【試合結果】9・17 PURE-J亀アリーナ大会 勝愛実vs小波 中森華子&ライディーン鋼vsコマンドボリショイ&藤ヶ崎矢子 LeonvsKAZUKI

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『第9回・亀アリーナ道場マッチ』
日時:2017年9月17日(日)
開始:13:00
会場:東京・PURE-J道場 亀アリーナ
観衆:96人

▼秋の風物詩 公認凶器シングルマッチ・20分1本勝負
○Leon
11分23秒 クラッチ・デ・ガオー
●KAZUKI
※秋を感じさせる物なら何でも凶器として認められる特別ルール。

▼ザ・肉体改造!・20分1本勝負
○中森華子/ライディーン鋼
12分36秒 路上
コマンドボリショイ/●藤ヶ崎矢子
※3分おきに『ロッキーのテーマ』が20秒間流れ、その間は試合を中断してシャドーボクシングをしなければならない。また、試合中に英語を話すと、おにぎりを完食するまでリングに戻れない特別ルール。

▼初代PURE-J認定無差別級王座決定 予選リーグ【Excitingブロック】・20分1本勝負
○勝愛実
7分36秒 オレンジ☆ブロッサム
●小波(GPS)

PURE-J道場マッチ名物の特殊ルールマッチが盛り沢山!勝が小波に辛勝し決勝リーグ進出に王手!

第1試合


 毎月恒例の道場マッチ。第1試合では公認凶器が認められる特別ルールで、Leonは筋トレに使う5kgのメディシンボール、KAZUKIは「スズムシを採るから」と虫取り網をそれぞれ持参。あおむけになったKAZUKIの腹に5kgのボールを叩きつけたLeonが、すかさず丸め込んで3カウントを奪う。

第2試合


 第2試合は道場名物のさまざまなルールが複合されたタッグマッチで、3個のおにぎりを食べさせられて苦しい表情となった藤ヶ崎矢子を中森華子が仕留めた。

第3試合


 メインイベントはリーグ戦・Excitingブロックの勝愛実vs小波。鋭いキックと関節技に苦しめられた勝だが、低空のジャーマンで投げ捨てるとダイビング・エルボー、イナズマバスターと畳みかけ、最後はオレンジ☆ブロッサムで3カウントを奪取した。これで2連敗となった小波の脱落が決定し、9・23板橋でのKAZUKIvs勝が決勝進出を懸けての一戦に。
 マイクを持った小波は「決勝戦まで進むことはできなかったんですけど、私はベルトもあきらめてませんし、KAZUKIさん。私の10万円返してください! もともと私のなんで勝手になくさないでください。10万円もあきらめてませんから」と会場を笑わせた。

▼打ち上げイベントではデビュー20周年を迎えたKAZUKIに、選手たちからケーキと色紙のプレゼント。

関連記事

サイト内検索

日別

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る