男性限定興行“野郎Z”にHカップのわちパイこと和地つかさが降臨!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 13日、新木場1stRingにて男性限定興行『野郎Z 其の五』が開催された。

 男性しか入れないということもあり、オープニングから野太い歓声と独特なハイテンションで会場が一体となる野郎Z。今回も普段はブーイングを浴びることのないイケメン選手にかつて無いほどのブーイングが飛び、ワイルドな男達のふんどしマッチが行われるなど独特な世界が繰り広げられる中、その中心にHカップグラドルの“わちパイ”こと和地つかささんが登場した。

 男色ディーノ対鈴木大のシングルマッチに和地さんが登場するが、鈴木が勝利すると和地さんが、ディーノが勝利するとセコンドの上野勇希が脱がされるという特殊ルールの試合へ。
 野郎Zに出場する全選手が鈴木のセコンドに付き、会場全てが鈴木を応援する中ディーノは奮闘するも、松井幸則レフェリーも鈴木側につきなかなか3カウントが入らない。
 業を煮やしたディーノは松井レフェリーをリップロックで失神させ木曽大介レフェリーを呼び込むが、素直に3カウントを叩こうとした木曽レフェリーはセコンドの選手たちに場外に引きずり出されストンピングの雨あられ。さらにセコンドがリングに乱入しディーノにトレイン攻撃を見舞うと、鈴木をディーノの上に放り投げ岡田裕也レフェリーがカウントを叩く。鈴木の勝利を確信する会場だったが、これをディーノが瞬時に切り返し岡田レフェリーは3カウントを叩いてしまう。

 ディーノは約束通り観客の前で上野を脱がしバックステージへお持ち帰りするが、残されたメンバーは岡田レフェリーに詰め寄ると松井レフェリーも胸ぐらをつかみ「なんでカウント叩いた!」と公開説教。しかし岡田レフェリーは「肩がついたからです!和田京平師匠に教わりました!」と毅然とした態度で叫ぶ。
 これを見ていた和地さんはリングに駆け寄り「やめてください!私のために争わないでください!私、水着になります!」とリングに飛び込み、今まで争い合っていた選手たちはリングに寝そべり和地さんが水着姿になるのを歓声を上げながら見守ると、最後はGOLDFINGER ’99をBGMに和地さんを先頭にリングを回って「わーちーちーわーちー」と胸を揺すって踊り狂うと大盛り上がりで全選手は会場を後にした。

関連記事

サイト内検索

日別

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る