大仁田が諏訪魔に6・8新宿への参戦を要求!「秋山準社長は諏訪魔選手が“チキン”だと認めるのか」と過激に挑発!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 大仁田厚が抗争を繰り広げる諏訪魔(全日本プロレス)に対し、超戦闘プロレスFMW6・8新宿FACE大会に参戦するよう要求した。

 同団体の4・27新木場1st RING大会のメインイベントで、大仁田は雷神矢口、保坂秀樹とトリオを結成し、“仮想Evolution”ともいえるX&チキン諏訪魔&井上雅央と、「エニウェア・バンクハウス鬼棒電流爆破6人タッグマッチ」で対戦。エニウェアであるため、リング上のみならず、場外、会場の外も戦場となり、あらゆる場所でのフォール、ギブアップも可能な変則ルールだ。
 入場してきた“仮想Evolution”のXはMUTEKIと称する選手で、どこからどう見てもNOSAWA論外。チキン諏訪魔は、着込んだTシャツの前部にマジックで「チキン諏訪魔」と書かれた、なんとも人を食った格好の大型のマスクマンだった。
 試合はのっけからリング内外での激しい乱激戦となったが、開始直後には、チェーンソーを手にしたレザー・フェイス風の大柄の男が現れ、MUTEKI組に加担し、完全に3VS4の構図となった。
 試合を有利に進めた“仮想Evolution”は、チキン諏訪魔が駐車場に大仁田を連れ出して、爆破バットで一撃。大ダメージを負った大仁田は、しばし動けなかったが、リングに戻ると、MUTEKIに机上パイルドライバーを見舞うなど奮闘。さらに、大仁田は駐車場でチキン諏訪魔を爆破バットで、ぶっ叩いて逆襲。完全にペースをつかんだ大仁田は、必殺のサンダーファイアー・パワーボムの連打で、MUTEKIから3カウントを奪い、勝ちどきを挙げた。
 敗れたMUTEKIは「5月の北海道で、(ケンドー)カシンとオレが、オマエをぶっ潰してやるよ!」と捨てゼリフ。5月に予定される北海道3大会(16日・旭川、17日・函館、19日・札幌)では、邪道軍VSカシン軍団の図式となることが濃厚になった。

 バックステージに戻った大仁田は「秋山(準)社長の言ってることが、よくわからない。チキン諏訪魔は諏訪魔選手じゃないだろ? そうだとしたら、諏訪魔選手が“チキン”だと認めることになる。オレも逃げずに、(全日本・Evolution興行)5・28茅ヶ崎に行くから、FMW6・8新宿FACEに、諏訪魔も出てこい! 『チャンピオン・カーニバル』とか知ったこっちゃない。それがルールってもんだ。ウチにも返せ。FMWから全日本に通達を出す。諏訪魔が出てこないなら、茅ヶ崎はボイコットする」と宣告。

 この参戦要求に対して、諏訪魔がどのようなアンサーを出すのか注目されるところだ。

▼モンゴルが中野たむを爆破し、両者の遺恨深まる
 21日の記者会見で突如勃発したミス・モンゴルと、“闘う女優”中野たむ(Beginning・アクトレスガールズ)との遺恨が、さらに深まった。
「ルックスがいいから」として、大仁田がたむのFMWマットへの起用を決めたことに対し、モンゴルは「かわいいから参戦というのは気に食わない。がんばってるブスは認められないけど、がんばってるかわいい子は認められるというのは納得いかない」と猛反発。一方のたむは「生半可な気持ちでプロレスをやってない。命懸けでやってます」と反論していた。

