“横綱”大鵬の孫であり“関脇”貴闘力の長男である納谷幸男が“原点回帰のプロレス”で勝利し観客騒然

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 7日、新間寿プロデュース・初代タイガーマスク佐山聡認定『原点回帰プロレス』が開催され、“大鵬三世”納谷幸男がデビュー二戦目を行った。

 9月15日に開催されたリアルジャパンプロレスにて納谷幸男はデビュー戦を行い勝利したが、相手となった雷神矢口の凶器攻撃やセコンド乱入による試合展開に新間寿が激怒。『本当のストロングスタイルを見せる。昭和のプロレスを取り戻す』と原点回帰プロレスの開催を宣言し、納谷幸男の再デビュー戦が発表された。
 当初は「納屋の相手を務めた連中は会場にも入れない」と語った新間寿だったが、納屋の二戦目はセコンドナシの状態で雷神矢口との再戦へ。納屋は「前回は温存して終わった必殺技のファイル・ストーリーズ・ホールドも今回は確実に使えるようにします」と会見で語りこの日を迎える。

 オープニングでは『力道山vsボボ・ブラジル』『アントニオ猪木vsストロング小林』『ダイナマイト・キッドvs初代タイガーマスク(デビュー戦)』『初代タイガーマスクvs小林邦昭』の映像が流され“昭和のストロングスタイルとはなんたるか”を満員のお客さんが目にし、いざ納谷幸男の試合が開始。
 矢口が納屋のミドルキックを受けながら挑発すると、納屋はハイキックを叩き込んで倒す。起き上がった矢口が突進しがっぷりと組みロープに押し込みクリーンブレイク。すると納屋はミドルからエルボー、さらに膝蹴りを叩き込むと、膝立ちになった矢口にランニングニーを突き刺し矢口はダウン。起き上がらせた納屋がランニングエルボードロップも、矢口は避けると髪を掴んで納屋を起こしヘッドロック。だが納屋はそのままバックドロップで叩きつけ3カウントを奪った。
 わずか86秒の試合に観客は騒然となり様々な声がリングにぶつけられるが、納屋は一言も語らず控室へと消えていった。

 この試合を見た佐山サトルは「ちょっとバックドロップは浅かったですけど、聞いたら『一回も練習したこと無い』って言うんで大したもんだなと思いました。背が高いからあれでいいのかもしれないけど。あと、蹴りが船木さんのあとだったんで目立たなかったというかお客さんは湧かなかったですけど、一発一発の威力とかスピードとか僕は満足しています。いい試合だったと思います」と評価した。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る