大仁田、FMWラスト東京大会でNOSAWA論外との死闘制す!9・27新宿で藤田和之と引退試合調印か?

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 10・31後楽園での引退試合を控える大仁田厚が、21日、超戦闘プロレスFMWの新木場1stRINGで、NOSAWA論外との“最初で最後の一騎打ち”を制した。

 同大会は、大仁田の同団体での最後の東京での試合となったが、対戦相手に指名したのが論外。論外は15年4月の同団体旗揚げから、毎試合のように大仁田と対じし、シングル戦を熱望してきたが、足かけ2年4カ月で、ようやく実現にこぎ着けた。
 試合形式は、有刺鉄線バット&パイプ椅子15個&ギター・エニウェア・ストリートファイト電流爆破バットデスマッチで、会場外の駐車場には2本の爆破バットが設置された。
 試合は意外にもグラウンドでのレスリングの攻防でスタートしたが、いったん場外戦に発展すると、論外が駐車場に大仁田を連れ出して、爆破バットで一撃。それでも、息を吹き返した大仁田は、毒霧噴射で流れを変えると、イス攻撃、サンダーファイアーパワーボムを叩き込むも、カウント2。ならばと、大仁田は駐車場で、爆破バット攻撃を論外に見舞う。リングに戻ると、イス攻撃、サンダーファイアーを繰り返すも、その都度、論外はフォールを許さず。しかし、最後は実に6発目のサンダーファイアーで、粘る論外も力尽きた。
 惜しくも敗れた論外は「大仁田、今日オレとシングルやってくれてありがとう。今の状態から逃げ出したくて、プロレスやめようかなって思ったりしてたけど、あなたと殴り合って、まだプロレスができる気がしてきた。あなたと出会えて、あなたとシングルできて、うれしい。見に来てくれたお客さんも、今日だけはありがとう」とマイクアピール。その言葉に、もらい泣きした大仁田は、論外とガッチリ握手を交わし、健闘をたたえ合った。
 だが、それで終わる論外ではなかった。「9月27日、東京愚連隊興行(新宿FACE)に、オレの大親友のケンドー・カシンが出るから、あいさつに来いや! カシンが誰を連れてくるかって? 藤田(和之)だよ」(論外)と言うと退場。

 大仁田は引退試合の対戦相手として、“闘魂イズム”の藤田を視野に入れていたが、交渉代理人とされるカシンからは、つれない返事しか返ってこず、正式決定に至っていない状態だ。
 控室に戻った大仁田は「27日に、『来い!』って言うから。(藤田が)逃げやせんと思うけど、調印の紙を持って、論外の興行に行く。行けば乱入になるんだろうから、乱入します。そのときに、最後の相手が決まるんじゃないかな」とコメントし、引退マッチの調印書片手に、9・27新宿に乗り込むことを宣言した。
 また、大仁田は「つくづく思いますけど、論外の受けのすごさ。プロレスって、やっぱり受ける人がいるから成立する」と、論外をたたえた。かたや、論外は「オレだから、大仁田を引き出せる。ちょっとした伝説、作品がつくれたと思う。シングルを受けてくれて光栄。大仁田とリングに立つと元気になる。すべてを忘れさせてくれる。引退試合まで追いかける」と話した。

▼“超新星”中野たむが引退目前の豊田真奈美に玉砕!

 元アイドルで、8・13後楽園でスターダム・デビューを果たした、フリーの女子プロレスラー・中野たむが、9・21新木場で、11月3日(横浜・大さん橋ホール)に引退興行を控える豊田真奈美に初チャレンジするも玉砕した。
 先のスターダム最強決定リーグ戦「5★STAR GP 2017」では敢闘賞を受賞し、9・24名古屋ではアーティスト・オブ・スターダム王座への挑戦が決まるなど、波に乗るたむが、佐藤恵一と組み、鈴木鼓太郞、豊田組とミクスドマッチで激突。
 これまで、豊田とタッグを組んだことはあったが、対戦するのはこれが初めて。たむは果敢に得意のキック、ダイビングセントーンなどで攻め立てたものの、最後は豊田の必殺ジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックスホールドの前に沈んだ。
 たむは「対戦できて光栄です。これが最後かと思うと、悔しいし心残り。もっと強くなった自分で闘いたかった。(豊田の)30年の歴史を、キャリア1年の私が体感しました」と悔しさをにじませていた。

<その他ダイジェスト>
▼9月1日付で、バトルエイドからA-TEAMに移籍した雷電が、「6周年記念試合」で、橋本友彦、HASEGAWAと組み、師匠・戸井克成、雷神矢口、保坂秀樹組と対戦。健闘したものの、戸井のダイビング・フットスタンプの前に屈した。
▼悪性脳腫瘍のため、闘病中のRayが、昨年11・24後楽園以来、10カ月ぶりに試合会場に姿を見せ、本部席で試合を見届けた。

『大仁田引退ラスト2ヶ月前 最終戦』
日時:9月21日(木)
会場:東京・新木場1stRING
観衆:400人(超満員)

▼30分1本勝負
○リッキー・フジ/パンディータ/佐瀬昌宏
10分39秒 9999→片エビ固め
ワイルドセブン/●ショッカー/寧々∞D.a.i

▼30分1本勝負
加藤茂郎/○千葉智昭
8分56秒 スパイビースパイク→片エビ固め
佐野直/●友龍

▼ミクストタッグマッチ 30分1本勝負
○豊田真奈美/鈴木鼓太郎
14分59秒 ジャパニーズオーシャン・サイクロン・スープレックス・ホールド
●中野たむ/佐藤恵一

▼雷電デビュー6周年試合 45分1本勝負
雷神矢口/保坂秀樹/○戸井克成
19分43秒 ダイビング・フットスタンプ→片エビ固め
橋本友彦&HASEGAWA&雷電●

▼大仁田FMW東京大会最後の試合~有刺鉄線バット&パイプ椅子15個&ギター・エニウェア・ストリートファイト電流爆破バットデスマッチ 時間無制限1本勝負
○大仁田厚
19分1秒 サンダーファイアーパワーボム→エビ固め
●NOSAWA論外

関連記事

サイト内検索

日別

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×