中邑がサマースラムで対決するマハルとリング上で睨み合いの末に王座奪取を宣言!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 米国現地時間8月15日ロードアイランド州プロビデンスでのスマックダウンで中邑真輔がPPV「サマースラム」で対戦が決まっているWWE王者ジンダー・マハルとリングで対峙した。

 WWE王者マハルがリングに登場すると「今日はインドの独立記念日。独立記念日とこのWWE王座の保持をお祝いする」と言うと、インド人ダンサーがステージで踊り出し、リング上ではインド国歌の斉唱が始まるも、会場からは大ブーイング。
 そしてさらに「サマースラムでは中邑は俺に負ける運命だ」と言い放つとそこに割って入るように中邑真輔がリングに登場。「インドは独立記念日だが、日本では戦没者を追悼し平和を祈る日だ。そして日曜日、アメリカはサマースラムだ。お前がWWE王座を失う日になる。」と中邑は自身の王座奪取を宣言するとその場を後にした。

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/
WWEネットワーク: http://network.wwe.com
DAZNオフィシャルサイト: http://www.dazn.com/
J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/
WWE Live Japanオフィシャルサイト: http://www.wwe.co.jp/wwelive/index

(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

サイト内検索

日別

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る