 当初、たむは5月の北海道シリーズへの参戦も決まっていたが、モンゴルからの“クレーム”により、4・27新木場での一戦がテストマッチとなった。
 同大会で、モンゴルはミス・コハルと組み、米山香織&たむと激突。戦前、モンゴルは「ダメならダメでボコボコにしてやる」と宣言していたが、その言葉通り、たむを殴る蹴る、ムチで引っぱたくなどして、試合は一方的な展開に・・・。最後はモンゴルが必殺のカンバヤCでギブアップを奪い、完勝した。
 試合後、たむは「悔しい。何もできなくて、気持ちの整理ができない。何を言っても負け惜しみになるけど、絶対に逃げません」と言葉少な。
 モンゴルは「偉そうに、『命懸けでやってる』とか言ってるけど、プロレスラーなら、それは大前提。スピリットとか全く悪いわけじゃない。ここで心が折れて、FMWにもう出てこないのか? まだ食って掛かってくるならイジメがいがある。あとは彼女次第。もう少しがんばってるブスを認めてほしい。どんだけFMWに尽くしてきたか・・・。最終的な判断は大仁田さんに任せるけど、まだ参戦してくるなら、とことん潰す」と怒り心頭。
 モンゴルの怒りは、これで収まらなかった。メーンイベントの際、両者はセコンドに就いていたが、爆破起動スイッチが押されると、モンゴルは試合権利もないのに、あろうことか、たむを爆破バットで一撃する暴挙に出たのだ。あまりの破壊力に、たむは半失神。セコンド陣の肩を借りて、控え室へ運ばれてしまった。
 メーンイベント終了後、たむを呼んだ大仁田は「がんばってるブスの怒りか? 強くなりゃいいじゃないか。かわいいから、どうのこうのって言われたくねぇだろ。やってやれよ! 北海道ついてくるんだろ?」と諭した。
 すると、そこにモンゴルが現れ、一触即発状態に・・・。たむが「アンタに何と言われようと、私は北海道に行きます!」と宣言すると、モンゴルは「命懸けてやってるって言うけど、私も命懸けてやってんだよ。ブスだってやってんだよ!」と反論。
 そこで、大仁田が「じゃあ、北海道でとことんやれ!」と裁定を下し、たむの北海道シリーズへの参戦が正式に決まった。
 思わぬところから勃発した、ブスVSカワイコちゃんの“仁義なき抗争”は、北の大地でも、激しい闘いを繰り広げることになりそうだ。

▼その他ダイジェスト
 新井健一郎の挑戦を受けたラテンアメリカ王者のワイルド・セブンは、セコンドを介入させ、レフェリーのブラインドをついた凶器攻撃で攻め立てる頭脳プレーで翻弄。最後はメキシコ仕込みのジャベ、エル・クアトリートでギブアップを奪い、2度目の防衛に成功。
 新井が「これで、アンタに2連敗。また挑戦させてくれとか言えねぇな」と言うと、セブンがチャレンジャーを募集。そこに、同じワイルド軍のワイルド・ベアーが名乗りを挙げ、同門によるタイトル戦が実現する可能性が出てきた。

『「傷だらけの堕天使2017」最終戦』
日時:4月27日(木)
開始:18:30
会場:東京・新木場1st RING
観衆:300人(満員)

▼タッグマッチ 20分1本勝負
○ワイルド・ベアー/大野“ワイルド”翔士
9分37秒 バックドロップ→体固め
●雷電/友龍

▼タッグマッチ 30分1本勝負
○五所川原吾作/ショッカー
9分43秒 ジャンピング・ネックブリーカードロップ→体固め
下田大作/●藤井健一

▼ラテンアメリカ選手権試合 60分1本勝負
【王者】○ワイルド・セブン
9分2秒、エル・クアトリート
【挑戦者】●新井健一郎(DRAGON GATE)
※王者が2度目の防衛に成功

▼FMW女子プロレス 30分1本勝負
○ミス・モンゴル/ミス・コハル
13分3秒 カンバヤC
米山香織(フリー)/●中野たむ(Beginning)

▼6人タッグマッチ 45分1本勝負
○黒田哲広/鈴木鼓太郎/HASEGAWA
13分28秒 最高ラリアット→片エビ固め
リッキー・フジ/佐野直/●佐藤恵一

▼大仁田引退カウントダウン~エニウェア・バンクハウス鬼棒電流爆破6人タッグデスマッチ 時間無制限1本勝負
○大仁田厚/保坂秀樹/雷神矢口
14分34秒 サンダーファイアーパワーボム→エビ固め
●MUTEKI/チキン諏訪魔/井上雅央(全日本)

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×