいです。ベルトも髪の毛もなくしてしまったけど、私はこれから這い上がっていくしかないので。ここから死ぬ気で私が這い上がっていくところを見て頂きたいです。私は負けたけど背負ってる気持ちは変わらないし、これからも背負っていく。ベルトはなくなったけど、髪の毛も失ったけど、私はこれで終わりじゃないから。必ず次はチサコを倒す。またベルトだって獲り返しに行きます」

――すぐにやりたい? それとも時期を見て?
「すぐにでもやりたい気持ちはあるけど、正直私はこの長い髪がないと私じゃないって思ってて…。もちろんこのコスチュームだって今日新しくしたけど、この髪じゃ着れないし…新しい中森華子でチサコからベルトを奪いに行きます」


DASH・チサコ
「お客さんの中でも“かわいそう”っていう声があったけど、私は別にかわいそうだと思わないし、ファンの人にはかわいそうっていう気持ちはあるかもしれないけど、それをやっぱウチらに対しては失礼だと思います。だから私はあの時、ファンの人に言いましたけど。こんだけ懸けてやってる気持ちを…坊主とかではホントは決めたくなかったけど、髪とか賭けたくなかったけども。女としては屈辱的なことなので、初めちょっと(中森の髪を切るのを)ためらっちゃいましたけど…」
――シングル王座は初戴冠になるが。
「普通に獲るよりかは、こうやって獲るほうが思い入れも強くなるし“もっともっとやってやる”っていう気持ちにはなるんじゃないですかね。これを見てPURE-Jの選手がどれだけ私に噛みついてくるか、それを私はもちろん受け止めますし、やってやりますよ。ここからだと思いますよ、華子も。噛みついてきた矢子も…。私はドンと構えて待ってるので“PURE-J、かかってきてください。待ってます”って気持ちですね」

関連記事

サイト内検索

日別

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る