史上初!元競輪A級レーサー・押切勇二がプロレスに転向!小波がボリショイからのギブアップ勝ちを宣言!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 競輪の元A級レーサーで、優勝経験ももつ押切勇二(29)がプロレスラーに転向し、年内デビューを目指すことになった。

 聴覚障害者プロレス団体HEROを運営するGPSプロモーションが、18日、都内で記者会見を開き、押切が4月27日付で、同プロに入団したことを発表した。

 押切は87年10月16日生まれ、山形県庄内町出身で、身長167センチ、82キロの体型。同県羽黒高校時代は、ウエイトリフティングに励み、東北大会を制覇。インターハイ、国体では3位入賞の成績を収め、日本大学でも同競技で活躍。同大卒業後は、競輪学校に入学し、11年7月に西武園でデビュー。同8月の函館で初勝利を飾り、13年8月の松戸で初優勝、15年3月の千葉では2度目の優勝を果たし、将来を嘱望された。しかし、昨年は鎖骨、肋骨、頸椎の故障に苦しんで不振にあえぎ、今年1月12日付で競技から引退した。年間獲得賞金は最高で約1500万円。
 もともと、プロレスラーになることを夢見て、ウエイトリフティングを始めたという押切だが、競輪界を去って、プロレスへの思いが再びふつふつと沸いてきたという。
 押切は「小さいながら、おもしろい団体だと思った。豊島(修二)会長や佐藤(剛由)社長も信頼できる人だと思ったので、この団体に決めました」とコメント。あこがれていた選手として、獣神サンダー・ライガーの名を挙げた。
 デビューの時期について、同プロ・豊島会長は「プロスポーツ選手だったので、体はできていますが、焦ることはないと考えています。コーチと、しっかり見定めて決めていきたい。早ければ、9月16日に高島平区民ホールで予定している『HERO』の大会となりますが、年内にはデビューさせたい。彼にはあきらめない心を示してほしい」と話した。
 史上初となる競輪レーサーからプロレスへの転身となる押切。競輪引退の原因となったケガは、すでに完治しており、プロレス活動に支障はない。どんな選手に育つのか、デビューが待たれるところだ。

 また、GPSプロモーション7・26新木場1st RING大会のメーンイベントで、コマンド・ボリショイとのタッグマッチでの再戦が決まった小波が、ギブアップ勝ちを力強く宣言した。
 過去、シングルマッチでボリショイに2連敗を喫している小波は、雪辱を期し、HERO3・20板橋でのミクスドマッチ(小波&田中稔VSボリショイ&田村和宏)に臨んだが、ボリショイの関節技の前に屈した。
 その後、ドリーム女子5・4板橋での薮下めぐみを加えた3WAYマッチでは、丸め込みでボリショイから初勝利を挙げた。レギュラー参戦するスターダムでは、5・6新木場で、宝城カイリ、美邑弘海とのトリオでアーティスト・オブ・スターダム選手権を奪取するなど、波に乗っている。
 18日の会見で、小波は「ボリショイ選手にはシングルで2回、タッグで1回。すべて私が得意とする関節技を切り返されて、関節技で負けているのが悔しい。3WAYで3カウント取ったけど、すきを突いてのフォールで、納得いってない。7・26新木場では絶対ギブアップで勝ちます」とコメント。
 現時点で、両者のパートナー(女子選手)は未定だが、小波は「私が最も信頼してる選手と組めたらいい」と要望。豊島会長は「調整して、近いうちに決めたい」と後押しを約束していた。

 なお、7・26新木場でのワイルド・セブン(王者)VSワイルド・ベアー(挑戦者)のラテンアメリカ選手権が決定。今後、「HERO」を除く同プロ主催興行は、「Growth」(成長するとの意)のタイトルで開催されることも、併せて発表された。

『Growth』
日時:7月26日(水)
開始:19:00
会場:東京・新木場1st RING(19時開始/18時半開場)

▼メーンイベント~女子タッグマッチ
小波/X
VS
コマンド・ボリショイ(PURE-J)/X

▼ラテンアメリカ選手権
【王者】ワイルド・セブン
VS
【挑戦者】ワイルド・ベアー

関連記事

サイト内検索

日別

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る